Aさん
ニューバランスのスニーカーにおすすめのインソールは何ですか?その理由も教えてほしいです。

こんな疑問にお答えします。

この記事では

  • ニューバランスにおすすめのインソール
  • インソールの選び方

についてご紹介いたします。

スポンサー



ニューバランスのインソールレビュー

ニューバランスのインソールレビュー


ニューバランスは名前の通り、新しい人にバランス感覚をもたらすという意味が込められているようにシューズでは履きやすさと足の解剖学にもどついて設計されているおすすめのシューズです。そんなニューバランスも独自のインソールを単体で販売しています。

ニューバランスのインソールを購入するとサイズに合わせてカットできる型紙がついていますので便利です。また一番おすすめのサイズカットは、今すでに入っている中敷きを取り出して、その大きさに合わせてニューバランスのインソールをサイズカットする方法です。

そうすれば間違いなくサイズを調整することができます。

ニューバランスのインソールはとにかく軽い!!!

ニューバランスのインソールはとにかく軽い!!!


ニューバランスが発売するインソールの特徴はその軽さです。おそらく今まで買ってみたインソールの中では1、2を争うほどの軽さです。シダスインソールと比較してみると、30%も軽量化に成功していることが分かります。

実際に手に取ってみると、素材自体が軽くニューバランスらしい軽さを追求したインソールに仕上がっています。またほかにもいくつか特徴があります。

ニューバランスのインソールはクッション性と反発性の優れた素材

ニューバランスのインソールはクッション性と反発性の優れた素材


ニューバランスの素材にはクッション性と反発性に優れた素材であるABZORBを採用しています。その硬さを硬度計で見てみると、A20~A25であることが分かります。


このグラフを見ると、ニューバランスの硬度は人肌~タイヤチューブの硬さの間にあることが分かります。


ちなみにスーパーフィートのインソールの硬さが消しゴムと同じA50なので、ニューバランスインソールの硬さがどれほど柔らかいかわかると思います。

安易なクッション性は注意


しかし安易にクッション性が高いインソールを選ぶことは注意が必要です。

このイラストのように歩くためには衝撃を吸収するクッション性と、推進力を得る反発力が必要だからです。

反発力を得るnew balanceインソールのスタピライザー

反発力を得るニューバランスのスタピライザー


ニューバランスのインソールはちゃんと反発力を得られるようになっています。それはこの写真でいうと赤い部分。インソール業界ではスタピライザーという部分で、硬度がA85ととても硬く、歩行時に安定性と反発力を生み出してくれます。

new balanceインソールの厚みは?


ニューバランスのインソールの厚みは先端で0.5cm、かかとで2.0cmの厚みがあります。試しに革靴に入れてみましたが、問題なく入れることができました。

インソールの中では薄いインソールの部類なので、革靴やスニーカーなどにおすすめのインソールです。

ニューバランスのインソールは深いヒールカップ

ニューバランスのインソールは深いヒールカップ


ニューバランスにはとても深いヒールカップがついています。スーパーフィートと比較しても深いことが分かりますね。

ヒールカップが深いと足首が倒れにくくオーバープロネーションが起きにくいと言われています。

また捻挫なども予防してくれるので、歩行中に足首が倒れやすかったり、捻挫しやすい方には特におすすめのインソールです。

ニューバランスインソールはつま先に通気孔

ニューバランスインソールはつま先に通気孔


ニューバランスインソールのつま先には汗などの水蒸気を逃がしてくれる通気口があります。この通気口があることでムレにくく、まるでインソールが呼吸しているかのように歩行することが可能になります。

足の蒸れやムレによる臭いが気になる方、またスポーツをする方におすすめのインソールです。

ニューバランスの中敷きの交換方法

ニューバランスの中敷きの交換方法


靴によってはインソールが接着剤で固定されていることがあるので、ニューバランスのインソールに交換できないことがあります。特にスニーカーではナイキがインソールを固定していることが多いです。

でも安心してください。

インソールは熱で軟化する接着剤で固定していることが大半なので、ドライヤーで靴を傷めない程度に温めることで簡単にインソールを交換することができます。

おすすめのニューバランス中敷き

それではおすすめのニューバランスの中敷きをご紹介します。

ニューバランス:RCP130

【スペック】

  • 衝撃吸収
  • 吸汗・速乾
  • 抗菌・消臭

こちらは普段履きのニューバランスの中敷きです。ナノテクノロジーを用いて滑らない素材を中敷きに採用しています。ニューバランスの中敷きの中では安価中敷きなので、ニューバランスの中敷きを初めて使ってみたいという入門者に最適です。

ご購入者様の評価

ご購入者様の声

men1

クッション性は、大変よろしいです。靴下も滑りません。お気に入りで、3セット持っています。

men2

NBのインソールがなかなか実店舗では見つからず、こちらで購入させていただきました。自分で調整する形になりますが、フィットして歩きやすくなりました。

men3

愛用のUS576とM1400の付属インソールと交換。なんかチューンナップした感じです。

ご購入はこちら

ニューバランス:RCP150

【スペック】

  • 衝撃吸収
  • 安定性

こちらのニューバランスの中敷きはかかとの骨を取り囲んで歩行時の安定性を上げた中敷き。すっぽりとかかとを包み込むカップが安定性と吸収衝撃をします。

使用感


使用感は疲れにくいという意見が圧倒的に多い結果になりました。ほかにも履き心地がいい、痛みが軽減するといった声が多いです。

どの靴に使っていますか


ニューバランスのスニーカーに入れるのはもちろん、コンバースのスニーカーにニューバランスのインソールを入れているケースも多くみられました。

ご購入者様の評価

ご購入者様の声

men1

歩き疲れが全然違いました。ネットでニューバランスの中敷が良いと聞き購入しました。サイズ変更もハサミで簡単に切れました。

men2

ニューバランス996に入れて使っていますが、靴が痛んできたので買い替えするため、中敷も買い替えしました。
こちらを入れるとしっかり支える感じで、足が疲れにくいように思います。

men3

まったくのクッション性がない安全靴、とても足裏が痛く、走るとダイレクトに衝撃が伝わってきていましたが、これを使うとそれらが改善されます。
柔らかすぎず、硬すぎずちょうどよい硬さ。

ご購入はこちら

ニューバランス newbalance ランニングカップインソール RCP-130A KZ


このインソールはランニングする方におすすめのニューバランスのインソールです。世界最細の繊維を使って作り上げていて、シューズの中でグリップ力が上がり、ランニングやスポーツのパフォーマンスを上げてくれます。

評価

利用者の声

men1

このインソールを履くと足の負担が軽くなるので、スニーカーだけではなくて、ブーツにも使っています。

men2

ニューバランスのインナーソールがへたってきたので交換しました。とても履き心地が良くて、新品を履いているような感じです。

men3

とても軽くて、クッション性も十分です。足が疲れにくくなります。

ご購入はこちら

ニューバランス:ベースボールインサート


こちらは発売されたばかりのニューバランスの野球用中敷き。野球の動きを分析して瞬時の動きを適切に伝えるように設計された、野球専用の中敷きです。発売間もないため、評価はありません。

ご購入はこちら

ニューバランス:フットボールインサート


こちらもニューバランスから発売されたサッカーに最適な中敷きです。表面の凹凸をつけることでグリップ力を上げてサッカーのパフォーマンスを上げてくれます。

ご購入者様の声

men1

このインソールの特徴であるフワフワ感も復活して足への負担を減らしてくれます。

ご購入はこちら

フットボールインサート インソール

ニューバランス キッズシューズ カップインソール


こちらはお子さんにおすすめのニューバランスのインソールです。汗を瞬時に吸い取る素材を使っていて、汗をかくお子様でも快適に過ごすことができます。

ご購入はこちら

ニューバランスインソール


こちらのインソールは衝撃の吸収に優れたニューバランスのインソールです。ランニング時にパフォーマンスを上げるように設計された高性能インソールで、スポーツ用途に最適です。

利用者の声

men1

ニューバランスの純正のインソールの中では一番いいインソールです。特に靴下が滑らないのが気に入りました。

ご購入はこちら