キーンはアメリカ発のトレッキングシューズやサンダルを作っている製靴メーカーの一つで、意外と知られていないブランドですが、履き心地の良さとデザイン性に定評のあるブランドです。キーンのジャスパーはキーンを代表するブランドの一つでアウトドアはもちろんのこと、負担履きもできるデザイン性が魅力です。

▼キーンのジャスパー▼

  1. トレッキングシューズの中では圧倒的に軽い
  2. フィットしやすいレースシステムがすごい
  3. つま先を守ってくれるフットヘッドが魅力的

この記事では

Aさん
キーンのジャスパーの特徴って何ですか?

Aさん
キーンのジャスパーの履き心地ってどうですか?

こんな疑問にお答えいたします。
created by Rinker
KEEN(キーン)
¥9,879 (2019/12/07 03:58:06時点 Amazon調べ-詳細)
サイズ展開:25.0~30.0cm 幅:D サイズ感:0.5cm大きめがおすすめ

created by Rinker
KEEN(キーン)
¥12,980 (2019/12/07 03:58:07時点 Amazon調べ-詳細)
サイズ展開:22.5~25.0cm 幅:D サイズ感:0.5cm大きめがおすすめ

こんな記事も読まれています
スポンサー



【キーン ジャスパーレビュー】履き心地が良くて疲れにくいトレッキングシューズ

【キーン ジャスパーレビュー】履き心地が良くて疲れにくいトレッキングシューズ
キーンのジャスパーはスエードの天然皮革を使っていて見た目がおしゃれで普段履きにも使えるデザインが魅力のアウトドアスニーカーです。レディースからメンズまでのサイズが揃っていて、靴のベロがつま先まであることで足へのフィット感が良くなる構造が人気のモデルです。

Aさん
実際の履き心地はどうなんでしょうか?

編集部
まずはキーンのジャスパーを履いてみた人の意見から見ていきましょう。

キーンのジャスパーの履き心地は?履いていても疲れにくい

キーンのジャスパーの履き心地は?履いていても疲れにくい
上のグラフは実際にキーンのジャスパーを履いてみた人の意見をまとめてみたものです。

Aさん
履き心地がいいという意見が圧倒的に多いですね。

編集部
キーンのジャスパーはレースシステムと言って、つま先まで開いたベロで靴のフィット感を大きく変えられるので履き心地が良くなります。

キーンのジャスパーと幅はDながら、レースシステムで足へのフィット感を高めることができるので、履き心地がいいという意見が圧倒的に多い結果になりました。また靴自体も350gと軽量化されているので長時間歩いていても疲れにくいという意見も多かったです。

Aさん
重さは他のトレッキングシューズと比較するとどのくらいなのでしょうか?

編集部
軽いトレッキング用だと500~600gが平均です。キーンのジャスパーはだいぶ軽いことが分かります。

キーンのジャスパーのレースシステム

キーンのジャスパーのレースシステム
キーンのジャスパーは何と言ってもベロと言われるつま先から足首にかけてサイズフィットできるレースシステムが有名です。このレースシステムは足の横幅をつま先から足首まで広く調整することができるのでフィット感が他のトレッキングシューズと比較しても段違いで履き心地が良くなる大きな要因です。

日本人の足は甲高幅広なので靴の幅としてはE以上がおすすめですが、キーンのジャスパーはDです。幅ではあまりいい設計とは言えませんが、このレースシステムのおかげで同じDでも段違いのフィット感で、Eと同じようなフィット感を得ることができます。

Aさん
確かにここまで広く裂けているトレッキングシューズってみたことないです。

編集部
フィット感が全然違うので履き心地もいいですよ

このレースシステムはキーンのスニーカーの特徴で、トレッキングシューズ以外でもサンダルにも使われているので、ぜひ探してみるといいですよ。

created by Rinker
KEEN(キーン)
¥9,879 (2019/12/07 03:58:06時点 Amazon調べ-詳細)
サイズ展開:25.0~30.0cm 幅:D サイズ感:0.5cm大きめがおすすめ

created by Rinker
KEEN(キーン)
¥12,980 (2019/12/07 03:58:07時点 Amazon調べ-詳細)
サイズ展開:22.5~25.0cm 幅:D サイズ感:0.5cm大きめがおすすめ

キーンのジャスパーはスエードの天然皮革

キーンのジャスパーはスエードの天然皮革
一般的に天然皮革は繊維や人工皮革と比べると重くなる傾向にありますが、天然皮革は履いているうちに伸び縮みするので足にフィットしてくるのが特徴です。キーンのジャスパーはスエードの天然皮革を使っていて、デザイン性も良く足にフィットしていくのでおすすめです。

Aさん
スエードは見た目がいいので普段履きでもいいですよね。

編集部
スエードのトレッキングシューズはなかなかないので普段履きとの併用を考えている方におすすめですよ。

また重さも天然皮革を採用しているにもかかわらず軽い設計になっているので足の負担になりません。

キーンのジャスパーはつま先を守ってくれるフットヘッドが魅力

キーンのジャスパーはつま先を守ってくれるフットヘッドが魅力
キーンのジャスパーはつま先を守ってくれるフットヘッドもおすすめする理由の一つです。このフットヘッドはアウトソールと言われる靴底と一体化していて、靴底と同じ素材のコルクとラバーを混ぜた素材でできています。

このラバーソールはクッション性があって岩場につま先をぶつけてもクッションが守ってくれるので安全に歩くことができます。

Aさん
岩場は怪我しやすいのでこういう安全に配慮されているのはうれしいですね。

編集部
元々キーンはつま先を守るという発想から生まれたブランドなのでトレッキングに最適ですよ。

created by Rinker
KEEN(キーン)
¥9,879 (2019/12/07 03:58:06時点 Amazon調べ-詳細)
サイズ展開:25.0~30.0cm 幅:D サイズ感:0.5cm大きめがおすすめ

created by Rinker
KEEN(キーン)
¥12,980 (2019/12/07 03:58:07時点 Amazon調べ-詳細)
サイズ展開:22.5~25.0cm 幅:D サイズ感:0.5cm大きめがおすすめ

キーンのジャスパーは汗を吸着してくれる

キーンのジャスパーは汗を吸着してくれる
登山していると困るのが汗ですよね。いくら通気性のいい靴を履いても汗が靴に溜まったりするものです。キーンのジャスパーはライニングと言われる肌と接触する裏地に吸湿性の優れた素材を使っているので、汗や水分を吸着してくれます。

Aさん
汗をかきやすいので吸湿性があるのはうれしいです。

編集部
レザーはフィット感や衝撃には強いですが、通気性が悪いのネック。キーンはこの通気性を裏地でカバーしているトレッキングシューズです。

キーンのジャスパーは7種類のデザイン

キーンのジャスパーは7種類のデザイン
キーンのジャスパーは7種類のデザイン用意されています。シンプルなデザインから派手なデザインまで揃っているので、アウトドア専用でも使えますし、通勤・通学・プライベートにも幅広く使うことができます。

中でもブラウンは一番人気のカラーでいろんなシーンに履くことができるのでおすすめです。

まとめ

この記事ではキーンのジャスパーについてレビューしました。

▼キーンのジャスパー▼

  1. トレッキングシューズの中では圧倒的に軽い
  2. フィットしやすいレースシステムがすごい
  3. つま先を守ってくれるフットヘッドが魅力的

編集部
デザインが良くて普段履きできるトレッキングシューズを探しているかたにおすすめです。

created by Rinker
KEEN(キーン)
¥9,879 (2019/12/07 03:58:06時点 Amazon調べ-詳細)
サイズ展開:25.0~30.0cm 幅:D サイズ感:0.5cm大きめがおすすめ

created by Rinker
KEEN(キーン)
¥12,980 (2019/12/07 03:58:07時点 Amazon調べ-詳細)
サイズ展開:22.5~25.0cm 幅:D サイズ感:0.5cm大きめがおすすめ