失敗しない正しい靴選び方7選-シューフィッターするおすすめの方法

参考になりましたら、シェアをお願いします!

靴は大量生産が進み安くなって購入しやすくなった半面、選び方を間違えて足に負担をかけたり、靴擦れになるケースが増えています。本来は靴を足に合わせるはずが、いつの間にかに足を靴に合わせる時代になってしまったのです。

そこで今回は靴のおすすめの選び方についてご紹介いたします。

スポンサーリンク
広告中

靴を選び方で重要なポイント


靴を選ぶ上で重要なポイントがいくつかあります。靴が足に当たりやすい部分はほとんどの場合決まっていますのでチェックしてみましょう。

チェックポイント靴の選び方
つま先つま先はスペースを取りすぎることも、狭すぎることもNG。足の指が十分に動くのか確認しましょう。
足の甲足の甲はスニーカーなどの靴紐があるタイプの靴ならある程度調整できます。足の甲がしっかりと押さえることができる靴は足と一体化するような感覚になり、歩行するのがとても楽になります。足の甲に隙間がない靴を選ぶようにしましょう。
くるぶしくるぶしは出っ張っているため靴擦れになりやすい足の部位です。履き口がくるぶしに当たらないかチェックしてみましょう。
土踏まず靴にアーチサポートがある場合は自分の足の形にフィットしているのか確認しましょう。土踏まずよりも大きな凸形状がある靴を選ぶと足が痛くなってしまいます。

つま先に十分なスペースがあるのか


靴とつま先のスペースは、空きすぎてもダメですし、きつすぎてもダメです。空きすぎると足が靴の中で動いてしまいます。

足が靴の中で動くと、歩きにくかったり、足との間に摩擦が発生して靴擦れの原因になることがあります。試しに靴紐を緩めて歩いてみてください。とても歩きづらいことがすぐにわかると思います。

逆に足とつま先に十分なスペースが確保できないと足の指が靴に当たり、靴擦れや爪が割れたりすることがあります。足に痛みが出てしまえばまともに歩行することができなくなります。

歩行するときに人間は足の指で地面をつかんで歩行しています。試しに少し部屋を歩いてみてください。足の指が曲がって靴をつかみながら歩いていると思います。足の指が靴の中で自由に動くことができて歩行できるのかが重要なポイントです。

つま先は1.0cm空ける


つま先は0.5~1.0cm空けるのがベストです。そうすることで不自由なく足の指を動かすことができます。

またサイズを合わせる場合はできるだけ夕方以降に合わせるようにしましょう。理由は足のむくみとアーチの低下です。夕方になると足がむくむ方は夕方以降にサイズを調整しないとつま先が靴に当たって痛む可能性があります。


また足のアーチは朝から夕方にかけて徐々に下がっていきます。アーチが下がると足が伸びてしまいつま先が靴に当たってしまうことがあります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

つま先の形をチェック


つま先の指の長さは人それぞれ違うので、つま先の形は異なります。日本人で多いのがエジプト型と言われる内側に行くにつれて大きくなる形です。最近は靴の先端が狭くて尖っている形がブームになっていますが、このような靴を選んでしまうとつま先を傷める可能性があります。


靴の形にはポインテッドやアーモンド、丸みを帯びたラウンド、四角い形をしたスクウェアなどいろんな形があります。エジプト型はオブリークやスクウェア、ギリシャ型はラウンドがおすすめです。

足の甲


日本人は足の形が幅広甲高と言われていて、足の甲が高い人が多いためアメリカやヨーロッパの靴やスニーカーを履くと足の甲が当たってしまうことがあります。またインソールを着用すると隙間がなくなって足の甲が靴に当たってしまうことがあります。

足の甲の高さはアーチの高さによっても変わってくるため、扁平足外反母趾になると足の甲が低くなります。またハイアーチにのように普通の人よりもアーチが高いとさらに甲高になる傾向があります。


第一中足骨頭から舟状骨を通って内くるぶしの下を結ぶ角度を測ってみると分かります。

角度甲の高さ
扁平足120度以下甲薄
普通120~150度平均
ハイアーチ150度以上甲高

足の甲と靴の選び方

足の甲の高さを合わせるためには、先ほどのつま先とは逆に朝方に合わせることがおすすめです。理由は夕方になるとアーチが下がってくるため、アーチがある方は甲が当たってしまう可能性があるからです。

ただし靴紐がある靴であれば、夕方にサイズ合わせをして、朝に靴紐で調整するだけで問題ありません。

ハイアーチの方や足の甲が当たりやすい方は、アーチの沈む方が大きい可能性があるため、足の甲に若干ゆとりを持つとよいでしょう。

くるぶし


くるぶしが足に合わない原因は大きく分けて二つあります。その二つとは履き口と履き口の高さです。

イラストのようにインソールを入れたり、そもそも靴が足に合っていなくてくるぶしが履き口に当たってしまうと、歩いているときに履き口にくるぶしが摩擦を起こし、靴擦れになってしまいます。

履いた時にくるぶしが靴の履き口に当たっていないのかチェックしてみましょう。

またインソールを着用する場合は、今まで入っていたインソールは取り外してからインソールを入れるようにしましょう。特にアーチサポートインソールは厚いものが多く、今までのインソールを取り外してもくるぶしが当たってしまうことがあります。

土踏まず


靴にアーチサポートがあって土踏まずが上がっている場合は自分の土踏まずの形にフィットしているのかチェックしてみましょう。土踏まずが足にフィットせずに違和感がある状態で歩行すると、却って足を痛めてしまいます。

土踏まずなどのアーチは靴でフィットさせるというよりも、インソールでフィットするのがおすすめです。

靴はできるだけ平坦なものを選び、インソールで自分の足に合ったものを選ぶとよいでしょう。たかがインソールと侮ってはいけません。インソールを足にフィットさせるだけで疲労が少なくなったり、スポーツでパフォーマンスが上がることがあります。

アーチサポートのインソールはこちらに詳しく書いていますのでぜひ参考にしてみてください。

靴が曲がりやすいのかチェックする


人間は歩くときに足の指の付け根を曲げて推進力を得ています。もう少しわかりやすく言うと、足の指で地面をつかんで歩いているわけです。この時にかかとが浮いて土踏まずが浮いたように足を曲げる必要があります。


靴に柔軟性があって、つま先立ちできる靴を選ぶと良いでしょう。

こうした靴は歩きやすくストレスにならないため足を傷めたり、疲れにくくなったりしません。

靴をもって靴の先端を少し曲げてみましょう。そうすればどのくらい靴が曲がるのかよくわかると思います。靴の先端が90度曲がれば柔軟性がある靴といってもよいでしょう。

片足立ちできますか


靴に柔軟性があっても、柔ら過ぎて安定性にかけては意味がありません。

柔軟性がありつつ、転んだり捻挫しないように安定性も求められます。

また片足立ちするためには足と靴のフィット感も重要です。フィット感がなく、足が靴の中で動いてしまう状態だと、フラフラして片足立ちすることが困難になります。

一度靴を履いてみて片足立ちできるかチェックしてみるとよいでしょう。

サイズ調整したい場合


靴の選び方についてお伝えしていきましたが、それでもどうしても合わない靴はあると思います。デザインはすごく好きでほしいのに、靴が足に合わない。そんな時はインソールでサイズ調整することができます。

また逆に靴が小さすぎる場合はシューズフィッターで靴を大きくすることも可能です。

スニーカーの場合は網目が大きくなるだけで、それほど大きくすることは難しいですが、それでも0.5サイズ程度は大きくすることが可能です。詳しくはこちら記事をご覧ください。

スポンサーリンク
広告中
広告中

参考になりましたら、シェアをお願いします!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません。