ブーツで足首が痛い時の対処法3選

参考になりましたら、シェアをお願いします!

お気に入りのブーツを買うと起こるのが足首の痛い症状。せっかく買ったのに足首が痛いせいで履かなくなったらもったいないですよね。そこで今回はブーツで足首が痛い方に、その理由とおすすめのグッズをご紹介していきます。

スポンサーリンク
広告中

なぜブーツで足首が痛いのか


まずはおすすめのグッズをご紹介していく前に、なぜ足首が痛いのか、その原因について探っていきましょう。足首が痛い原因はいくつかの症状の分類することはできます。

ブーツのシワで足首が痛い


歩くとブーツが折れ曲がります。それが繰り返されるとブーツに深いシワができてきて、そのシワが足首に当たり、痛い原因になります。シワができてしまう原因は、足とブーツがあっていないので、ブーツの中で足が動いてしまいます。

また新しいブーツは皮が硬いので、シワができると硬い革が足に当たって痛いことになります。

対策としては、

  • ブーツキーパーを使う
  • シューズフィッターを使う
  • クリームで皮を柔らかくする
  • の3つがあります。

    ブーツキーパーは形崩れしないようにブーツを保管してくれるアイテムです。普通にブーツを置いておくとブーツが折れてしまい、シワがさらに付きやすくなります。ブーツキーパーを使うことで新品と同じ形状を保つことが可能になります。

    また一度シワができてしまったものは、ブーツキーパーを使っても無くなりにくいもの。そんな時はシューズフィッターでブーツを広げつつ、シワを無くしていくことが大切です。

    シューズフィッターはクリームと併用することでより効果が高くになります。

    ブーツキーパー


    ブーツキーパーを使うことでシワにならずに快適にブーツを補完することができます。通販サイトの口コミでシワ対策に評判のあるブーツキーパーはこちらです。

    利用者の声
    ブーツを普通に立てていると、どうしてもシワができそうで気になっていました。柔らかい素材のも、ただ挟むタイプのブーツキーパーだとクタッとなっていたので、この反対向きに収納できるのは本当に良かったです。
    スウェードのニーハイブーツ用に購入しました。長さが少し足りないのと置くと倒れてしまいます(°_°)ただ壁に立てかければ倒れなく、ピンとはるのでシワにならず保管できるので結果満足です~☆
    ご購入はこちら

    シューズフィッター


    こちらは男女用で、楽天1位のシューズストレッチャーです。シューズフィッターはすぐに効果がでるものではなく、少しずつブーツを広げるものです。皮を柔らかくするスプレーを併用し、シワのある部分を少しずつ伸ばしていきましょう。

    口コミ
    新しい靴を購入しましたが、靴擦れになりそうな感じで思うように履けません
    でした。色々探し、こちらのシューズフィッターを購入しました。初めてなので
    しっかり、説明書を見てセットしました。24時間位置くとのことで、もう少し
    待ちます。商品はしっかりしていて、とてもいいです。タボが8個も付いていてとても便利だと思います。
    とても速い発送で助かりました。使い易く、即実行して靴擦れなしで履いてます。ありがとうございます。
    ご購入はこちら

    革靴の皮を柔らかくするスプレー


    こちらは革靴を部分的に柔らかくすることできるスプレーです。スプレーにはコラーゲンが配合されていて、皮革繊維を柔軟にすると同時に保湿もしてくれます。ブーツで足首が痛い方はベロブーツのにスプレーしてみると良いでしょう。

    口コミ
    色落ちせず、伸びました。2~3回(毎回かわかしてから)スプレーして、手でまんべんなく塗ったあと、シューストレッチャーと一緒に使って、1ヶ月程度かけて両足伸ばしました。
    ご購入はこちら

    ブーツのベロが足首に当たって痛い


    ブーツにあるベロと言われる部分が足首に当たりやすいから痛いのです。ベロが足首に当たる原因は、

    ①ブーツが新品で硬い
    ②靴ひもを強く結んでいる

    この二つが原因として考えられます。

    最初はブーツを履くと足首が痛いが、徐々に足首が痛いことがなくなったという経験もあると思います。これはブーツが足に馴染んだためです。特にブーツで使われる皮革は伸縮しやすい性質があります。

    またこれ以外にもブーツと足のサイズが合っていなくて、足がブーツの中で遊んでしまって摩擦が起こる症状もあります。ブーツは足よりも大きすぎてもダメ、小さすぎてもダメです。

    靴擦れによってブーツと足首が摩擦を生んで痛い

    靴擦れは以下の二つに分類することができます。

    ①ブーツによる摩擦
    ②ブーツの圧迫で足首の組織が痛い

    摩擦や圧迫で足首が痛いのが少し想像できないかもしれません。


    子供の頃は必ずやったことのある鉄棒。鉄棒をやりすぎると手に水膨れや皮がむけることがありますよね?これは靴擦れと同じ現象です。水膨れは内側の組織が破壊されて、そこに組成液、リンパ液などが溜まって起こる症状です。

    ブーツで足首が痛い症状を抑える方法とは

    では足首が痛いのを抑える方法はどんなものがあるのでしょうか。対策としては以下の三つが考えられます。

    ①紐の硬さを見直す
    ②足にブーツがなじむまで履き続ける
    ③足にテーピングする

    ①は簡単にできる方法ですのですぐに実践してみましょう。最初はベロだけブーツの外に出すことで足首が痛いのがなくなったということもあります。また③のように足にテーピングする方法もあります。こちらは後でおすすめのテーピング商品をご紹介しています。

    ②は我慢するということですが、実は簡単にブーツを柔らかくできる方法があります。主に皮革ブーツが対象です。合成皮は効果がまちまちです。

    テーピング


    こちらはかかと用のテーピングですが、足首の靴擦れにも使うことができるでしょう。

    口コミ
    かかとの浅い靴は良く靴擦れするので、とっても良い!
    傷が出来てしまってもケアシートを貼れば痛くないので、ファッションも楽しめます。
    私は高いヒールを履くと靴擦れが必ずできてしまうので予防として使いました。
    貼ったところは目立ちにくく違和感も感じないです。
    ご購入はこちら

    また②の足に馴染ませる方法は、べろを外側におる癖をつけるといいでしょう。履く前に靴ひもを使って、べろの部分を柔らかくするように反対側に反らせておきます。

    それ以外にはシューズストレッチャーを使う方法もあります。この方法はスニーカーなどの柔らかい素材には使うことができませんので、説明をよく読んでからご購入ください。

    スポンサーリンク
    広告中
    広告中

    参考になりましたら、シェアをお願いします!

    フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません。