雨の日や雪の日に大活躍してくれる防水靴。でも完全に水をシャットダウンしてくれる防水靴というと長靴のようなデザインが悪い防水靴を想像する方も多いはず。

でも最近はおしゃれな完全防水靴も増えています。

そこで今回は防水靴の選び方とおすすめの防水靴をご紹介いたします。

スポンサーリンク




防水靴の選び方


防水靴と一言で言ってもいろんな種類があり、防水靴と言いながら雨の日に使っていると水が染み込むこんだ経験も多いのではないでしょうか。まずは防水靴について正しい知識を持つ必要があります。

防水靴は大きく分けると

  1. 完全防水
  2. 部分防水
  3. 撥水防水

に分けられると思います。

それぞれどんな防水靴なのか見ていきましょう。

完全防水靴


水は靴の生地の隙間から侵入してきます。スニーカーなどの靴では繊維を編み込んで作っているので、編み込みから侵入してきます。また革靴では靴紐を結ぶアッパーから水が浸入してきます。

完全防水靴とは長靴のように靴全体が一体成形で作られた縫い目のない靴のことで、水圧を上げても水が浸入しないことが特徴です。

しかしデメリットとして、どうしてもデザイン性に劣るため、見た目が長靴のように見えてしまうデメリットがあります。

部分防水


ほとんどのスニーカーや革靴に当てはまるのが部分防水で、「**cmまで防水」といった表記がされています。

アウトソールと言われる靴の最下面のゴム層を厚くして水の侵入を止める方法です。

このタイプの防水靴はアッパーと言われる靴の上面は防水されていないので、そこに雨が当たれば水は侵入してしまいます。何cmまで防水されているのかをチェックして、雨の日は後述する撥水スプレーをするとよいでしょう。


よくこのような表記がされているのでチェックしてみてください。

撥水防水

撥水 靴
撥水とは文字の通り水を弾くことです。靴に限らずリュックやカッパなど様々な防水グッズに使われるものです。靴にも撥水スプレーを使うことで水を弾いてくれますが、水圧を上げると水が浸入してくるため、過度な期待は禁物です。

撥水加工の注意点

  1. 素材によって使う撥水スプレーの種類が違う
  2. 定期的にメンテナンスが必要
  3. 水圧を上げると水が浸入する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

素材によって使う撥水スプレーの種類が違う

撥水スプレーにはシリコン系とフッ素系の二種類があります。この二種類は使い分けが重要で間違えるとシミになったり通気性が失われることがありますので注意が必要です。

靴で使う場合はフッ素系の一択で大丈夫です。

シリコンのほうが値段的に安いですが、革靴などに使ってしまうとシミになることがあります。

定期的にメンテナンスが必要


撥水スプレーは生地表面に水を弾く性能をつけるため、時間が経過すると効果が落ちてきます。面倒ですが定期的にメンテナンスする必要があります。

メンテするときに注意点がありますのでチェックしましょう。

撥水スプレーのメンテナンス

  1. 撥水スプレーを塗る前に埃や汚れを落とす
  2. 30cmほど離して満遍なくスプレーする
  3. 乾燥させて二回繰り返す

特に最初の掃除することはとても重要です。スプレーする前には靴の汚れや埃を落としましょう。

水圧を上げると水が浸入する


撥水スプレーは防水ではありません。水だまりに入ったり、豪雨のような状況では水を弾ききれず、靴の中が濡れてしまいます。

また防水靴のメンテナンスを怠ってしまうと水が浸入しやすくなります。

撥水スプレーについて過度な期待は禁物です。

おすすめのおしゃれな防水靴

それではおすすめの防水靴についてご紹介いたします。通販サイトの口コミから評判が良くてコスパがいい防水靴を厳選しました。ぜひ参考にしてみてください。

2way 防水靴 556-3678

【スペック】
■サイズ:22.0-25.5
■性能:水深4cm、6時間防水
■サイズ感:ワンサイズ大きめがおすすめ
■価格:5292円2018/10現在

こちらは水深4.0cmまで防水してくれるおしゃれな防水靴です。独自の設計で軽量化に成功し、今までよりも15%も軽くなっているおすすめの防水靴です。

評価

利用者の声

完全に防水でしかも軽くて履きやすく、脱ぎっぱなしで置いといても自然に乾いていました。これは素晴らしい。お手入れがさほどいらないようなので大変気に入ったので晴れの日でも履いてます。
幅広タイプなので靴選びは大変ですがこちらのは丁度良いです。周りの人から「可愛い」と言ってもらえます。大雨の時は履きませんが雨以外の時も履けるので重宝しています。
念のため防水スプレーを噴いてから使用しましたが、小雨程度ならば水が漏れることもなく履けています。雨が止んでもオシャレな普通のブーツとして使えます。

ご購入はこちら

Celeble 防水 ムートンブーツ

【スペック】
■サイズ:22.0-26.0
■性能:水深4cm、4時間
■サイズ感:ワンサイズ大きめがおすすめ
■価格:3890円2018/10現在

Celebleの防水ムートンブーツは冬におすすめの防水靴です。スエード調の生地がとてもかわいく、値段もお手頃なのでコスパがいいおすすめの防水靴です。中がふわふわなのて履いた瞬間気持ちいいので病みつきになります。

評価

利用者の声

防水で丈の長いブーツを探していてこちらがまさに理想通りでしたので購入しました。
防水部分は4cmですが、十分だし、上部まで丈のあるブーツなので温かく利用できます。
防水スプレーをかけて雨と雪でビシャビシャな道を2日間歩き回りましたが、浸水しなかったです。
軽いし脱ぐのも簡単だし、ファーも暖かいし購入して良かったです。
ただ、長時間履き続けたせいか脱いだ時の匂いが…。消臭は必須です。
暖かくてサイズもピッタリでした。曲げて使うとモコモコがすごいです。伸ばしたままでもスッキリしていい感じです。これで防水、しかも送料無料でこの価格は大満足です。

ご購入はこちら

ラブ シャロン レインブーツ

【スペック】
■サイズ:23.0-27.0
■性能:
■サイズ感:ワンサイズ大きめがおすすめ
■価格:5990円2018/10現在

ラブ シャロンの防水靴は見た目がおしゃれで水をしっかりと弾いてくれるおすすめの防水靴です。少しゴムの臭いがきついという口コミがありますが、脱臭すれば大丈夫です。

評価

利用者の声

WEBの写真通りで見た目もおしゃれ♪
作りもしっかりしていて、雨の日以外もいけそうな感じです
パンプスやサンダルは強い雨だと結局濡れてしまいますがこちらは心配ありません。
これなら雨が降っても濡れなくて安心です。
超かわいい早く履いてお出かけしたいなぁ~~

ご購入はこちら

moonstar ムーンスター 防水

【スペック】
■サイズ:24.0-28.0
■性能:4cm、4時間
■サイズ感:ワンサイズ小さめがおすすめ
■価格:3695円2018/10現在

moonstar ムーンスター 防水靴はスニーカーのように履くことができてカジュアルなのがおすすめです。スエード調の生地もあるので、大人の方でも安心して履くことができます。

評価

利用者の声

グランドゴルフなどのスポーツをする時にも使用するので、防水も利いていて軽くて履きやすいと気に入ったみたいです。カーキ色を購入しましたが落ち着いたお洒落な色でした。
グリップもよく、防水もたしかです。買ってよかった商品です。
常に水気のある仕事場の為、防水用のものを探しておりましたが、デザイン、質感とも素晴らしいものでした。履き心地もよく、コスパ最高です。3足で1足分の価格ではないでしょうか? しかも月星さんのものですからとても安心ですね。

ご購入はこちら

L-6070B ラーキンス 防水靴

【スペック】
■サイズ:25.0-28.0
■性能:6cm、6時間
■サイズ感:ジャスト~ワンサイズ小さめがおすすめ
■価格:2990円2018/10現在

こちらはラーキンスのおすすめの防水靴です。スニーカーで防水性能が6cm、6時間と防水靴の中では一番優れる部類の防水靴に当たります。

評価

利用者の声

真冬でも雪が積もらないところに住んでいますが、突然の雨等、防水機能が付いているのは安心感があります。
近場に買い物に行きましたが履き心地も良く、お値段以上の価値ある商品だと思います。
防水加工で、靴のデザインもよく、色は本人の好きなキャメル。しっかり
したつくりで、履きやすい。歩きやすい。とても喜んでくれました。
防水で、雪道歩くのに、助かります
また、リピしたいです
あと、靴のニシムラさんの企業のお手紙が良かった
また、こちらで買いたいです

ご購入はこちら

足にお悩みがありませんか?

靴やインソールはすでに形が決まっているので、あなたの足に合っていません。本来は足に合った靴やインソールを着用するものですが、いつの間にか逆転して靴やインソールに足を合わせる時代になってしまいました。そんな方におすすめしたいのがBiontech。Biontechは電子レンジで加熱することで、あなたの足の形に成形できるインソールです。足に悩みを持つ方におすすめのインソールです。