通勤快足は日本製のビジネスシューズで素材に天然皮革とゴアテックスを採用しているので、雨の日でも雨水を通さず、蒸れにくいのがメリットのビジネスシューズです。さらに日本人には優しい4Eの幅広設計で足にフィットしやすく、コスパがいい革靴です。

▼通勤快足TK3123の特徴▼

  1. 通気性が高いゴアテックス
  2. 高級感あふれる天然皮革
  3. 撥水性が高い革素材
  4. 革靴内部に空気を循環できるエアシステム

この記事では

Aさん
通勤快足TK3123の特徴は?

Aさん
通勤快足TK3123って何がいいの?

こんな疑問にお答えいたします。
created by Rinker
通勤快足(ツウキンカイソク)
¥15,353 (2019/11/21 22:56:49時点 Amazon調べ-詳細)
サイズ展開:24.0~28.0cm 幅:4E サイズ感:

スポンサー



通勤快足TK3123は雨の日でも履くことができる日本製のビジネスシューズ

通勤快足TK3123は雨の日でも履くことができる日本製のビジネスシューズ
革靴というと本革で蒸れにくいですが、水分に弱くて雨が降るとシミになったり傷みやすいのがネックです。通勤快足TK3123は蒸れにくい・濡れない・滑りにくいの三つをコンセプトに開発されたビジネスシューズで、ゴアテックスやセラミック粒子を配合したアウトソールに特徴があります。

ゴアテックスを使った革靴はほかに探してもなかなかないので、通勤快足TK3123はとても貴重な革靴です。

通勤快足TK3123は履き心地が良くて雨の日に最適なビジネスシューズ

通勤快足TK3123は履き心地が良くて雨の日に最適なビジネスシューズ
通勤快足TK3123を実際に履いてみた人の意見を見てみると、日本メーカーが作ってあるので日本人の足にフィットしやすい4E設計とゴアテックスの設計が人気の理由になっています。

さらにビジネスシューズは滑りやすいものが多いですが、通勤快足TK3123のアウトソールと言われる靴底にはセラミックの粒子が入っていて、確実に地面を掴むような感じで歩くことができるので、雨が降っても滑りにくいと評判です。

通勤快足TK3123は防滑性に優れたアウトソール

通勤快足TK3123は防滑性に優れたアウトソール
通勤快足TK3123のアウトソールは、左右にジグザグの溝が彫っていて、さらにアウトソールに目には見えないセラミック粒子を配合することで滑り止めの役になっています。

このセラミックの粒子はアウトソールのゴム材に練りこまれているため、靴底が減って溝が少なくなってもセラミック粒子は存在し続けるのが特徴です。つまり靴底が減ってもある程度は滑り止めの効果が期待できることになります。

通勤快足TK3123で使われているセラミック粒子は繊維状になっていて、棒のような形状をしています。この細かな棒状のセラミック粒子が地面をしっかりとつかみ、雨の日はもちろんのこと、凍結した路面でも優れた防滑性を発揮してくれます。

さらにセラミックは耐摩耗性も強くなるので、靴底が減りやすい方にもおすすめです。


公式のカタログによると、普通のゴム底に比べると約20倍の耐久性があることが分かります。

created by Rinker
通勤快足(ツウキンカイソク)
¥15,353 (2019/11/21 22:56:49時点 Amazon調べ-詳細)
サイズ展開:24.0~28.0cm 幅:4E サイズ感:

通勤快足TK3123のゴアテックス素材


通勤快足TK3123に採用されているゴアテックスの特徴は、①透湿性と②防水性の二つです。つまり汗などの水蒸気は通すが、水は通さないことです。

革靴に使われる天然皮革は蒸れにくくある程度の通気性は持っていますが、ゴアテックスと比べると通気性に劣ります。

通勤快足TK3123は表面には天然皮革を採用し、その裏側には通気性が高いゴアテックスを採用することで、足が蒸れにくく、雨の日でも快適に歩くことができます。

通勤快足TK3123は水が浸入しにくい構造

通勤快足TK3123は水が浸入しにくい構造
革靴は一般的にアッパーやアウトソール、ミッドソールなどを糸で縫い合わせて完成させます。通勤快足TK3123も同じくアッパーの中足部が縫い合わされていますが、その縫い合わせた上からポリウレタンで一体成型しているので、糸の隙間から雨水が浸入することがありません。

インジェクション成型と言って、アウトソールやアッパーなどを一体化して成形するので、水が浸入する隙間もないので雨の日におすすめのビジネスシューズです。

created by Rinker
通勤快足(ツウキンカイソク)
¥15,353 (2019/11/21 22:56:49時点 Amazon調べ-詳細)
サイズ展開:24.0~28.0cm 幅:4E サイズ感:

通勤快足TK3123のエアシステム

通勤快足TK3123のエアシステム
履く前はこのエアシステムは微妙かな?って思っていました。

理由は昔、この手のシステムがあった革靴を履いていたら、雨水がアウトソールから侵入したことがあって、靴下がびしょびしょになった経験があるからです。

通勤快足TK3123は空気の排出口であるミッドソールの横に水が浸入しにくい微細な穴を採用しています。ゴアテックスのように水分は侵入できないけど、水蒸気や気体は通すことができるので、歩くたびに足からの圧力で中の空気を排出し、蒸れにくく新鮮な空気を足元に送り届けることができます。

まるで呼吸する革靴ともいうべき発想です。


さらに通勤快足TK3123のインソールに元帳があって、ミッドソールのエアシステムに対応するように通気性に優れた微細な穴が開いているので、足裏にあるジメジメとした空気を一掃してくれます。

撥水性が高い素材

通勤快足TK3123の表面には撥水性が高い樹脂で処理しています。一般的に撥水性の樹脂でコーティングすると、通気性が著しく悪くなるものですが、通勤快足TK3123は通気性を保ちつつ、撥水性が高くなるようになっています。

その理由はゴアテックスの素材を採用していることです。

天然皮革で撥水性があって通気性が高い革靴はなかなかないので、雨の日に強いビジネスシューズです。

created by Rinker
通勤快足(ツウキンカイソク)
¥15,353 (2019/11/21 22:56:49時点 Amazon調べ-詳細)
サイズ展開:24.0~28.0cm 幅:4E サイズ感:

まとめ

この記事では通勤快足TK3123についてレビューを行いました。

▼通勤快足TK3123の特徴▼

  1. 通気性が高いゴアテックス
  2. 高級感あふれる天然皮革
  3. 撥水性が高い革素材
  4. 革靴内部に空気を循環できるエアシステム

Aさん
突然の雨でも対処できるのでサラリーマンにおすすめのビジネスシューズです。

created by Rinker
通勤快足(ツウキンカイソク)
¥15,353 (2019/11/21 22:56:49時点 Amazon調べ-詳細)
サイズ展開:24.0~28.0cm 幅:4E サイズ感: