最強の土踏まずをサポートするインソール3選

参考になりましたら、シェアをお願いします!

インソールが初めてこの世に出たのは土踏まずをサポートするためです。今でこそ消臭やサイズ調整、腰痛対策、吸収衝撃などいろんなタイプのインソールが販売されています。しかしこれらはインソール本来の開発目的に沿っていません。

そこで今回は土踏まずインソールの選び方とおすすめのインソールをご紹介いたします。

スポンサーリンク
広告中

土踏まずの機能とは?


土踏まずは足にある三つのアーチの内、目に見ることができる一つのアーチのことを指しています。土踏まずの機能を理解するためには、このアーチについて理解する必要があります。

アーチとは


アーチはカメラの三脚をイメージすると分かりやすいかもしれません。人間が直立歩行する上でなくてはならない機能で、カメラの三脚のように、足に三つのアーチがある事でバランスよく立つことができます。

片足で立つとふらつくのは、この土踏まずやアーチが低下しているためです。アーチは筋肉や靭帯で出来ているため、運動不足になると退化して土踏まずが低下して扁平足・偏平足になります。また外反母趾オーバープロネーションになることもあります。

インソールはアーチサポートが目的

インソールが初めて世の中に出たのはちょうど100年前のことです。当時、鉄道や車、船が産業革命によって出現したことで、運動不足が顕著になり、低下した土踏まずやアーチをサポートするためにスポルティング社が開発したのです。

今ではいろんなタイプのインソールが販売されていますが、このアーチサポートこそがインソールの主目的です。

土踏まず・アーチは歩行する時に重要

土踏まずには三つの大切な機能があります。

  1. バランスをとること
  2. 吸収衝撃
  3. 推進力

バランスをとることはすでにお話ししました。土踏まずやアーチがカメラの三脚のように安定して直立歩行できる、足の優れた機能の一つです。

吸収衝撃・推進力


歩行する時に足は足底筋膜を使って衝撃を吸収する柔らかい足と推進力を得るために剛性のある足に素早く変化することが分かっています。

着地する時には柔らかい足になって衝撃を吸収し、離地する時に硬い足になって推進力を得るのです。

推進力を得るためには地面からの反発力が必要です。砂浜とコンクリートでどちらが早く走れるのかを考えて見ると分かりやすいでしょう。砂浜で走ると足をとられて余計に疲れてしまうと思います。

吸収衝撃するクッション性のインソールが数多く販売されていますが、このインソールは足本来の合成の機能を奪い、疲れやすくなることがあります。あまりお勧めできるインソールではありません。足には吸収衝撃する機能が備わっていますから、まずは運動不足を解消して土踏まずを回復することが大切です。

土踏まずが痛い原因


土踏まずが痛くなるのは原因があります。土踏まずには足底筋膜がありますが、足底筋膜炎になると足底筋膜が痛み炎症を起こします。

このような症状はありませんか?

  1. 朝起きた時に土踏まずが痛む
  2. 地面から足を離すときに土踏まずが痛む
  3. 指で土踏まずを押すと痛む

こんな時は足底筋膜炎を疑うとよいでしょう。足底筋膜炎になった場合はアーチサポートインソールを着用すると却って痛む可能性があります。

詳しくはこちらの「足底筋膜炎 インソール」をご覧ください。

オーバープロネーション

土踏まずが低下すると怖いのがオーバープロネーションです。まずはこちらの動画をご覧ください。

いかがでしょうか。着地の瞬間、足首が曲がっていることが分かると思います。これがオーバープロネーションです。

詳しくはこちらの「オーバープロネーション」をご覧ください。

このオーバープロネーションが厄介なことは、レントゲンで診察しても骨には異常がないため、診断できないことにあります。さらにランニングなど足に負荷をかけてはじめて分かるため、普段生活している分には分かり難いのです。

日頃から運動不足でダイエットのためにランニングなどを始める方は、土踏まずやアーチが低下しているので、オーバープロネーションになりやすく、ランニングすると足をけがする原因になります。

オーバープロネーションを避けるためにもアーチサポートインソールを着用することをおすすめいたします。

土踏まずにおすすめのインソール

それでは土踏まずにおすすめのインソールをご紹介いたします。

土踏まずに最適!スーパーフィートのインソール


■用途:立ち仕事・スポーツ
スーパーフィートはアメリカのインソールで世界的に大変人気のあるインソールです。元々はスポーツ用として開発されたインソールですが、立ち仕事でも向いていて万能タイプです。土踏まずのサポートに最適なインソールです。

評価

利用者の声

今までブルーはサッカーのスパイクとフットサルのシューズに使用していました。もう少し土踏まずの部分が高く、ホールド感があっても良いと思い今回グリーンにしてみました。まだ本格的には使用していませんが、良い感じです。使用するのが楽しみです。また、ブーツなどの普段に履くのにも使用するつもりです。私は扁平足なのでサッカーをしていて土踏まずの部分が高くなっている事によって疲れにくい感じがしています。私としては使用価値が大変あります。
リハビリの先生に紹介されてこれを購入。私のような土踏まずのない扁平足の足にはとてもいいと思います。これをいれただけでとても歩きやすく痛かった足や腰まで楽なったような気がします。
最初はブルーを購入しましたが、グリーン(アーチ)が気になり購入しました。
(比較が出来たので最初の購入をブルーにして良かったです。)
グリーンはまだ慣れてないせいか少し土踏まず辺りに違和感が・・・
冬は厚手のタイツなのでグリーン、夏はブルー
ブーツやスニーカー、靴によって色を変えて入れています。
悩みの土踏まず・足の攣りが無くなり、疲れが残らなくなった感じです。

ご購入はこちら

日本製で日本人の足に合ったインソールが魅力的!土踏まずに


bmzは日本のインソールメーカーで海外製が多い中、日本人に合ったインソールを開発している会社です。日本人と欧米人では足の形が違うため、日本の会社が開発しているインソールは大変貴重です。
このインソールは自衛隊に採用されているインソールで土踏まずをサポートして、自然と足が前に出るようになります。

評価

利用者の声

履いての感想ですが使用当初は
「土踏まずが盛り上がっていて適度な硬さで良い物な気がする」
「歩きやすい気がする」
という程度の感想でしたが、試しに標準のインソールに戻したり他の靴を履いてみましたら差は歴然、
足のホールド感、安定感、次の一歩の軽さが全然違います。
確実に歩ける(歩こうと思う)距離が伸びます。
ちなみに、インソール表面は結構ハイグリップです。人により好みが分かれるかもしれません。
インソール自体が海老反りしており、土踏まずの部分がふくらんでいるのが特徴です。土踏まずの部分に圧迫感があり、重心がそこにかかっているのが実感できます。
他社製品のようにクッションで指の付け根とかかとの負担を軽減するという概念とは根本的に違うようで、硬めの素材で土踏まずの奥にある立方骨を支えることにより安定性と運動性を両立させているようです。
とても満足して使用しています。
土踏まずが作られている感じがあります。指先は動かしやすいです。
2日間使用した感じではいいです。足の疲れも以前使用してたインソールより出難いように思いました。

ご購入はこちら

人工筋肉でできた土踏まずにおすすめのインソール


ソルボは人工筋肉でできたインソールです。卵を落としても割れない人工筋肉ソルボとアーチをサポートする構造で土踏まずをサポートしてくれます。

評価

利用者の声

立ちっぱなしになると足裏が痛くなるので、インソールについて調べるとソルボの評判がいいことがわかった。またソルボは手頃な価格帯である。
それでライトを近所の店で買う。ライトはスポーツタイプで、肉厚がそこそこある。一つの靴に入れてみると、その靴はもともとアーチがある靴のため、ライトでは土踏まずを圧迫しすぎる。そのため、他の靴にライトを入れてみたところ、その靴ではうまくいった。その靴は靴そのものの重量が重く、ライトを入れるともっと重くなることを心配していたが、ライトを入れると足運びがよくなったせいか、重さをあまり感じさせなくなった。
さて、もう一つのアーチのある靴用に、メディを買う。近所にはなかったため、ソルボ専門店であるここに注文した。ソルボとその靴との相性もまぁまぁで、最初はやはり土踏まずの圧迫を感じ、より薄手のヘルシーの方が良かったかもと思ったが、2回目からそれほどの圧迫は感じなくなった。
ソルボは、十分な衝撃吸収、外に流れていた重心を中に、集中していた体重圧を分散するというインソールで、健康志向には欠かせない。最初のうち、ふくらはぎや尻の付け根に筋肉痛があるなら、おそらくソルボが歩き方の矯正をしている証だろう。
扁平足で足が疲れやすいため購入しました
土踏まずをサポートしてくれ、歩きやすく疲れにくく嬉しいです
普段使いのスニーカーにもぴったりです
配送も早くて助かりました
スノーブーツ用と長靴用のまとめて2組購入。靴内のフリースペースが大きい長靴ではイマイチ効果が解りづらいですが、普段履きのスノーブーツでは土踏まず部分を支える構造だと実感できる優れモノです。今後も続けて使用していきたいと思える逸品です。

ご購入はこちら

スポンサーリンク
広告中
広告中

参考になりましたら、シェアをお願いします!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません。