眠るときに足を高くして寝るとメリットやデメリットがあります。足を高くすると血流が悪くなったり、トイレが近くなって夜中に起きるようになったり、悪いフットピローを使っていると足がしびれてしまうこともあります。そこでこの記事では

  • 足を高くして寝るメリットとデメリット
  • しびれる原因と対策は?
  • トイレが近くなる原因

についてお伝えしていきます。

スポンサー



足を高くして寝るメリットとデメリット

足枕を使う人が増えていますが、適切に使わないとせっかくの効果が失われる可能性もあります。まずはなぜ足を高くするのがいいのか解説していきたいと思います。

血液のポンプ機能を理解する

よく勘違いされるのですが、血液は確かに心臓のポンプ機能によって全身へと送り出されますが、その力はせいぜい送るだけで限界なのです。

全身を巡った血液を心臓に戻すためには心臓以外のポンプ機能が必要になります。

その心臓を補佐するのがふくらはぎです。ふくらはぎは重力に逆らって血液を心臓へと押し戻す力強いポンプ機能が働き、体の老廃物や二酸化炭素、疲労物質などを心臓へと運び出してくれます。

運動不足になるとポンプ機能が落ちる

しかし運動不足になっていると、筋肉が落ちてしまうため、生活しているときでもポンプ機能が落ちてしまいます。ランニングやジムに行ったりすると、ふくらはぎが動くので少しはポンプ機能が再開されて血液を心臓に戻してくれます。

このポンプ機能が滞ってしまうと、老廃物や二酸化炭素が足にたまってしまうため、むくみが発生してしまうのです。

ではポンプ機能が落ちてしまった場合、足にたまった老廃物や二酸化炭素などはどうやって心臓へ戻せばいいのか。

その解が足を高くして寝ることで血流を心臓へと戻してあげることなのです。

つまり、夕方になると足がむくんでしまう方は、寝るときに足を高くして寝ることがおすすめです。

メリットとデメリット

足を高くすることによる効果についてお話ししましたが、それがどのようなメリットにつながるのでしょうか。メリットとしては以下の二つが考えられます。

  • むくみの解消
  • 新陳代謝のアップ

むくみの解消

大きなメリットの一つとしては足のむくみ解消が考えれます。足がむくむのは老廃物が足にたまっているのが原因ですので、足を高くすることで老廃物を戻すことができるからです。

しかし足のむくみは運動不足が原因ですので、根本的な解決には至りません。

毎日足を高くすることを続けて、定期的に運動不足解消のためランニングやジムに行くことをおすすめします。

新陳代謝のアップ

新陳代謝とは「生きるために必要な栄養素を取り入れて、いらなくなった老廃物や二酸化炭素を排出する」ことを指します。ふくらはぎのポンプ機能が落ちると新陳代謝が悪くなりますが、夜に足を上げて血液を心臓に戻すことで新陳代謝を見かけ上、上げることができます。

ただし新陳代謝を上げたとは言い難いので、毎朝運動したり、ダイエットしたり、血行が良くなるように体を温めたりしたほうが新陳代謝を上げることは効果的です。

デメリット

ではデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

  • 快眠ができない
  • 足がしびれる
  • 寝返りがうてない
  • 起きたら足が上がっていない

快眠ができない

足を上げることに慣れていない方は快眠ができないケースが多いです。

慣れは必要ですので、しばらく試してみて、それでも慣れなければやり方を変えたり、そもそもが合わないことがあります。本記事では足を上げて寝ることを続けられる方法について解説していますので是非ご覧ください。

足がしびれる

足がしびれるのは、正座をしてあしがしびれるのと同じ原理です。足の神経が足枕によって圧迫されてしまい、ジンジンする現象です。

足がしびれないためには下記について検討してみるのがおすすめです。

  • 足枕の高さは適切か?
  • 足全体で高さを上げているか?
  • 足にフィットする足枕を使っているか?

具体的にはこれからおすすめする足枕のポイントについて解説していますのでご覧ください。

足枕を選ぶポイント

それでは足を高くして寝るために必要な足枕の選び方についてご紹介いたします。大きく分けると3つあります。

高さは10~15cm以内で

まず重要なのが足枕の高さを高くても15cm以内に抑えることです。高くすれば高いほど良さそうに見えますが、足が圧迫されるためしびれたり、眠りにくくなったりします。

また足枕を実際に購入する前に、まずは寝やすいのか今使っている枕でテストしてみるといいでしょう。

また腰にも負担をかけることがありますので、体が痛くならない程度にとどめるようにしましょう。

足全体を持ち上げる

足枕にはふくらはぎだけを持ち上げるタイプのものもありますが、寝る場合は足全体を持ち上げる足枕にしないと、足の一部に負担がかかり、足を圧迫してしまいます。

そうなると足のしびれにつながるため、寝にくくなります。

ちょっとした昼寝や休憩、ソファーでくつろぐ程度であればふくらはぎだけを持ち上げるタイプでも構いませんが、寝るときは足全体を持ち上げるようにしましょう。

柔らかくてフィット感がある足枕

しびれないために足全体に密着できる足枕があるととてもいいです。足の一部だけ持ち上げてしまうと、そこに圧力が集中してしまうので、寝ている最中ずっと正座をしている感じになってしまいます。

ウレタン系の柔らかい素材でできた足枕を使うと、快眠できるようになるので是非試してみてください。

足を高く寝るおすすめの足枕

それでは足を高くして寝るためのおすすめの足枕をご紹介いたします。今までご紹介した選ぶポイントを満たす足枕を厳選しました。

セブンエステの足枕

  • 高さ:最大15cm
  • サイズ:48x51x3-15cm

こちらはエステでも使われているプロ御用達の足枕です。柔らかいポリウレタン素材で足にフィットしやすいのが特徴です。足をおさめやすい形状がついているのもポイントが高いですね。

大きな足枕が欲しい方におすすめ

  • 高さ:最大17cm
  • サイズ:56x55x17cm

こちらの足枕は大きなサイズがうれしい商品です。材質にはポリウレタンチップが入っているので、普通のポリウレタン素材よりもクッション性がよく快適に眠ることができます。

ミネルヴァの梟

  • 高さ:最大15cm
  • サイズ:70x80x15cm

こちらはすでに足枕をお試しの方で、もっといい足枕を探している方におすすめです。ひざ下から支えてくれるビッグサイズなので、足が痛くならずに快適に寝ることができます。

首狩り族のフットマットレス

  • 高さ:最大15cm
  • サイズ:50x60x15cm

今までご紹介した足枕よりもワンサイズ小さいですが、デザインがいい足枕です。別売りのカバーもあるので自分好みにアレンジできるのがおすすめです。