長靴というとダサくてかっこ悪いというイメージを持っている方も多いと思いますが、最近の長靴はレインシューズとも言われていてメンズの長靴を中心にビジネスでも使えるかっこいい長靴が増えています。

長靴のメリットは雨水を完全にシャットダウンしてくれることです。ゴアテックスのような素材よりも安価でコスパがいいメンズ用の長靴が多いのでおすすめです。

そこで今回はメンズの長靴の選び方とおすすめの長靴をご紹介いたします。

メンズの長靴の選び方


メンズの長靴を購入した後に不満に思うことについてまとめてみました。せっかくお金を出して購入するのですから損はしたくないですよね。

メンズ長靴で多い不満

  1. インソールが薄く衝撃が直にくる
  2. 滑りやすい
  3. サイズが合わない
  4. 水が染み込む

長靴のインソールが薄い


長靴はゴムで一体成型で作られているため、インソールはこだわったものが入っていないことが多く、インソールが薄いために地面からの衝撃や小石を踏んだ時の凹凸が直に足裏に響いて足裏を傷めるケースが多いです。

こんな時は市販のインソールを入れるのがおすすめです。

インソールはサイズ調整や脱臭・抗菌などの機能はもちろんのこと、疲れにくくなるアーチサポートや衝撃を緩和するクッション性のインソールまで幅広く販売されています。

インソールを活用することでメンズの方でも疲れにくく快適な歩行を楽しめることができます。こちらの記事で詳しくご紹介していますのでご覧ください。

長靴のアウトソールをチェック


長靴を買ったのに雨の日に履くとコンクリートの上で滑ってしまうという不満もメンズの長靴に多いですね。そもそも靴の地面を接触する部分にはアウトソールと言われるゴムでできた滑り止めと衝撃緩和する素材があるのですが、長靴は防水のためにゴムを一体成型している関係上、アウトソールはいいものがないことが多いのです。

でも雨の日に使いたい長靴なのに滑ってしまうようでは意味がありません。

口コミを利用したり、写真を見てアウトソールがしっかりしていそうな長靴を選びましょう。

サイズが合わない


サイズが合わないのは長靴に限らず靴を選ぶときの永遠のテーマです。長靴はメーカーによって大きさは様々です。さらに有名なスニーカーのブランドでは靴の生産国でサイズが変わるそうです。同じブランド名なのに生産国でサイズが変わってしまったら、実際に履いて確認するしか方法がありません。

通販サイトの場合は口コミを利用してサイズ感を調査するのがおすすめです。

またその他にも足の甲やつま先、かかと、くるぶしなどが靴擦れを起こしやすく、どのように長靴のサイズを選んだら良いのかこちらの記事に書いていますのチェックしてみてください。


またサイドゴアの長靴は伸縮性のゴムが長靴のサイドにあってフィットしてくれるのでおすすめです。

水が染み込む


防水のために長靴を買ったのに雨水が染み込んでしまうケースも多いようです。

そのほとんどは、経年劣化によるひび割れなどが原因ですが、たまに初期不良なども発生します。新品を購入する限り水が浸入することはありえませんので、水が染み込んだ場合はショップに返品をお願いしましょう。

デザイン性をチェック


ビジネスや通勤で長靴を履くならショートタイプの長靴がおすすめです。ハイカットの長靴はレディースにはいいですが、メンズが履くには抵抗がある方も多いので、ショートタイプの長靴なら気にせず履くことができます。

またサイドにゴムがついているサイドゴアも着脱が簡単でフィットしてくれるのでおすすめです。

素材で快適性が変わる


長靴には合成皮革や塩化ビニル、ゴムなどが使われますが、それぞれ特徴があるため選ぶときには素材をチェックしてみるとよいでしょう。

メリットデメリット
合成皮革デザイン性に幅が広くおしゃれ防水性が若干劣る
ラバー素材防水性が高い着脱しにくい。経年劣化によるひび・割れ
塩化ビニル素材が硬く劣化しにくい気温によって硬さが変わり、滑りやすくなることも

このように素材によって大きく変わります。防水性を重視するならラバー素材を選択し、デザイン性を重視したいなら合成皮革を選びましょう。

メンズにおすすめ!おしゃれな長靴

それではメンズにおすすめの長靴をご紹介いたします。通販サイトの口コミで話題のメンズ長靴を厳選しました。ぜひ参考にしてみてください。

Shevalues  レインシューズ

【スペック】
■サイズ:22.0-26.5
■値段:999円※2018/11現在
■素材:塩化ビニル

Shevaluesの長靴は着脱しやすいサイドゴアがおすすめのメンズ長靴です。カラーは6種類から選ぶことができて自分の好きなデザインが選べる自由度もメンズにおすすめするポイントです。靴底にはグリップ力が高い特殊加工がされているので雨の日に安心です。

評価

利用者の声

先日、雨の強いなか出かけてみましたが、
帰宅後、靴を脱いだとき、靴下がまったく濡れていなかったのには感動。
レインシューズとして当然かもしれませんが、良品だなと思いました!
ソールで調整して、少しスタイルアップした見た目とフカフカの履き心地になりました!
とてもスッキリしたデザインなので、ホントに長靴という感じでなく、晴れの日にも履けそうです。
おしゃれで普段使いにも使えそうな長靴を探していて、サイドゴアブーツの長靴だったらデニムやチノなどボトムを選ばないと思いこのタイプに決めました。

ご購入はこちら

超軽量ショートレインブーツ

【スペック】
■サイズ:22.5-28.0
■値段:3280円※2018/11現在
■素材:合皮

メンズにおすすめのショートの長靴がこちらです。雨に日でも滑りにくりラバーソールがあって口コミでも滑りにくいと評判です。デザイン性もよいので通勤にも使えるメンズにおすすめの長靴です。

評価

利用者の声

思った以上に見た目がきれいでした。軽量ですが、素材がしっかりしています。フィット感も履き心地もとても良かったので、家族にも買ってあげようと思います。
やっと満足できるレインシューズに出逢えました。
今までいくつか購入しましたが、この商品は脱ぎ履きしやすく軽い!最高です。
サイズはピッタリでした。
生地がとても柔らかくて、歩きやすいです。
価格以上によい製品だと思います。

ご購入はこちら

Precthings 快足防水レインシューズ

【スペック】
■サイズ:23.0-29.5
■値段:3099円※2018/11現在
■素材:ゴム

Precthingsのレインシューズはデザインがとてもおしゃれでサイズも豊富にあるメンズにおすすめの長靴です。素材がゴムでできているので完全防水になっていて雨の日でも快適に歩行することができます。またソールも曲がりやすく歩きやすいと口コミで評判です。

評価

利用者の声

ブラウンを購入しました。思っていたより暗めのダークブラウンだったので、どんな服にも合わせやすそうです。やや大きめの作りと記載があったので、普段23㎝ですが、22.5㎝を購入しました。少しピッタリすぎたかなという印象です。靴下をはくと少々きつくなりました。購入を検討中の方は普段と同じサイズで購入するのをオススメします!!
長靴だと靴の中で足が泳いでしまって、とても疲れますが、このレインシューズはホールド感があって歩きやすいです。買って良かった!
ほぼ完全な防水なので、暴風で土砂降りの時は、これは助かります。
雨振るとどうしても出かけたくなくなりますが、このブーツなら
ちょっと外いこうかなって思えます。

ご購入はこちら

PlaisteL 長靴

【スペック】
■サイズ:25.0-27.0
■値段:2880円※2018/11現在
■素材:塩化ビニル

PlaisteLの長靴のおすすめポイントは何といってもデザイン性です。一見長靴とは思えないようなデザインは通勤やプライベートで履いても気づかれにくいおすすめの長靴です。

評価

利用者の声

期待した通り雨が染みない作りでとても重宝している。値段も手頃で良い買い物になった。
サイズはぴったりでしたが、口が広い印象です。履き始めは硬いので何回か履けば馴染んできます。
見た目も、実用性がありとても軽量で足が疲れません。雪道は、チョット無理かもしれませんが、雨の日は、問題無く快適ですね。晴れの日でも、良い感じだと思います。

ご購入はこちら

ERA メンズガーデンレインブーツ

【スペック】
■サイズ:25.0-28.0
■値段:1847円※2018/11現在
■:

ERAのメンズ長靴は値段が安くてコスパの良いおすすめの長靴です。デザインはシンプルで履き心地もよく、口コミで履きやすくて疲れにくいと話題のメンズ用長靴です。

評価

利用者の声

足入れからソールの部分まで継ぎ目のない一体ものです。
なので、水が浸み込むすき間がまったくありません。
デザインは表面にシボが入っているのが長靴っぽくなく、外出履きでもいけそうです。
通勤時に靴に雨が染み込んだときの不快さは耐え難いものでしたがこの靴のおかげで解消されました。
雨の日は歩きで会社に行くことが多いですが片道30分程度なので問題なく歩けます。
履口が広く立ったまま履けるし脱げるし歩くと時もブカブカで無く買って正解でした雨の日も気持ちよく履けます。良く出来たレインブーツと思います。

ご購入はこちら