安心して靴を伸ばす方法3選

参考になりましたら、シェアをお願いします!

新しい靴を買うと、必ず心配になってしまうのがサイズや自分の足に靴が合っているかという心配。特にネットで靴を注文すると思ったよりもサイズが小さくて靴に入らなかったという経験もあると思います。きっと一度は靴を伸ばせたらと思った経験はないでしょうか。

アルコールで伸ばす方法やクリームで伸ばす方法など、いろんな伸ばす方法がありますが、それぞれメリットデメリットがあります。靴をうまく伸ばすことに成功しても、靴にシミがついてしまわないように気を付けなければなりません。

そこで今回はおすすめの靴を伸ばす方法についてお伝えいたします。

こんな方におすすめの記事

  1. 失敗しないで靴を伸ばしたい方
  2. 靴を伸ばす方法を知りたい方
  3. 今まで履けなかった靴を再利用したい方
スポンサーリンク
広告中

伸ばしたい靴の部分を考えて見る


靴が伸びる部分は決まっています。それは靴のアッパー部分です。靴の下側のソールなどは伸びませんから、アッパーを伸ばすことによって得られるメリットを考えて見る必要があります。

  1. 足の指が痛い
  2. アッパーを広げることで足の指の圧迫から逃れることができます

  3. くるぶしが痛い
  4. 横幅のアッパーを伸ばすことで対処できる可能性があります

  5. サイズ調整
  6. ソールの幅が決まっていますから限度があります。伸ばすことができても0.5cm程度です

  7. かかとが痛い
  8. かかとはソールと足が当たって痛くなります。靴を伸ばすことは対策にはなりません。

  9. 足の甲が痛い
  10. アッパーを伸ばすことで対策できます。

見て分かる通り、靴を伸ばすことで対策できるものとできないものがあります。

靴を伸ばすといっても、劇的に伸びるわけではありません。おすすめはシューズフィッターとスプレーの両方を使う方法です。アルコールや熱による伸ばす方法はシミになる可能性があるのでおすすめできません。

靴の素材を見る


次に重要なのが靴の素材です。靴の製品は皮製品でないと伸びないといった意見もありますが、そんなことはありません。これにはそもそも「伸びる」ということはどんなことなのかを理解する必要があります。


靴にはエナメルや革靴(スエード含む)のような素材から、生地と言われる編み込んだ繊維状のものがあります。スニーカーに多いのはキャンパス生地と言われるもので、カバンなどに広く使われる生地です。

この生地はとても丈夫で、コットンやポリエステルなどから作られています。生地ですので縫い目を広げることで靴を広げることができます。

ただし、衣類のように大きく伸びたりしないので、若干調整できる程度だと覚えておきましょう。

革製品は伸びやすい


革靴やスエードを使ったスニーカーなどは、キャンパス生地よりも伸びやすい傾向があります。ワンサイズくらいの調整はシューズフィッターを使うことで靴を伸ばすことができます。

靴を伸ばしたい方はぜひシューズフィッターとスプレーで検討してみてはいかがでしょうか。

そこで今回は靴を伸ばすおすすめの方法についてお伝えいたします。

万能な靴を伸ばす方法


靴を伸ばすお奨めの方法はシューズフィッターを使う方法です。メリットも多いですがデメリットもあります。

メリット

  • 靴にシミや痕が残らない
  • 誰にでも簡単に靴を伸ばす
  • ポイントでの伸ばす微調整ができる
  • デメリット

  • 伸ばすのに時間がかかる(数日)
  • 伸ばすのに失敗すると破ける可能性がある
  • メリットとして大きいのは、親指の部分やかかとの部分だけ伸ばす微調整ができることです。機械的にねじで大きくしていくので、ご自身の足にあった形状に微調整が可能です。

    しかしデメリットとしては、時間がかかるのと、生地が壊れやすいと破ける可能性があります。しかしシューズフィッターはデメリットを補うほどのメリットがありますので、靴を伸ばす方法としては一番おすすめです。

    しかも使い方はとても簡単。こちらの動画に詳しい方法が説明されています。

    口コミ

    スニーカーも出来ました!
    通販で購入したスニーカーのサイズが合わず、返品しようにもタグを切ってしまったためそれも叶わず…一か八かこちらの商品を購入しました。2~3日ではイマイチ効果がわかりませんでしたが、その後2週間ほど経って履いてみたら、見事に履きやすくなっていました!ありがとうございます!他にも微妙に足に合わなくて敬遠していた革靴があるので、どんどん使って行こうと思います。もっと早く買えば良かったです。やはり二個セットだと便利ですね。
    ネット通販で購入したスニーカーがキツく、ダメもとで購入しました。丸1日半シューズフィッターを入れた後に履いてみたところ、靴べらなしでは入らなかったスニーカーがすんなり履けるようになりました。素足でギリギリ履けるレベルでしたが、靴下を履いても履けるようになりびっくりです。高かったスニーカーだったので履けるようになって本当に嬉しいです。
    足先の横幅がきつかったスニーカーに使用しました。
    2日間シューズフィッターを入れておくと、痛みなく履けるようになりました。
    嬉しいです。

    ご購入はこちら

    クリームで靴を伸ばす


    こちらはクリームやスプレーで簡単に靴を伸ばすことができます。主に革靴を伸ばすために使う方法です。

    メリット

  • 手軽にできる
  • デメリット

  • 合成皮革には使えない
  • シミになるかもしれない
  • 一番のメリットはスプレーを吹きかけるだけで手軽にできることでしょう。しかしシミになる可能性がありますので注意が必要です。また最初に説明したシューズフィッターと併用すると、より靴を柔軟に伸ばすことができるようです。

    口コミ

    バイク用ブーツの甲部分を伸ばすために購入しました。
    このスプレーを吹きかけてから,ブーツをしばらくの間履いてもいいですし,ストレッチャーで伸ばした状態でもOKです。
    冬は革が固くなるので,また春に再度使いたいと思います。
    パンプス等はストレッチャーを購入したのでそれで大丈夫でしたが、ファスナーなしのロングブーツは筒があってストレッチャーが使えません。
    そんなロングブーツもスプレーで伸ばすことができるのでとても便利ですね。
    スムースレザー・起毛両用ということで購入してみました。まだ起毛には使ってみていませんが、とても簡単に伸ばすことができて、買って正解でした。今度起毛も試したいと思っています。

    ご購入はこちら

    熱で靴を伸ばす


    こちらはドライヤーで靴を伸ばす方法です。やり方は、
    ①靴下を数枚用意
    ②2-3枚靴下を履いて、伸ばす靴を履いてドライヤーを当てる
    ※靴が足に当たる場所を入念に。1-2分でOKです

    ただしデメリットもあります。

    メリット

  • 家にある道具で簡単にできる
  • 合成皮革でもできる
  • デメリット

  • 皮を傷める
  • スニーカーなど化学繊維はできない
  • やはり一番のデメリットは皮を傷めることでしょうか。失敗してしまったといった意見もありますので注意が必要です。

    スポンサーリンク
    広告中
    広告中

    参考になりましたら、シェアをお願いします!

    フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません。