スニーカーでくるぶしが靴擦れする方に朗報!靴擦れ対策4選

参考になりましたら、シェアをお願いします!

くるぶしが靴擦れになってヒリヒリ!きっとこんな経験があると思います。くるぶしはどうしても出っ張っているため、靴擦れしてしまいます。せっかくのお気に入りの靴だったのに、靴擦れが原因で履けないなんて悔しいですよね。

そこで今回はくるぶしが靴擦れしても大丈夫な方法をご紹介していきます。

スポンサーリンク
広告中

くるぶしが靴擦れする原因


くるぶしが靴擦れするのは、写真のようにくるぶしが靴に当たるのが原因です。歩いているうちにくるぶしが靴の縁に当たって、くるぶしに血が出てきます。くるぶしにばんそうこうを貼って処置する人もいるかもしませんが、そもそも靴を何とかしないとどうにもなりません。

くるぶしが靴擦れするのは、ずばり靴があなたに合っていないからです。その対策としては、

  1. 靴を柔らかくする
  2. 靴を大きくする
  3. くるぶしに当たらないようにかさ上げする
  4. くるぶしを保護する

この4つが対策として考えることができます。

新品の靴だとくるぶしに摩擦が起こりやすい


くるぶしは外側に飛び出しているので、靴の淵に当たって靴擦れになりやすい足の部位です。特に新品の靴だと靴が硬いため当たると痛くなって出血の原因にもなります。

こんな時には新品の靴を履く前にクリームを塗って柔らかくしておくとよいでしょう。

靴を大きくする

靴は足に対して大きすぎても、小さすぎても靴擦れの原因になります。靴が大きすぎる場合はインソールやゲルを靴の中に入れることで対処できますが、小さすぎる場合は難しそうですよね。

もしスニーカーが小さい場合はシューズフィッターを使って徐々にスニーカーを大きくしてあげることがおすすめです。ただし革製品と比較して合成繊維は伸びにくいので、サイズを画期的に大きくすることはできません。

くるぶしに当たらないようにかさ上げする


スニーカーの中にインソールなどを入れることで、今までスニーカーに当たっていたくるぶしが当たらなくなり、靴擦れを防止することができます。

もっとも簡単にできる靴擦れ防止方法ですが、スニーカーのサイズがジャストフィットだった場合、却って足が窮屈になり、ほかの部位が靴ずれになってしまうことがあります。

特にインソールを入れると足の甲がスニーカーのアッパーに当たってしまい、靴擦れになることもあるので注意が必要です。またスニーカーが脱げやすくなってしまうことも多いので注意しましょう。

試しにスニーカーを履いた状態で指を足の甲に入れてみて、指1~2本分隙間があると、インソールを入れても窮屈になることがありません。またスニーカーの場合は靴ひもで足の甲に当たらないように調整することも可能です。

スニーカーに靴ひもがない場合は注意しましょう。

くるぶしを保護する


絆創膏などでくるぶしを保護したり、くるぶしが出血した時の応急処置に使える方法です。最近は目立ちにくい絆創膏が増えていますので、周りの人にばれることもありません。

ただしこの方法はあくまでも応急処置であることを知っておきましょう。

くるぶしを絆創膏で保護しても、根本的な解決には至っていません。

まとめ

それぞれの方法のメリットとデメリットをまとめてみましょう。

メリット デメリット
スニーカーを柔らかくする クリームを塗るだけで簡単 革製品には問題ないが、スニーカーは大きな期待ができない
靴を大きくする シューズフィッターを使うだけでできる 革靴ほど大きくならない
かさ上げする 物理的に当たらないようにできる 靴が脱げやすくなる
足の甲に当たる可能性がある
保護する 確実に保護が可能 恒久対策にはならない
くるぶしの靴擦れ対策はこれだ!

  1. 今すぐ対策したい方はくるぶしを絆創膏で保護しよう!
  2. 足の甲に余裕があるならインソールを着用
  3. シューズフィッターでくるぶしが当たらないようにする

こちらの順序で行ってみるとよいでしょう。まずはくるぶしの保護が重要です。そのあとインソールを着用するのか、スニーカーを大きくするのか、恒久対策に移るとよいでしょう。

くるぶしの靴擦れ対策:絆創膏


こちらはかかとにつけている絆創膏ですが、もちろんくるぶしにも使うことができます。絆創膏はカバンに入れておくだけで、靴擦れが起きた時にぱっと対処ができるのでおすすめです。こちらの絆創膏は透明で見えないため、パンプスなどくるぶしが見えやすい靴にも大活躍してくれます。

口コミ

商品の使いみち:実用品・普段使い商品を使う人:自分用購入した回数:はじめて
靴擦れになる前に&なってしまったあとも!
新しい靴だったり、ヒールを履いた時にできてしまう靴擦れ。
痛いし、歩くのも辛くなってしまいますよね。
靴擦れできそうかも?ってときにこれを貼っておくと
靴擦れになりにくいのでいいですよ。
ハイヒールが好きなので、靴擦れとは
長年の付き合いでした。
だけど、年を重ねていくと
治っても痕が残ってしまうんですよね。
このシートは、ものすごく薄いので
装着の「違和感」は全くと言っていいほど ありません。
靴擦れを防止する使い方だけでなく、できてしまった傷にも使用可能な点が嬉しいです。またシート自体が薄く透明なので目立ちにくいです。ぱっと見貼っていても分からないのでパンプスにも使えます。
思った以上にしっかりとはりついて靴擦れすることなく歩くことができました。革靴でお悩みの方にもオススメです。

くるぶしの靴擦れ対策:靴を大きくする


くるぶしが靴擦れしないようにするためには、靴を大きくするシューズフィッターがおすすめです。革靴だけではなく、パンプスやスニーカーのも使えるのでくるぶしが靴擦れする方におすすめです。シューズフィッターを持つといろんな靴に使うことができるので、一台は持っておきたいですね。

口コミ

もっと早く購入していれば…
中途半端なサイズの足のため、小さすぎたり、大きかったりで靴擦れを繰り返し、ずっと悩まされてきました。
そしてやっと、自分のサイズに調整できるようになり、足元のおしゃれが広がりました!操作しやすいので誰でも簡単にできますよ!
履きたい靴が履ける喜びを、皆さんにも体感してほしいです!
買って満足しています!!
なかなか合う靴がないので、履き始めから5回くらいは靴擦れ覚悟です。これ、どうしてもっと早く買わなかったんだろ。。。悔しいくらいです。高いのもたくさんあるから、最初はお試し気分での購入でしたが、充分です。満足!!
靴も型崩れしにくく丈夫なっているので1週間以上セットしたままでも大丈夫でした。夕方履きにくかったパンプスも履きやすくなり、靴擦れも無くなりました。
使いにくかったのでダボは使用していません。

くるぶしの靴擦れ対策:くるぶしに当たらないようにかさ上げする


くるぶしの靴擦れ対策にかかとをインソールでかさ上げすることもできます。ただし靴が脱げ易くなる可能性もあるのでご注意ください。

口コミ

気に入った革靴をはくと、必ずくるぶしが当たり、靴擦れになっていました。かかとだけのインソールを店員さんに勧められてこちらの商品を使用してみましたが、くるぶしは全く当たらなくなりました。商品の厚みは1センチくらいで、素材も柔らかいので沈むかなと思ったのですが、ふんわりしつつしっかり底上げされてばっちりです。
なかなか!
かかとが浮くので、くるぶしの靴擦れに効果的です

くるぶしの靴擦れ対策:くるぶしを保護する


くるぶしが靴擦れしないために、くるぶしをソックスで守ってあげることも有効です。五本指のソックスは蒸れたり豆ができることもないので、足裏に悩んでいた方にもおすすめです。

口コミ

フィット抜群
トレラン用に購入。フィット感もよく厚みもちょうどいいです。
靴擦れもなく履き心地はとてもよかったです。

くるぶしの靴擦れ対策:靴を柔らかくする


靴を柔らかくしてくるぶしの靴擦れを治す方法は、革にだけ使える方法です。革は使い始めは固いので、くるぶしが靴擦れしてしまうことが多いようです。そんな方には以下の商品がおすすめです。

このスプレーは吹きかけるだけで革靴を柔らかくすることができます。

口コミ

最高です!
数回の処理をストレッチャーも使用して4,5日行ったら、片足に絆創膏10個必要だった靴がすんなり履けました!もちろん私の足は無傷です(涙)!
頻繁に出番は無さそうですが、今まで足に合わなかった靴も履けるようになったので良かったです。
なぜ今までストレッチャーとスプレーの存在に気付かなかったのか残念に思うくらいです。
スポンサーリンク
広告中
広告中

参考になりましたら、シェアをお願いします!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません。