Aさん
革靴のクリーニングをしたいのですが、失敗しそうで怖いです。10年間も履いてなかった革靴でも蘇らせることは可能ですか?。

こういった疑問にお答えします。

この記事では

  • 革靴のクリーニングで多い失敗例について
  • 自分で革靴のクリーニングは自分でできる?
  • 靴のクリーニングでも革靴は特殊な理由
  • こういった疑問にお答えします。

    革靴のおすすめクリーニング


    革靴はスニーカーと違って下手にクリーニングするとしわになったり、色が落ちたりといろんなトラブルが起きています。せっかく高く買った革靴ですからクリーニングも万全にしたいところです。また10年間履いていなかった革靴をクリーニングで蘇らせたいという話も多いです。

    まずは革靴のクリーニングをしたときに多い失敗例から見ていきましょう。

    補色で失敗する

    Aさん
    近くの靴のクリーニング屋さんにヌメ革のクリーニングをお願いしたらベタベタに補色されて戻ってきました。何とかなりませんか?

    革靴はヌメ革に限らず色を安定させるために染めていることがほとんどです。そのため色が落ちてきた場合は補色クリームをつけることが一般的です。しかしあまり革靴のクリーニングの経験がない店舗にお願いするととんでもない状態で戻ってくることがあります。

    まずはその店舗が革靴のクリーニングに実績があるのか見る必要があります。革靴は職人が手でクリーニングしていることがほとんどなので、職人にスキルによって差が出てしまいます。

    一度顔料や染料で色を付けてしまった革靴は色を落とすことが困難になりますので、クリーニング店選びは慎重に行いましょう。

    傷がついて戻ってきた

    Aさん
    革靴のクリーニングをお願いしたら傷がついて戻ってきました

    これも多い相談の一つです。手で革靴をクリーニングする以上、傷がつくのはあり得ることですが、ちゃんとしたクリーニング店であれば事前にその革靴がクリーニングできそうなのかチェックしてくれます。

    特に10年も使っていなかった革靴ほど傷なしでクリーニングすることは難しく、ほとんどのクリーニング店では断られるケースが多いようです。

    もしあなたが革靴のクリーニングで断られ続けてやっと「いいよ!」と言ってくれたクリーニング店を見つけてお願いするのであれば、そのお店が本当に経験があるのかチェックが必要ですね。

    もしクリーニングを断られたとしたら、その理由も一緒に聞いてみるのがおすすめです。理由を聞いてみると納得できるだけはなく、ほかの店舗でクリーニングできると言われても確認することができるので、クリーニングを失敗することが少なくなります。

    シミがついてしまった

    革靴にしみがついて戻ってきたことも、革靴のクリーニングで多い失敗例のひとつです。革靴にしみがなくても、洗浄後にしみができるケースがあります。

    それは革靴にカビがついてしまって、そのカビを取るとカビの色素が革靴やスエードの生地に残ってシミになることです。クリーニング店ではカビもしっかりとってくれるところが多いですが、気が利いた店舗であればそのあとに補色してシミを消すのか聞いてくれるお店もあります。

    また元々革靴に雨や汚れでシミになってしまった場合は補色することでシミを目立たなくすることができます。

    革靴のクリーニングは経験の豊富な専門家がおすすめ


    革靴のクリーニングでの失敗例をお話ししましたが、自分で革靴をクリーニングすることは大変危険です。

    クリーニング店でも失敗するケースが多いのに、革靴のクリーニング経験がない人がクリーニングをするなんてさらに難しいです。

    ダメ元でやるならいいですが、革靴ということで値段も高いので専門家にお願いしたほうが間違いありません。また専門家と言ってもクリーニング店=専門家というわけではないので注意が必要です。

    革靴のクリーニング経験が豊富な店舗に依頼すると失敗することも少なくなります。

    でも革靴のクリーニング経験があるかどうかなんて、店舗を見ただけではわかりません。そんな方におすすめなのが宅配の靴クリーニングをしてくれる会社です。

    値段もリーズナブルで、店舗に足を運ぶ必要もないので最近話題のクリーニング方法です。

    革靴クリーニングの専門家にお願いする方法


    革靴のクリーニングは宅配クリーニング店にお願いするといちいち店舗に足を運ばなくて便利です。

    そこで革靴のクリーニングをしてくれる会社についてまとめてみました。

    宅配のクリーニング会社は宅配ということもあって革靴のクリーニングの経験値が高く、手洗いでしっかりと対応してくれるのがおすすめする理由です。

    店舗だと革靴のクリーニングの経験がなくてトラブルになってしまうケースがありますのでおすすめの方法です。

    会社名靴Lenet職宅便美靴パック
    おすすめ度★★★★★★★★☆☆★★★★☆
    最低料金
    *一足あたり
    2,480円~3,000円~2,750円~
    送料3,000円以上無料
    *北海道沖縄は1,960円
    無料10,000円以上で無料
    納期14日~7日~14日~
    詳細靴Lenet職宅便美靴パック
    Aさん
    宅配って便利だけどちょっと不安です

    このように不安に感じることもあると思います。

    皆さんが宅配クリーニングで不安に感じることについて聞きました。

    編集部
    今回はよろしくお願いいたします!
    靴Lenet
    よろしくお願いします
    編集部
    まず初めにお聞きしたいのが10年前に革靴でもクリーニング可能かどうかです。どうでしょうか。
    靴Lenet
    残念ながら製造から5年以上経過した革靴についてはクリーニングをお断りさせていただいています。その他にも劣化がひどい場合や中敷きが接着されている革靴、装飾品が多くてクリーニング中にとれるものもお断りさせていただくことがございます。
    編集部
    もしクリーニングができないと判断されたときはどのようになるのでしょうか。

    靴Lenet
    往復分の送料として¥980円だけ頂くことになります。また丸洗いができない場合は拭き上げ保証というサービスを提供しています。独自の洗剤を含ませた布で丁寧に拭き落とします。多少劣化してもいいからきれいにしてほしいというお客様から好評です。

    ※北海道・沖縄は¥1,960

    クリーニングできない場合は、送料分が少し痛いですが、拭き上げ保証で職人がきれいにしてくれるのでお勧めです。拭き上げ保証するかどうかはあなたが決めることができるので安心してください。

    革靴の洗い方は?

    編集部
    革靴の洗い方について教えてください。
    靴Lenet
    革靴は24時間かけて除菌消臭します。除菌液は弊社で開発した独自のものを使って革を傷めることなく除菌・消臭しています。
    編集部
    除菌率は96%になるそうですね!足の臭いに困っていたので助かります。
    靴Lenet
    そのあと職人が一足ずつ手洗いで革に栄養を与えながら洗っていきます。年間35000足以上の実績がある職人がクリーニングしていますので安心してください!
    編集部
    経験のない店舗に任せるより安心です!
    靴Lenet
    革靴はダメージを与えないよう20-30℃に保った部屋で自然乾燥させます。乾燥室を専門に持っていることも弊社の強みです。
    編集部
    確かに!店舗だと職人はいても設備がないとダメージを与えてしまう可能性がありますね!
    靴Lenet
    その後再び職人が保湿クリームを使ったり、補色して、スエードの場合は起毛ブラシを使って仕上げていきます。仕上がるまでに14日かかります。
    編集部
    14日と時間はかかりますが、時間をかけてしっかりやってくれているので安心です。

    靴Lenetは実績も豊富で熟練の職人があなたの革靴を責任をもってクリーニングしてくれます。その辺の経験がないかもしれない店舗に任せるよりも安心です。

    宅配だからこそ、年間35000足もの実績がありますので、ぜひ革靴のクリーニングを試してみてはいかがでしょうか。

    >>靴Lenetの詳細を確認する