立ち仕事にいい!最強のインソールBest5を発表!

参考になりましたら、シェアをお願いします!

立ち仕事をしていると足が痛くなったり疲れたりします。立ち仕事の負担を少しでも軽くするためにはインソールが大活躍します。しかしインソールと一口に言っても、種類は100種類以上あります。

立ち仕事に入れるインソールを適切に選ぶと以下のような効果が期待できる!

  1. 疲れにくくなる
  2. 足・ひざ・腰の痛みが和らぐ
  3. 足裏の痛みが和らぐ
  4. 歩行の安定性が上がる

しかし適切なものを選ばないと立ち仕事でデメリットが生じてしまいます。そこで今回は適切な立ち仕事をする方のインソールの選び方についてお伝えします。

スポンサーリンク
広告中

立ち仕事にクッション性インソールは使わないほうがいい?


クッション性を立ち仕事に使う場合は注意が必要です。なぜ立ち仕事では注意が必要なのかというと、メリットとデメリットがあるからです。

立ち仕事にクッション性を使うメリット・デメリット
メリット:足裏が痛い人に良い
デメリット:関節によくない。歩きにくい。疲れやすくなる

なぜ立ち仕事ではこんなことが起こるのか解説していきます。

立ち仕事でクッション性を使うデメリット


砂浜で全力ダッシュしたときを想像してみてください。うまく走れるでしょうか?おそらくほとんどの人が砂浜に足を取られたり、足が砂浜に沈んで走りにくいと思います。


走るためには地面からの反発力が必要です。地面からの反発力を使って、推進力を生み、走る・歩くの動作を行うことができるのです。しかし、足元が砂浜であったり、クッション性のものがあったりすると反発力が減り、歩くために余計に筋力を使うことになるのです。余計に筋力を使えば、疲れる原因になります。これは立ち仕事でも同じです。例え歩かなくても、砂浜の上で立つことは、バランスが悪くなりますので、立ち仕事にとってもよくありません。

ポイント
①地面からの反発力が大切
②反発力がないと余計に筋力を使い疲れやすくなる

実際に活躍されているスポーツ選手のほとんどは、硬めのアーチをサポートするインソールを着用しています。硬めのインソールを着用することでスポーツでのパフォーマンスを上げているのです。

合わせて読みたい記事アーチサポートインソールとは

立ち仕事でクッション性を使うメリット


では立ち仕事にクッション性を使うメリットは何でしょうか。それは立ち仕事で足裏が痛くなった人に良いということです。例えば立ち仕事で足底筋膜炎になっていたり、靴擦れを起こして足裏を怪我している方にはおすすめできます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

立ち仕事にいいインソールとは


では立ち仕事に良いインソールとはどんなものでしょうか。見ていきましょう。

コスパ重視の方におすすめ!


こちらのインソールは値段が二足で1080円ととても安く購入できるので、コスパ重視の方におすすめのインソールです。※2018/10現在の価格

評価

利用者の声

立ち仕事の為、腰や膝の痛みを軽減したくて100均の中敷を使っていましたがこの中敷きを使い始めてから体調が良くなり今では持っている靴全てに入れています。
仕事用の靴の中敷きに使っています。リピです。立ち仕事ですが、疲れ方が少ない気がします。
立ち仕事の方、仕事で足が痛いと悩まれている方、本当におすすめです!
確実に履き心地が2クラスは上がります!

ご購入はこちら

ソルボ メディ フルインソールタイプ


ソルボは人工筋肉と言われるソルボセインからできたインソール。衝撃を適切に吸収してくれて立ち仕事でも快適に過ごすことができる口コミでも評判のインソールです。

ソルボについて詳しく知りたい方はこちらソルボインソールの評価について徹底解析

評価

利用者の声

立ち仕事なのですが、このソルボメディのおかげで足も腰も痛みが出ずに続ける事ができてます。
他のソウルでは足の裏とか痛くなっちゃってだめですね。
私は扁平足ではないのでインソールについている土踏まずのふくらみの気持ちよさは分かりません。
立ち仕事&重いものを持つので、ちゃんと衝撃を吸収してくれています。
腰痛が軽減されました。
警備員のアルバイトをしていた時、安全靴の中にこのインソールを入れていたら どれ程楽だったかな?と思います。立ち仕事の方に特にお勧めです。

ご購入はこちら

スーパーフィート


スーパーフィートは多くのアスリートに使われています。メインはスポーツ向けとして使われていますが、中には立ち仕事をする方であったり、安全靴に入れる人もいるようです。

評価

利用者の声

若い頃に痛めた膝痛が変形性関節症と重なって一日中立ち仕事をしてるのが辛くなってきたため、いろいろなメーカーのインソールを試してきましたが、現状ではこれが一番です。BMZやシダスと比べても硬く、
まるでドイツ製の革靴のようです、踵からアーチまで固定され膝がねじれるリスクが減ります、
立ち仕事用
新しく立ち仕事に変わって、ウォーキングシューズを履いても一日が終わると踵がとても痛くなってしまうので買ってみました。初日は途中で疲れてしまって元のインナーに戻しましたが(付属していた説明書のアドバイスに従いなれるまでは古いインナーを持ち歩いてました)3日もすると快適で踵の疲れもなくなりました。
立ちっぱなしの仕事で5年使っています。くたびれてしまったので靴を新調するタイミングで再度購入。
やっぱりいいですね。
歩きやすいし、疲れも軽減されている気がします。
これがないと、立ち仕事やってられません。


このグラフは楽天市場の口コミを元に、スーパーフィートをどんな目的で使っているのかを調べたものです。スポーツする人に使われるのが最も多いですが、立ち仕事や安全靴に入れている人もかなり多いことが分かります。

ご購入

シダス


シダスもスーパーフィートと同じく、スポーツ向けです。しかし立ち仕事をされる方に向けにも販売しております。

シダスで立ち仕事をする方におすすめなのが、コンフォート3Dです。

評価

利用者の声

インソールで足の負担が減りました
以前からこのインソールを使用。足の疲れが減りました。
足が包み込まれていて、バランスが悪かった体の軸がちゃんと取れてきたように思います。
衝撃吸収力抜群。
踏み込んだ時の足への負担が軽減し、ディフェンス力や切り込む力が上がりました。

ご購入

安全靴にも!立ち仕事におすすめのインソール


こちらのインソールは安全靴に入れている人も多いおすすめのインソールです。土踏まずをサポートしてくれて疲れにくいインソールと口コミで話題です。

評価

利用者の声

足裏が痛い夫の為に購入しました
履き心地も良く気に入ったみたいです
お値段も良心的なのでまた利用したいと思います
思ったより土踏まずがしっかりサポートされて靴を履いた時から楽な感じがありました。かかとのホールド感もしっかりしているように思いました。
立ち仕事で使ってみました。
仕事にアディダスのスニーカーを履いています。底が薄くて長時間歩いたり、立っていると足がだるくなり辛かったのが無くなりました。
これはうれしかったです。

ご購入はこちら

口コミの出典元:https://www.rakuten.co.jp/

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は立ち仕事をされる方におすすめのインソールについてご紹介いたしました。立ち仕事の疲労を軽減するために、どうしてもクッション性のあるものを立ち仕事の靴にいれることを考えてしまいます。

立ち仕事で足裏が痛くなった方はクッション性を、そして立ち仕事で疲れや関節への衝撃を減らしたい方は、硬めのものを使ってみると良いでしょう。

みなさんの立ち仕事での負担が少しでも軽減することを期待しております。

スポンサーリンク
広告中
広告中

参考になりましたら、シェアをお願いします!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません。