安全靴の中敷はこれで決まり!Best4を発表!

参考になりましたら、シェアをお願いします!

少しでも仕事を楽にするために安全靴に中敷を入れたい!きっとこの記事を読みに来てくれる読者様はそのように感じていると思います。でもいざ安全靴に入れる中敷を探してみると、中敷の種類が多すぎて選べない!安全靴の中敷には脱臭や抗菌、そしてアーチサポートやカスタム中敷などいろんな種類があります。

そこで今回はそれぞれの中敷の機能についてのお話と、安全靴におすすめの中敷についてお伝えします。

スポンサーリンク
広告中

安全靴にはどんな中敷を選ぶべきか?


ではまず安全靴に入れる中敷の目的を考えてみましょう。どんな目的があるでしょうか。

安全靴に中敷を入れる目的
①脱臭・抗菌
②サイズ調整
③疲れ、衝撃の緩和

それぞれの項目について見ていきましょう。

安全靴に入れる中敷では脱臭効果は望めない!?


安全靴に中敷をいれて脱臭したい!でもそんな望みは持ってはいけません。それにはなぜ安全靴が臭いのか理解することで分かります。

安全靴の臭いの原因とは?

安全靴が臭い原因は以下の三つがあります。

①臭いを発生させるバクテリア
②安全靴の中の水分
③垢などバクテリアの栄養素

この三つの要因がそろうと安全靴の中でバクテリアが臭いの原因となるイソ吉草酸を発生させてしまうのです。ではこれらの原因を安全靴の中敷で取り除くことは可能でしょうか。

①バクテリアは、空気中に無数に存在しています。
②水分ですが、人間は一日でコップ一杯分の汗を足でかくと言われています。
③人間である以上、垢は必ず出ます。

したがって、安全靴に中敷を入れるだけでは臭いの対策をすることは困難なのです。

臭い対策には使い捨て中敷

安全靴の臭い対策にはこちらの使い捨て中敷が効果的です。ペーパー中敷でまとめ買いするとお買い得です。

安全靴のサイズ調整

安全靴がご自身の足に合っていないと疲れたり、足が痛くなったりします。そんな時には安全靴のサイズを調整するために中敷を入れると効果的です。

安全靴のサイズ調整中敷についてはこちらの記事に詳しく書いていますのでご覧ください。

サイズ調整できるインソールBest3を発表!
お気に入りの靴があるけどサイズが合わない。そんな時はインソールで調整すると良いかもしれません。

疲れ対策に!安全靴のアーチサポート中敷

次におすすめする安全靴に入れる中敷は、疲れや関節への衝撃を吸収する中敷です。こういう話をすると、安全靴にクッション性の中敷を購入してしまう人が多いですが、クッション性中敷は一長一短があります。

クッション性中敷は注意が必要



みなさんは砂浜とアスファルトでは、どちらが早く走れるでしょうか。きっとアスファルトの方が早く走れると思います。足には①衝撃を吸収するクッション性と②推進力を生む剛性の二つの機能があります。

足は瞬時に柔らかい足⇒硬い足へと変化し、二つの機能を切り替えているのです。


歩くためには硬い地面が必須。地面からの反発力がなければ、前に進むことが困難になります。だからこそ、砂浜では足がとられて歩きにくいのです。

そして安全靴の中に入れるクッション性中敷も、この砂浜と同様の症状が出てしまいます。

足裏が痛い場合はクッション性の中敷がいい!

足底筋膜炎など、足の裏が痛い場合には、安全靴の中にクッション性の中敷を入れることが有効です。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

靴に入れる中敷にクッションはダメな理由とは
靴に入れる中敷をクッション性中敷にして、少しでも足の疲れを取りたいと思っている人は多いと思います。クッション=体にいいと考える方が多いですが、使い方を間違えると体には良くない結果になることがあります。

安全靴の疲れに!アーチサポート中敷

安全靴を履いて疲れる方や、関節への衝撃を抑えたい方には、やはりアーチサポートタイプの中敷がおすすめです。いくつかピックアップしましたので是非ご覧ください。

①ビオンテック

ビオンテックは足と靴にフィットする中敷。安全靴にも使えていて、ヨーロッパでは立ち仕事をされる方に好評をいただいています。

ビオンテックの特徴
①足と靴にフィット
②関節への衝撃が減る、スペイン足病医機関UMANAのデータがある
③水分を吸収する特許技術素材を使用
④脱臭機能
⑤火照りを防止する機能

詳しくはこちらをご覧ください。

関節への衝撃が減る!Biontechに迫る!
Biontechは足首・膝・腰の衝撃が減る中敷。そんな中敷、どこにでもあるよ!っと思っている方。それは大きな間違いです。というのは、Biontechのように公式なデータを持っている中敷は、Biontech以外にはありません。

②値段もお手頃!衝撃吸収の安全靴の中敷

楽天市場の中敷売上で必ず上位にあがってくる中敷がこちらです。

安全靴にバッチリでした!オススメ!!
2年近く履いている安全靴のもともとの中敷きをすててこちらを新たに入れました。クッションが効いているのがわかるし、きつくなることも全くなくとても快適です。

ご購入はこちら

③スーパーフィートTRIM

次に安全靴の中敷としてお勧めするのがこちら。中敷として有名なスーパーフィートです。

ウォーキングやスポーツはもちろんのこと、立ち仕事や安全靴にも入れている人が多数います。スーパーフィートはすっぽりとかかとを包み込むカップ形状が特徴的。足の機能である①クッションと②剛性の機能を正しく使うことを意識して開発されています。

スポンサーリンク
広告中
広告中

参考になりましたら、シェアをお願いします!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません。

にほんブログ村 サッカーブログへ