スピングルカンパニーが発売している天然皮革のスニーカーSPM-442は、広島県府中市の工場で職人さんが一つ一つ丁寧に作っているスニーカーで、天然皮革と感じさせない柔らかい履き心地が魅力的なスニーカーです。

天然皮革にはあまり見ないサイドゴアがついていて、足にフィットしやすく歩いても疲れにくい設計がされています。

この記事では天然皮革のスニーカーSPM-442について、実際に履いてみた感触をレビューしていきます。

*本商品は株式会社スピングルカンパニー様よりご提供いただきました。

  • 新品なのに柔らかい
  • サイドゴアで足にフィット感がいい
  • 柔らかいインソール
  • 滑りにくいアウトソール
  • サイドゴアなので見た目
スポンサー



SPINGLE MOVE (スピングルムーヴ) SPM-442 スニーカーの特徴

実際にSPM-442を履いてみて一番感じたのは、天然皮革とは思えない柔らかい履き心地です。

天然皮革のスニーカーや革靴は、新品だとどうしても硬く、履き慣らさないといけないイメージがあります。

しかしスピングルムーヴの天然皮革スニーカーはそれがない。。

履いた瞬間その履き心地にとても感動を覚えました。

それではメリットとデメリットについて見ていきましょう。

新品なのに柔らかい履き心地

SPM-442の生地を見ると、衝撃がかかりやすいかかとはぶ厚くクッションにような生地になっています。

一方でアッパーは薄く、柔らかくなっています。

また一番の特徴はサイドゴアと言われる、側面にゴムを使うことで伸縮性を出し、足にフィットしやすいスニーカーの構造にあるかと思います。

このサイドゴアに構造により、新品で履いても柔らかい履き心地があり、天然皮革=新品は硬く靴擦れしやすいという常識を一変してくれます。

サイドゴアで足にフィット感がいい

サイドゴアはゴムでできていて、両側面に配置されています。ゴムなので伸縮性がとてもよく、伸び縮みしやすいので、天然皮革とは思えない足のフィット感を得ることができます。

正面から見るとサイドゴアは見えにくいのでそこまで目立つことはありません。

新品の革靴や天然皮革のスニーカーを履くと、いつも靴擦れをした方にとっては魅力的なスニーカーですね!

柔らかいインソール

またSPM-442はインソールにもこだわっています。

化粧品のパフにも使われている天然ラテックス素材を採用。ふわふわの柔らかいインソールで足への衝撃を緩和してくれます。

インソールはスニーカーに接着されているので、市販品のインソールを着用することはできないので純正品を使いましょう。

滑りにくいアウトソール

アウトソールは横方向に波型で凹凸した形状になっています。

縦・横方向にもグリップ力がよく、雨でぬれた地面でも滑りにくそうです。

アウトソールはスピングルカンパニーで修理してくれるそうなので、アウトソールが減ってしまったときは修理してもらって長く履けるようにするといいです。

生地もしっかりしていて寿命も長そうなので、消耗品となるアウトソールを修理すれば長く履いていけるスニーカーです。

*リペアサービスも行っているので他にも壊れた箇所があったらメーカーに相談してみましょう。

追従性抜群!天然皮革とは思えない履き心地

新品の天然皮革だと生地が硬くて曲がりにくいのですが、SPM-442の天然皮革スニーカーは脚の曲がりに追従してくれて歩きやすい!

パッと見た感じはサイドゴア感もなく、デザインもかっこいいのでプライベートで活躍してくれそうです。

重さは片足372g

25.5cmで重さは372gほどでした。

スニーカーとしては重いかもしれませんが、天然皮革のスニーカーはどうしても重くなってしまいます。

同じ天然皮革のスタンスミスは366gなので平均的な重さと言ってもいいでしょう。

まとめ

この記事では天然皮革のスニーカー、スピングルムーヴSPM-442をレビューしました。

新品の靴を履くと靴擦れしやすい方には、とても履きやすいスニーカーです。

また日本製なので日本人の足に合いやすく、足に優しいスニーカーでもあります。とても履き心地がいいのでおすすめですよ。

  • 新品なのに柔らかい
  • サイドゴアで足にフィット感がいい
  • 柔らかいインソール
  • 滑りにくいアウトソール
  • サイドゴアなので見た目