Aさん
スニーカーが汚れてしまって・・・おすすめのクリーニング方法やカビが発生したときの対処法について教えてください。

こんな疑問にお答えします。

この記事では

  • スニーカーのクリーニング失敗例
  • スニーカーのクリーニング方法
  • クリーニング業者の選び方

についてご紹介いたします。

スポンサー



スニーカーのおすすめのクリーニング方法とは?


まずはスニーカーのクリーニング失敗例から見ていきましょう。

せっかく買ったスニーカーをダメにしないためにも、失敗例を把握しておくことが重要です。

スニーカーでも水洗いNG素材がある

一般的なスニーカーはナイロンやキャンパス生地でできているので水洗いをすることができます。

しかし水洗いできるからと言ってゴシゴシと洗ってしまうと生地が傷ついたり、シミになってしまうことがあります。

また合成皮革や天然皮革、スエード生地の場合は水洗いは厳禁です。もしこのような素材の場合は靴専用のクリーナーを使って掃除するか、おすすめは靴のクリーニング店に持ち込む方法です。

靴のクリーニング店ならどの店舗でもいいのかというと、そういうわけではありません。

実際にスニーカーのクリーニングに経験が少なく、ひどい状態で返却されたという例もあります。スニーカーのクリーニングに経験が豊富で評判がいいクリーニング店にお任せしなければなりません。

カビは簡単に落ちない


Aさん
スニーカー表面についたカビをクリーニングしたのですが、しばらくするとまたカビが生えています。

編集部
カビはスニーカーの生地の中にまで侵入していることがあります。

カビは表面についているだけではなく、スニーカーの生地の中にまでついています。表面のカビをいくらきれいにとっても、またすぐにカビが生えてしまうのは、このためなのです。

カビが一度生えてしまったスニーカーはクリーニング業者に渡して、スニーカーの生地の中にいるカビまで除去してもらうことがおすすめです。

クリーニングしても、カビの根がシミになることも

Aさん
スエード生地のスニーカーのカビを取るとシミが残ります。
編集部
スエード生地のスニーカーにカビが生えたときは、カビの色素が生地に残ることがあります。

全部が全部というわけではありませんが、スエードの生地にカビがついた場合、カビの色素が生地に多少残ることがあります。

これは専門のスニーカークリーニング店に持って行っても同様で、残念ながら回避することができません。

この後ご紹介するクリーニング店なら、カビをクリーニング後に補色して目立たなくしてくれるのでおすすめです。

スニーカーのクリアソールに黄ばみがついてしまった


Aさん
アウトソールがクリアなスニーカーを購入して保管していたら、アウトソールが黄ばんでしまいました。

編集部
クリアソールの黄ばみは汚れではなく、直射日光で材質が変化してしまったのが原因です。残念ながらクリーニングで落とすことは困難です。

最近評判のアウトソールがクリアなスニーカーはカッコいいと人気ですが、その保管方法や取扱には注意が必要です。

アウトソールがクリアなスニーカーは変色が目立ちやすいので、保管方法をきちんと考えることをお勧めします。

おすすめの保管方法としては、

  • 直射日光は避ける
  • 加水分解させないように乾燥材を置く
  • スニーカー専用のジップロックの中に乾燥材とスニーカーを入れるとよりおすすめ

です。

水虫対策

Aさん
中古でほしかったスニーカーを購入したんですが、水虫が怖いので殺菌できますか?
編集部
この後ご紹介するクリーニング店では96%殺菌することができます。

中古でスニーカーを買うと気になるのが水虫や臭いです。

カビの時にもお話ししましたが、水虫の菌や臭いは生地の中にまで染み込んでいますので、それを完全になくすのはスニーカー専門のクリーニング店でないと難しいのが実情です。

5年前に購入したスニーカー

Aさん
5年前に購入したお気に入りのスニーカーをクリーニングで復活することは可能でしょうか?
編集部
まずはクリーニング店に状態を確認してもらうことが重要です。

昔お気に入りだったスニーカーを倉庫から見つけたので、クリーニングしてまた使えるようにしたい!このように考える方もいます。

クリーニング店では職人が一つ一つ丁寧にスニーカーの状態を確認するので、クリーニングできるのか見てくれます。

しかし以下のようなスニーカーでは断られるケースもありますので注意が必要です。

  • 合皮の劣化が進んだスニーカー
  • 劣化が顕著なスニーカー

またトラブルとして多いのが、あるクリーニング店でスニーカーのクリーニングを断られたのに、ほかのクリーニング店に持っていったら受け付けてくれた例です。

経験の少ないスニーカーのクリーニング店だと、普通ならクリーニングが難しいものでも受け付けてしまう可能性があります。

実際にクリーニングしてもらったのに、ひどい状態になって返却された例がたくさんあります。

このためにもスニーカーのクリーニングに実績のあるクリーニング店に依頼する必要があるのです。

スニーカーのクリーニングにおすすめの業者

Aさん
スニーカーのクリーニングにおすすめの業者を教えてください。
編集部
では今回は宅配クリーニングで一年間に35000足もクリーニング実績がある靴Lenetさんに聞いてみましょう。
靴Lenet
よろしくお願いします。
編集部
靴Lenetさんはスニーカーを洗うときにどんな特徴があるんですか?
靴Lenet
お預かりしたスニーカーは24時間かけて殺菌消臭し、そのあと職人が一足一足丁寧に手洗いしていきます。
編集部
一足ずつ手洗いするんですか!すごいですね!
靴Lenet
普通ではクリーニングできないようなスエードのスニーカーでも、弊社独自の洗浄液で生地を傷めずに丸洗いすることができます。
編集部
どんなスニーカーでもきれいになりそうですね!水虫や臭いはどうでしょうか?
靴Lenet
普通ではクリーニングできないようなスエードのスニーカーでも、弊社独自の洗浄液で生地を傷めずに丸洗いすることができます。消臭・除菌・汚れの落ち率は96%になっています。
編集部
それなら水虫や臭いも気にならないでスニーカーを使うことができますね!
靴Lenet
そうですね!また弊社は宅配クリーニングで全国から靴のクリーニングをうけることで、一年間に35000足もクリーニングをしている実績がございます。
編集部
実績も申し分なさそうです!
靴Lenet
職人が一足ずつクリーニングできそうなのかチェックしていますので安心していただけます。

スニーカーの宅配クリーニングは忙しい方でもヤマト便が自宅まで集荷に伺ってくれますので大変便利です。さらに全国から靴のクリーニングを受けているので、実績は間違いなし!

おそらくスニーカーや靴のクリーニングで一年間35000足も実績があるのは宅配クリーニングだけだと思います。

実績のあるクリーニング店探しをする手間が省けるので失敗するリスクが減りますね。

今回お伺いした靴Lenetさん以外にも宅配クリーニング店はたくさんいます。その一覧を下に書いておきますのでご覧ください。

会社名靴Lenet職宅便美靴パック
おすすめ度★★★★★★★★☆☆★★★★☆
最低料金
*一足あたり
2,480円~3,500円~3,025円~
送料3,000円以上無料
*北海道沖縄は1,960円
無料10,000円以上で無料
納期14日~7日~14日~
詳細靴Lenet職宅便美靴パック
Aさん
意外と時間がかかるんですね!
編集部
除菌・消臭で24時間。その後手洗いでスニーカーをクリーニング。生地が傷まないように自然乾燥させるので、どうしてもこのくらい時間がかかってしまいます。
Aさん
なるほど!しっかりクリーニングしてくれるから、2週間も時間がかかるんですね!納得!

またスエードの場合は別コースで職人さんが起毛ブラッシングでしみ抜きをしてくれますのでぜひ検討してみるとよいでしょう。

【↓↓↓まずは無料で相談↓↓↓】
靴Lenet