ザムストは競技用のサポーターで有名な会社ですが、ザムストの親会社である日本シグマックスはオーダーメイドインソール「カスタムバランス」を展開していてインソール業界にも知名度がある会社です。そのザムストが発売するインソール「フットクラフト」はオーダーメイドではありませんが、バドミントン選手の松友さんも使用されているインソールでスポーツにおすすめです。

またクッショニングとアーチタイプを選ぶことができるので、オーダーメイドでなくても自分の足にフィットするインソールを選びやすい特徴があります。

そこでこの記事ではザムストのインソールについてレビューしていきます。

created by Rinker
ザムスト(ZAMST)
¥4,469 (2020/03/29 06:29:57時点 Amazon調べ-詳細)
サイズ展開:21.0~31.5cm

created by Rinker
ザムスト(ZAMST)
¥2,303 (2020/03/29 06:29:58時点 Amazon調べ-詳細)
サイズ展開:21.0~31.5cm

スポンサー



【ザムストインソールレビュー】評判や口コミ・選び方などをご紹介

【ザムストインソールレビュー】評判や口コミ・選び方などをご紹介
ザムストのインソールには「アジリティグリップ」というグリップ力を地面に伝えてけり出しを高めるシリーズと、クッション性を生かした「スタンダードクッションド」、「スタンダードタイプ」の三種類が発売されています。


まずはどんな用途でザムストのインソールを着用したいのか考えてみましょう。

サッカーやバレーなどジャンプが多い競技ではインソールにクッション性を入れて足の痛みを軽減することができます。

またグリップタイプは地面を足の指でつかむことでけり出し(推進力)を得ることができるのでスポーツのパフォーマンスを上げたい方におすすめです。

スタンダードタイプは捻挫など足首が倒れることで足の病にならないように安定性を高めて怪我から予防したい方におすすめです。

ザムストのインソールはアーチタイプを選ぶ

ザムストのインソールはアーチタイプを選ぶ
ザムストのインソールではアーチがHigh、Middle、Lowの三種類が用意されています。選び方に迷う方も多いと思うので、ザムストインソールのアーチの選び方は下記を参考にするといいでしょう。

  • High:ハイアーチ
  • Middle:一般的なアーチ
  • Low:扁平足
  • アーチを確認するためにはこちらのイラストのようにかかとから、アーチのくぼみまで線を引いた時に、どの足の指に当たるのかをチェックすることで判別できます。

  • High:第三趾より外側
  • Middle:第二~第三趾
  • Low:第二趾より内側
  • ザムストインソールを販売している店舗では、ご自身のアーチを測定する機械が準備されています。

    またお風呂上りに作られる足跡を見ることで判別することができます。自宅で簡単にできるのでおすすめです。

    ザムストインソールでアーチを選ぶときにはできるだけ午前中に

    ザムストインソールでアーチを選ぶときにはできるだけ午前中に
    ザムストのインソールでアーチを選ぶときには、できるだけ朝方に形をとるようにしましょう。

    理由はアーチはじん帯や筋肉で構成されているため、夕方や夜にアーチを見ると疲労でアーチが低下している可能性があるからです。

    朝方や疲労していないときに足型をとると、足にフィットしやすく、違和感なく使うことができるのでおすすめです。

    ザムストインソールの構成

    ザムストインソールの構成
    ザムストのインソールの構造はこちらのイラストのようにトップコート、本体となるEVA層、フレキシブルホルダー、コアスタピライザーの4層で構成されています。

    フレキシブルホルダー

    フレキシブルホルダーは硬い素材であるコアスタピライザーから足を保護する目的で配置されています。アーチをサポートするためにはどうしても強度が高い硬めの素材が必要になりますが、それが足を傷める原因にもなってしまうため、クッションとしてフレキシブルホルダーが足を優しく保護してくれます。

    またザムストインソールのはスタンダード・グリップ・クッションドの3種類のインソールが用意されていますが、フレキシブルホルダーの柔らかさが異なっています。

    コアスタピライザー

    名前の通り、アーチを支えるコアになる部材で、オーバープロネーションを防ぎ安定性とサポート力を生み出す部材です。

    オーバープロネーションはこの動画のように、普段は何ともない足が、負荷がかかるランニングをすると途端に足首が内側に倒れてしまう症状です。アーチはじん帯や筋肉で構成されているのはすでにお話ししましたが、筋肉が弱いとオーバープロネーションになりやすい傾向があります。

    ザムストインソールの評価は?

    ザムストインソールの評価は?
    ザムストインソールを実際に使ってみた人の意見を見てみると、一番多いのはフィット感があるという声でした。アーチの高さ別にインソールを選ぶことができるので、足にフィットしやすくしっくりくることができます。

    また膝や足裏の負担が軽減する、ランニングで足が痛くならくなったという声があります。アーチをサポートしてくれるのでスポーツにおすすめの理由です。

    ザムストインソールクッションド

    ザムストインソールクッションド
    ザムストインソールクッションドは値段が安いモデルでアーチ別に選ぶことはできませんが、ランニング、スパイク、ウォーキングなど競技別に選ぶことができるインソールです。今までザムストインソールを使ったことがない方向けのエントリーモデルですね。

    評価

    利用者の声

    men1

    三日間履き続けてみましたが、足の疲れやむくみがなくなりとてもよかったです。通勤や仕事で使いました。スポーツ向けはもう一つのモデルがいいと思います。

    men2

    いつも長距離を歩くと膝が痛くなっていましたが、こちらのインソールを使うと衝撃吸収があり楽になります。

    men3

    軽くてかかとの負担が軽減します。足を地面から離したときに跳ね返ってくるようなクッション性を感じます。軽快に歩いたり、走ることができます。

    ご購入はこちら

    created by Rinker
    ザムスト(ZAMST)
    ¥2,303 (2020/03/29 06:29:58時点 Amazon調べ-詳細)
    サイズ展開:21.0~31.5cm

    ザムストインソールフットクラフト


    ザムストインソールのフットクラフトはアーチの高さや、クッション・グリップ・スタンダードと使用する目的に応じて選ぶことができるインソールです。スポーツ向けにおすすめのインソールです。

    評価

    利用者の声

    men1

    ソフソール、シダスなどいろんなインソールを試してみましたがザムストのインソールほど自分の足に合うインソールはありませんでした。あとは寿命が長いといいなぁと思っています。

    men2

    数年前からアキレスけん炎に悩まされていて、いろんなインソールを試してみました。ザムストのインソールだけ効果があります。近い将来ランニングが再開できる期待を持つことができます。

    men3

    アーチの形状に合わせて選ぶことができるのがいいです。違和感なく快適に歩くことができます。

    ご購入はこちら

    created by Rinker
    ザムスト(ZAMST)
    ¥4,469 (2020/03/29 06:29:57時点 Amazon調べ-詳細)
    サイズ展開:21.0~31.5cm