Aさん
ニューバランスのスニーカーにおすすめのインソールは何ですか?その理由も教えてほしいです。

こんな疑問にお答えします。

この記事では

  • ニューバランスにおすすめのインソール
  • インソールの選び方
  • についてご紹介いたします。

    スポンサーリンク




    ニューバランスのおすすめ中敷き4選


    シューズメーカーとして有名なニューバランス。でもニューバランスが中敷きも売っていることをご存知ですか?

    ニューバランスの靴にニューバランスの中敷きを入れるのはもちろんですが、他の靴にもニューバランスの中敷きを入れることも考えた方がいいかもしれません。

    シューズメーカーは中敷きだけを売りがらない

    意外かもしれませんが、シューズメーカーでインソール単品を売っている会社は多くありません。有名どころで言うと、ナイキは中敷きだけの販売はしていません。

    インソールはインソール専売メーカーが作るという風習があるからです。なぜでしょうか。

    リスクを嫌う


    一番の理由はリスクを嫌うということです。

    ニューバランスをはじめシューズメーカーは誰にでも履けるように平均的な靴や中敷きを設計しています。シューズメーカーは足の動きを矯正する設計を中敷きに採用してしまうとクレームになってしまうため、やりたがらないのです。

    その人にあう靴はサイズや横幅などで決まります。ただでさえ自分に合う靴を探すのが大変なのに、さらに中敷きまで探すとなると返品は多くなりますし、種類が膨大になってしまうのです。

    そこで靴と中敷きで棲み分けができて、それぞれ専業メーカーとして成長していったのです。

    そんな中、ニューバランスはシューズメーカーとしては有名ですが、中敷きも販売する数少ない会社なのです。シューズメーカーであるニューバランスが直接中敷きも作っているので安心ですね。

    きっとニューバランスは靴にあった中敷きを開発してくれているはずです。

    中敷きの選び方


    中敷きを選ぶポイントについて考えて見ましょう。そもそも中敷きとはアーチをサポートする目的で作られたのが始めです。

    クッション性中敷き


    中敷きにクッションがあると足にかかる衝撃が少なくなり、パフォーマンスを引き出せそうです。しかしクッション性の中敷きはこちらではあまりお勧めをしていません。

    理由は、パフォーマンスを奪うからです。

    皆さんは全力でダッシュする時に砂浜と陸上トラックのどちらが走りやすいでしょうか。

    砂浜で100mの新記録を打ち立てる人はいないはずです。

    勢いよく蹴りだすためには反発力が必須なのです。中敷きが柔らかいと反発力が得られずに、余計筋力を使うことになり、歩くだけでも疲れやすくなるのです。

    したがって中敷きを選ぶときには硬めの中敷きを選ぶようにしましょう。

    スポーツでパフォーマンスを出したい方はアーチサポート


    スポーツでパフォーマンスを上げたい方は土踏まずを持ち上げたアーチサポートがおすすめです。アーチは①推進力を得るため、②足を衝撃から守るため、③パフォーマンスを上げるために必要不可欠な足の機能です。


    足のアーチはカメラの三脚に例えるとわかりやすいです。カメラは一脚や2脚では安定して立たせることができません。

    人間が直立二足歩行するために獲得したのがアーチなのです。しかしアーチは筋肉でできているので、運動不足になるとアーチが低下して偏平足や外反母趾などの症状を引き起こします。

    またアーチが低下すると衝撃を吸収することができなくなり、疲れやすくなったり、歩いた時に捻挫することがあります。

    そのためにもニューバランスのインソールはアーチをサポートするインソールがおすすめです。

    おすすめのニューバランス中敷き

    それではおすすめのニューバランスの中敷きをご紹介します。

    ニューバランス:RCP130

    【スペック】

  • 衝撃吸収
  • 吸汗・速乾
  • 抗菌・消臭
  • こちらは普段履きのニューバランスの中敷きです。ナノテクノロジーを用いて滑らない素材を中敷きに採用しています。ニューバランスの中敷きの中では安価中敷きなので、ニューバランスの中敷きを初めて使ってみたいという入門者に最適です。

    ご購入者様の評価

    ご購入者様の声

    クッション性は、大変よろしいです。靴下も滑りません。お気に入りで、3セット持っています。唯一の欠点は、先がデカいことです。
    NBのインソールがなかなか実店舗では見つからず、こちらで購入させていただきました。自分で調整する形になりますが、フィットして歩きやすくなりました。
    愛用のUS576とM1400の付属インソールと交換。
    なんかチューンナップした感じです。。

    ご購入はこちら

    ニューバランス:RCP150

    【スペック】

  • 衝撃吸収
  • 安定性
  • こちらのニューバランスの中敷きはかかとの骨を取り囲んで歩行時の安定性を上げた中敷き。すっぽりとかかとを包み込むカップが安定性と吸収衝撃をします。

    使用感


    使用感は疲れにくいという意見が圧倒的に多い結果になりました。ほかにも履き心地がいい、痛みが軽減するといった声が多いです。

    どの靴に使っていますか


    ニューバランスのスニーカーに入れるのはもちろん、コンバースのスニーカーにニューバランスのインソールを入れているケースも多くみられました。

    ご購入者様の評価

    ご購入者様の声

    歩き疲れが全然違いました。
    ネットでニューバランスの中敷が良いと聞き購入しました。サイズ変更もハサミで簡単に切れました。
    ニューバランス996に入れて使っていますが、靴が痛んできたので買い替えするため、中敷も買い替えしました。
    こちらを入れるとしっかり支える感じで、足が疲れにくいように思います。
    まったくのクッション性がない安全靴、とても足裏が痛く、走るとダイレクトに衝撃が伝わってきていましたが、これを使うとそれらが改善されます。
    柔らかすぎず、硬すぎずちょうどよい硬さ。

    ご購入はこちら

    ニューバランス:ベースボールインサート


    こちらは発売されたばかりのニューバランスの野球用中敷き。野球の動きを分析して瞬時の動きを適切に伝えるように設計された、野球専用の中敷きです。発売間もないため、評価はありません。

    ご購入者様の評価

    なし

    ご購入者様の声

    なし

    ご購入はこちら

    ニューバランス:フットボールインサート


    こちらもニューバランスから発売されたサッカーに最適な中敷きです。表面の凹凸をつけることでグリップ力を上げてサッカーのパフォーマンスを上げてくれます。

    ご購入者様の評価

    なし

    ご購入者様の声

    また、このインソールの特徴である
    フワフワ感も復活して
    足への負担を減らしてくれます。

    ご購入はこちら

    足にお悩みがありませんか?

    靴やインソールはすでに形が決まっているので、あなたの足に合っていません。本来は足に合った靴やインソールを着用するものですが、いつの間にか逆転して靴やインソールに足を合わせる時代になってしまいました。そんな方におすすめしたいのがBiontech。Biontechは電子レンジで加熱することで、あなたの足の形に成形できるインソールです。足に悩みを持つ方におすすめのインソールです。