【プーマ コート ブレーカー ダービーレビュー】スエードで落ち着いたデザイン

プーマが発売するコートブレーカーダービーはクラシックなデザインで履き心地とコスパがいいスニーカーです。アッパー素材は天然皮革のスエードを使っていて落ち着いたデザインに仕上がっています。ただし一方で細身の設計なので、ジャストサイズで購入すると足が窮屈になることも多いので購入には注意が必要です。

▼コートブレーカーダービーの特徴▼

  1. フィット感と高級感があるスエード生地
  2. クッション性が高いSoftFoam+
  3. 重さは平均的な360g

この記事では

Aさん
プーマのコートブレーカーダービーの特徴って何でしょうか?

Aさん
履き心地は?

こんな疑問にお答えいたします。
created by Rinker
PUMA(プーマ)
¥4,852 (2019/11/22 22:04:14時点 Amazon調べ-詳細)
サイズ展開:22.0~30.0cm 幅: サイズ感:0.5cm大きめがおすすめ

スポンサー



【プーマ コート ブレーカー ダービーレビュー】スエードで落ち着いたデザイン

【プーマ コート ブレーカー ダービーレビュー】スエードで落ち着いたデザイン
プーマのコートブレーカーダービーは昔ながらのシンプルなデザインと天然皮革で作られてスエードになっているので落ち着いたデザインが今でも根強い人気を持っているスニーカーです。細身設計で日本人の足には合いにくいですが、天然皮革なので徐々に足に馴染んでいく性質もあるので、最初のサイズ選びさえ間違わなければとても履き心地がいいスニーカーです。

またコートブレーカーダービーの素材にはスポーツシューズでも使われる素材が採用されているので、クッション性が高く、長時間歩いていても疲れにくい素材が採用されているのもうれしいですね。

Aさん
履き心地ってどうなんでしょうか?

編集部
まずはコートブレーカーダービーを実際に履いてみた人の意見から見ていきましょう。

プーマのコートブレーカーダービーの口コミ評価第一位は履き心地の良さ

プーマのコートブレーカーダービーの口コミ評価第一位は履き心地の良さ
プーマのコートブレーカーダービーで多かった口コミでの評価は履き心地の良さでした。天然皮革なので履いているうちにフィットしていくのと、程よいクッション性がいいのが好評の理由です。しかし一方で細身設計なのでサイズが小さいという声もありました。

購入するときにワンサイズ大きめのサイズを選ぶことが重要です。最初は小さくても履いているうちにフィットしたという声もあります。またコスパがいいという声も第二位になりました。スエードの天然皮革なのにこの値段なのはとてもお買い得です。

実際にはアッパーに天然皮革と人工皮革を合わせた素材にすることでコストダウンを図っています。表面は天然皮革のスエードなので、高級感があってお買い得なスニーカーです。

created by Rinker
PUMA(プーマ)
¥4,852 (2019/11/22 22:04:14時点 Amazon調べ-詳細)
サイズ展開:22.0~30.0cm 幅: サイズ感:0.5cm大きめがおすすめ

プーマのコートブレーカーダービーのアッパー素材は天然皮革+人工皮革

プーマのコートブレーカーダービーのアッパー素材は天然皮革+人工皮革
プーマのコートブレーカーダービーのアッパー素材には、表面はスエード基調の天然皮革を使っていて、裏面の足に当たる面には人工皮革が使われていて、二層構造になっています。

見た目は表面のスエードがとてもいい感じになっていて、裏面には足当たりがいいクッション性が高い素材で作られているので、歩いていてもとてもふわふわとした足当たりになっています。

天然皮革のいいところは、見た目もそうですが、伸び縮みがしやすく、履いているうちに足にフィットしていくことです。繊維でできた一般的な安価のスニーカーは伸び縮みできないので、購入するときのサイズ選びが間違ってしまうと、足に馴染むことはありませんが、プーマのコートブレーカーダービーなら少し小さくても徐々に足に馴染んでくれます。

ただし天然皮革は防水性がないのと、定期的にメンテナンスする必要があるので注意しましょう。

プーマのコートブレーカーダービーはクッション性が高いSoftFoam+

プーマのコートブレーカーダービーはクッション性が高いSoftFoam+
プーマのコートブレーカーダービーのインナーソールにはプーマ独自のSoftFoam+を採用していて、クッション性が高く快適な素材が使われています。この素材はEVAで作られて、空気を混ぜ込んだ発泡剤なのでクッション性が高く、歩くときに足への負担を軽減してくれます。

created by Rinker
PUMA(プーマ)
¥4,852 (2019/11/22 22:04:14時点 Amazon調べ-詳細)
サイズ展開:22.0~30.0cm 幅: サイズ感:0.5cm大きめがおすすめ

プーマのコートブレーカーダービーは細身に注意

プーマのコートブレーカーダービーは細身に注意
序盤でもお話ししましたが、プーマのコートブレーカーダービーを購入するときには細身のスニーカーに仕上がっているのでサイズ選びに注意する必要があります。

上の写真は日本メーカーのアシックスKANMEI2と比較したものです。

かかとの部分と親指の付け根の部分がアシックスと比較すると、プーマのコートブレーカーダービーのほうが細身に作られていることが分かります。

細身のスニーカーは履いてみるとスタイリッシュに見えるので人気ですが、日本人の足の特徴である甲高幅広の足には合わないので、ジャストサイズで購入すると小さく感じて靴ずれの原因にもなってしまうことがあります。

プーマのコートブレーカーダービーを購入するときには0.5~1.0cm大きめのサイズを選ぶようにしましょう。

created by Rinker
PUMA(プーマ)
¥4,852 (2019/11/22 22:04:14時点 Amazon調べ-詳細)
サイズ展開:22.0~30.0cm 幅: サイズ感:0.5cm大きめがおすすめ

プーマのコートブレーカーダービーは6種類

プーマのコートブレーカーダービーは6種類
プーマのコートブレーカーダービーはテニスシューズがベースということで、スポーツシューズとしても使えるデザインから通勤・通学に使えるシンプルなデザインまで揃っています。どのデザインもシンプルでコーデしやすいスニーカーなのでおすすめです。

スエードは特に寒い秋冬シーズンに履くと暖かいので、ぜひこの秋冬はプーマのコートブレーカーダービーで決めてみるのはいかがでしょうか。

プーマのコートブレーカーダービーの重さは?

スニーカーを選ぶときに気になるのがプーマのコートブレーカーダービーの重さです。最近はランニングシューズなど、軽量化のスニーカーが増えていて、200g前半の重さのシューズも販売されるようになってきました。

肝心のプーマのコートブレーカーダービーの重さは片足で360gあります。

少し重いように感じる方もいると思いますが、この原因は天然皮革を使っているためです。天然皮革は人工皮革や繊維よりも重くなる傾向があるので、どうしてもランニングシューズと比較すると重くなってしまいます。

しかし人気のスニーカーであるコンバースのスニーカーも400gの重さを持っていることを考えれば、プーマのコートブレーカーダービーの重さは平均的なスニーカーの重さになっています。重いわけではありません。

まとめ

この記事ではプーマのコートブレーカーダービーについてレビューしました。

▼コートブレーカーダービーの特徴▼

  1. フィット感と高級感があるスエード生地
  2. クッション性が高いSoftFoam+
  3. 重さは平均的な360g

編集部
通勤・通学でおしゃれなクラシックデザインのスニーカーを探している方におすすめです。

created by Rinker
PUMA(プーマ)
¥4,852 (2019/11/22 22:04:14時点 Amazon調べ-詳細)
サイズ展開:22.0~30.0cm 幅: サイズ感:0.5cm大きめがおすすめ