たったこれだけ!?オーバープロネーションの2つの改善方法とは

参考になりましたら、シェアをお願いします!

オーバープロネーションはそれ自体が病とかではありませんが、放置しておくと足の怪我や病になることがある恐ろしい症状です。

市販品でオーバープロネーションに良い靴やインソールが売っていますが、本当に効果があるのか迷っている人も多いはず。

そこで今回はオーバープロネーションの改善方法についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク
広告中

オーバープロネーションを改選する方法


まずオーバープロネーションを改善する上で重要なポイントが二つあります。

左右の足のオーバープロネーションの程度は異なる

これはとても重要です。オーバープロネーションの原因は足のアーチの低下ですから、左右にばらつきがあって当然です。

後で述べますが、オーバープロネーション対策のシューズなどが販売されていますが、足を計測せずにそのようなシューズを履いてしまうと、足を痛める原因になりかねません。

個人差がある

オーバープロネーションの改善を検討する上で、個人差も重要なポイントです。

人によってオーバープロネーションの症状は様々。すべての人に同じような改善方法は提案できません。

この2つのポイントに関連することは、オーバープロネーションの原因となるアーチは靭帯や筋肉で出来ているため、個人差も左右差も出るということです。

痩せた人、太った人、筋肉質な人がいるように、アーチもその人の生活環境に左右されるので、オーバープロネーションの程度も様々なのです。

それではこのことを理解した上でオーバープロネーションの対策についてお話しします。

オーバープロネーションの暫定対策


オーバープロネーションの改善には、暫定的対策と恒久的対策の2つがあります。

オーバープロネーションの暫定対策とは、今のままスポーツをすると足を痛める可能性があるので、とりあえず暫定的に対策をしましょうということになります。

オーバープロネーション用シューズ


出典:https://corp.asics.com/jp/

オーバープロネーション用のシューズは簡単に説明すると、靴のアウトソールを持ち上げて角度をつけることでオーバープロネーションを改善しようとする方法です。

ですが、先ほどもお話しした通り、個人差、左右差があるので、この方法はお勧めできません。

オーバープロネーション用のシューズを履いたせいで、さらにオーバープロネーションが悪くなったり、逆にオーバーサピネーションになったりする可能性があります。

オーバープロネーション用のシューズを使うポイントは、
①左右差がないことを確認すること
②自分に合っているか確認すること

傾きが自分にあった靴なのかを確認することが大切です。確認方法は、足元を撮影しながらランニングして、オーバープロネーションを確認するしか手段がありません。

私はこのオーバープロネーション用のシューズで対策する方法はお勧めしていません。

インソール


オーバープロネーション用のインソールも販売されていますが、シューズと同じです。お勧めできません。

インソールで対応するなら、カスタムメイドインソールが良いと思います。

足型に合わせてくれるので、左右・個人差があってもオーバープロネーションをサポートしてくれます。しかし、足型だけとっても、シューズが傾いているようでは意味がありません。

一番最適なのは足と靴にカスタムできるインソールです。唯一そのインソールがありますので、こちらをご覧ください。

ビオンテックは足と靴にフィットできる唯一のインソール
ビオンテック(Biontech)は足と靴にフィットできる唯一のインソール ビオンテック(Biontech)インソールの一番の特徴は、足と...

ランニング時の姿勢を変える

意識してオーバープロネーションにならないようにランニングの姿勢を変える方法です。

ただ、この方法は絶対お勧めできません。

足をかばったランニングを行うと、ひざや腰に負担をかけます。ですからランニングの姿勢でオーバープロネーションを改善するのは絶対にやめてください。

テーピング


テーピングをしてオーバープロネーションの対策をすることが可能です。

ただし、素人ではできないのが残念です。整形外科や整骨院などでテーピングを受けてください。

オーバープロネーションの恒久対策

オーバープロネーションの原因は足のアーチの低下というお話をしました。

アーチは靭帯と筋肉で出来ていますから、これらを鍛えることでオーバープロネーションの対策ができるようになります。

扁平足でもお話ししていますが、アーチは赤ちゃんには元々なく、成長するにつれて形成されます。しかし、近年は子供が外で遊ばなくなっているため、7-8割の女子児童が扁平足になっているという話もあります。

つまりオーバープロネーション=運動不足ということです。

整形外科に見てもらう


まずは整形外科に診てもらうことが大切です。ただ、オーバープロネーションはレントゲンなどでは診断できません。

中々医師には分かり難い足の症状です。足に特化した専門のお医者さんに診てもらう必要があります。

ランニング


運動不足解消のためには、やはり何と言っても「ランニング」です。しかし運動不足のままランニングを行うと、オーバープロネーションが起きて足を痛めます。

ランニングする時には暫定対策の中のインソールを使いましょう。

また序盤は軽いランニングから始めてください。もし痛みが生じた場合はすぐにランニングをやめてください。

ランニングを定期的に行えば、足の靭帯や筋肉が鍛えられて、自然とオーバープロネーションの症状もなくなっていくことでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

オーバープロネーションを改善する上で重要なポイントは、①個人差と②左右差です。

この二つをクリアできる方法でなければ、オーバープロネーションを改善することは困難です。

インソールやテーピングなどの暫定対処を行いつつ、オーバープロネーションの原因であるアーチの低下を回復するように足を鍛えることが、オーバープロネーションを改善する方法です。

参考になりましたらシェアをお願いします。

スポンサーリンク
広告中
広告中

参考になりましたら、シェアをお願いします!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません。