毎日立ち作業していたり、毎日部活している人で足が疲れない人は少ないでしょう。少しでも疲れないようにしたい!そんな風に思う人はかなり多いでしょう。しかし一方で疲れないためにどんな方法を使えばいいのか、誤解されている方が多いのも事実です。

そこで今回はそんな方にインソールを使うだけで疲れない方法をお教えしたいと思います。疲れないインソールを使って仕事の効率アップや部活のパフォーマンスアップに役立ててください!

スポンサーリンク




疲れないインソールの種類


疲れないインソールを選ぶ上でまず覚えてほしいのが、種類についてです。

種類は以下の通り、大きく分けて3つがあります。

まずはその人に足にフィットするインソールなのか、それともフィットしないインソールなのかということです。足の形は人それぞれなのでフィットするインソールを使うと疲れにくくなりますが、値段がネックです。

①非カスタムメイド

足の形は人それぞれです。また靴の内部形状も人それぞれです。一番理想的なインソールは、足と靴の形に合ったカスタムメイドですが、高価なため、非カスタムメイドが広く流通しています。

非カスタムメイドは、さらにインソールが柔らかいもとの硬いものの二種類に分けられることができます。

②カスタムメイド

世の中のカスタムメイドは、そのほとんどが足の形だけにフィットできるインソールが市販されています。一方、プロのアスリート選手は、足と靴に合わせて作ります。

これはインソールが靴に合わないと隙間ができてしまい、パフォーマンスが落ちたり疲れたりするためです。

この図のように靴の中で遊んでしまい、疲れないこととは真逆のことになってしまいます。

疲れないインソールはどれがいいのか?


インソールに種類がいろいろとあるのは分かりました。では疲れないインソールはどれが一番いいのでしょうか。

それはずばり、カスタムメイドです。カスタムメイドが疲れない理由は以下の通りです。

カスタムメイドが疲れない理由

  1. 足と靴がフィットしているので、衝撃が分散される
  2. 足が靴の中で遊ばないため、疲れない
  3. 硬いインソールで関節への衝撃が和らぐ

などがカスタムメイドが疲れない理由です。

衝撃が分散

こちらの理由は分かりやすいのでいいかと思います。足は土踏まずがあり、接地している部分はごく一部です。足の裏全体で接地することで衝撃を分散することが可能となり、疲れないことになります。

足が靴の中で遊ばない

こちらは、例えば皆さんが外に歩くときに、片方の靴ひもを緩めて歩いてみると分かると思います。きっと歩きにくくて疲れないということはないでしょう。足が靴の中で遊ばないと疲れないのです。

硬いインソールで関節への衝撃が和らぐ

柔らかい衝撃吸収のインソールの方が疲れないように思う人がいるかと思いますが、実際は逆です。衝撃を吸収するような柔らかい素材を足元に置くと、ベッドの上で歩くような感じになります。

ベッドの上で歩くと、当然歩きにくいですよね。また足元がぐらついているため、バランスをとるために足首、ひざ、腰などに影響が出てきます。カスタムメイドで硬いものしかないのは、このためです。足元がぐらつくと余計に筋肉を使うため、疲れるようになります。

疲れないインソールの紹介


そうはいっても、クッション性の方がいいという人もいると思います。そこでそれぞれのインソールについて疲れないインソールをご紹介いたします。

DSISソルボライト

ソルボインソールの評価
この疲れないインソールでおすすめなのは、DSISソルボライトです。乾燥でも疲れないと言った声が一位でした。疲れないインソールとしてはあまりおすすめできませんが、足裏が痛い方にはお勧めです。

ご利用者の感想

評価

利用者の声

men1

作業靴の中に入れて使っています。疲れにくくなって足裏も痛くなくなりました。

men2

足の疲れがましになるし、クッション性も高いです。

men3

これを使うと足の疲れ方が違うのでとても気に入っています。

ソルボを買った感想Best3
1位 足が疲れにくい
2位 足の裏が痛くなくなった
3位 クッション性が良く気持ちいい

ソルボライトのご購入はこちら

シダスのラン3D


この分類でおすすめはシダスのラン3Dです。感想でも疲れないと言った声が多かったです。立ち作業でいつも足が疲れる方には、この疲れないインソールがおすすめです。

ご利用者の評価

利用者の声

men1

このインソールを使用後、気にならなくなりました。疲れにくくもなったようです。

men2

こちらのインソールで足の疲れが軽減されました

men3

速く走れるのはもちろん、疲れない、ホームが崩れない。いつもの距離を走ってもまだまだ走れそうに感じました。

ご購入はこちら

BMZ自衛隊インソール


BMZは日本の会社が作ったインソールで、海外メーカーが多い中日本企業が作ったインソールはとても珍しいです。

こちらの自衛隊インソールは、自衛隊のように長時間歩行しても疲れにくいインソールを開発コンセプトにして商品化されたインソールで70%の購入者が疲れにくいと絶賛しているインソールです。

ご利用者の感想

評価

利用者の声

men1

室内フィールドでしか試せていませんが、明らかに疲れにくくなりました。

men2

足の疲れがほとんどなくなりました(平均12時間は立ちっぱ)

men3

本当に疲れない!実はもっと高いインソールも同時に購入していて、そちらをトレッキングで使ってみたら、そっちよりもずっと良い!踵は痛くならないし、足の疲れも確実に軽減しています。

ご購入はこちら

ヨネックス パワークッションインソールACW-100


大手スポーツメーカーのヨネックスが開発した軽くて疲れにくいインソールがこちらです。ウォーキングや長時間歩く方に好評で、疲れにくく、クッション性が高いと評判のインソールです。

ご利用者の感想

評価

利用者の声

women1

評判通り疲れにくいソールです!とても満足です。

women2

立ち仕事で、毎日、足の痛みと疲れとの闘いでしたが、このインソールをつけてから足の痛みがなくなりました。

women3

外反母趾+疲れやすいので、長時間の買い物やウォーキング・犬の散歩など、本当に楽になった

ご購入はこちら

人体工学に基づいた 3D アーチサポート インソール


こちらのインソールはコスパが良くて疲れにくいと口コミでも話題のインソールです。立ち仕事からスポーツやアウトドアまで広くカバーできるのでおすすめです。

ご利用者の感想

評価

利用者の声

men1

いつもより歩いても疲れなくて土踏まずがグッと押されて楽チンです

men2

土踏まずにしっかりとフィットして疲れにくい構造になっていて、スニーカーや革靴等あらゆる靴に使えるインソールです

men3

早速使っていますが、いい感じですね。確かに疲れにくいようです。

ご購入はこちら

コスパ〇疲れにおすすめのインソール


こちらのインソールはノーブランドですが、通販サイトで販売数がとても多い、疲れやすい方におすすめのインソールです。まずは疲れにくいインソールがどういったものなのか、知りたい方におすすめです。

ご利用者の感想

評価

利用者の声

men1

足が足底筋膜炎で痛くて疲れやすかったので試しに購入してみました!クッションがあり、痛みも楽になりました!

men2

めっちゃもっちりふかふかしてて、疲れにくいです

men3

歩き回る仕事ですが疲れ方が軽減されました

ご購入はこちら

福袋 2019 インソール 中敷き 3足アソート 衝撃吸収 インソールでサイズ調整 送料無料

created by Rinker
¥1,000 (2019/02/19 04:14:21時点 楽天市場調べ-詳細)

まとめ

いかがでしたか?

今回は疲れないお奨めのインソールについてお話ししました。疲れないインソールを探そうとすると、どうしても柔らかいインソールを探してしまいますが、足関節への負担を大きくしますので注意が必要です。

足裏の痛い方は衝撃吸収の疲れないインソールを使うといいかもしれません。

参考になりましたらシェアをお願いします。

足にお悩みがありませんか?

靴やインソールはすでに形が決まっているので、あなたの足に合っていません。本来は足に合った靴やインソールを着用するものですが、いつの間にか逆転して靴やインソールに足を合わせる時代になってしまいました。そんな方におすすめしたいのがBiontech。Biontechは電子レンジで加熱することで、あなたの足の形に成形できるインソールです。足に悩みを持つ方におすすめのインソールです。