お風呂上りになるといつも足がかゆい!!こんな経験ありませんか?この記事ではお風呂上りのかゆみに悩む方に

  • 足がかゆい理由・原因って何?
  • 足の裏がかゆいのは水虫だけではない理由
  • ストレスでかゆくなることってあるの?

こんな疑問にお答えします。

スポンサー



入浴後に足裏や足がかゆい原因とは

まずはお風呂上りに足がかゆくなる原因についてみていきましょう。足がかゆくなる原因は

  • 入浴後の乾燥によるもの
  • 温熱蕁麻疹(おんねつじんましん)
  • 血行促進による影響
  • ムレ
  • 入浴剤やせっけんによる影響
  • 水虫

などが考えられます。

入浴後の乾燥

一般的に入浴を長く行えば、それだけ水分が足に浸透して潤いを与えそうですが、実はそうではありません。

入浴時間が長いと角質の細胞の間隔が開いて、肌にうるおいを与えてくれるセラミドなどが流れてしまう危険があります。

「乾燥させない」というのは肌の内側に水分を保つことが重要ですので、肌の内側の水分を留めてくれるセラミドが流れてしまうと乾燥する原因となってしまいます。

また洗いすぎも注意が必要です。肌を洗いすぎてしまうとバリア機能を低下させ、足に刺激を与えるとかゆみを発生させます。

お風呂上りにかゆみを出さないためにも

  • 入浴は温度40℃、20分以内の入浴にとどめる
  • 洗いすぎないように注意する

ことに注意して入浴してみてください。

温熱蕁麻疹

温熱蕁麻疹はほとんどの人には発生しないので足のかゆみの主原因とは考えなくていいです。20~40台の女性に多い症状で、体温よりも温かいものに触れたときになるケースがあります。

出典:田辺三菱製薬

血行促進による影響

お風呂に入ると血行が促進されます。

他にもウォーキングやランニングすると足にかゆみが出る人がいます。これもお風呂上りと同じ影響です。

原因は日頃から運動せずに老廃物や乳酸がたまっていて、入浴や運動によって急激に血行を促進されると体が炎症を起こしたと勘違いして、かゆみの成分となるヒスタミンが放出されることがあります。

そもそも日頃から運動していないのが原因ですので、ジムに行ったり、ウォーキングをすることで解消されることがあります。

足のムレ

足が蒸れると保湿されて乾燥がなくなるので足のかゆみがなくなりそうですが、そうではありません。

すでにお伝えした通り、肌の外側に水分が多くなっても意味がないからです。

足が蒸れると刺激を受けやすい状態になり、足のかゆみにつながります。またムレによる雑菌の繁殖もかゆみの原因になることがあります。

足が蒸れないように注意しましょう。

入浴剤やせっけんによる影響

石鹸や入浴剤は肌に合わないこともあるので、使う場合は事前にバッチテストするのがおすすめです。バッチテストは簡単で、腕や足にせっけんや入浴剤をつけて様子を見るだけです。

もし合わないでのあれば荒れたり、乾燥したりするので、その時は使用しないようにしましょう。

また肌が弱い方はボディソープよりもせっけんを使ったほうが肌に優しいことが多いです。無添加で赤ちゃんに使っていいベビー石鹸はおすすめですよ!

水虫

水虫も足にかゆみが出る症状の一つです。水虫は白癬菌(はくせんきん)と言われるカビが感染することで起こる症状ですが、かゆみが出るのはそのうち10%ほどと言われていて、ほとんどの方が無症状のままです。

水虫もかゆみを疑う原因として考えられますが、まずはそのほかの原因を疑ってみたほうがいいでしょう。

また靴の中は蒸れることが多く、水虫が繁殖しやすい環境になることが多いです。

靴の脱臭乾燥機には白癬菌も殺菌できるタイプもありますので検討してみるといいでしょう。

ストレスでかゆくなるの?

人間はストレスを受けるとステロイドホルモンが分泌されて皮膚のかゆみを引き起こします。

体全体でかゆみを発生させますが、足が蒸れたり、刺激があったり、洗いすぎなどの要因で足だけに現れることがあります。

ストレスをなくすことは難しいですが、定期的にストレスを解消する方法を見つけておくことが重要です。