足の爪を切ると腐ったような臭いがしたり、ついつい親指の臭いを嗅いでしまう方もいると思います。足は雑菌が繁殖しやすく、雑菌によって放出されたイソ吉草酸によって強烈な臭いを出すことがあります。

でもその臭いの原因の足の爪の垢を爪楊枝でとってしまうと陥入爪になってしまうので、適切に対処する必要があります。

そこで今回は足の爪の嫌な臭いの対策についてご紹介いたします。



足の爪の臭いの原因とは


最初にもお話しした通り、足の爪の臭いは垢が臭っているわけでも、汗が臭いを放つわけでもありません。その原因は雑菌が垢や汗などの水分を餌にして繁殖することでイソ吉草酸などのにおい成分を放っています。

足の爪の垢が臭うのは、雑菌がたくさん繁殖している証拠なのです。

また水虫になっている方は、水虫そのものは臭いを発しませんが、水虫に感染することで免疫力が落ちて雑菌が繁殖しやすい環境を作ることがあります。

垢は親指の内側にたまりやすい


足の爪の垢は親指の内側の部分にたまりやすい傾向があります。黒い靴下を履くと爪の中が黒くなるのですぐわかると思います。

この部分は靴下とも接触しやすく、足から落ちた角質や垢がたまりやすい部分なんです。そこに一日でコップ一杯分の汗をかくと言われる足の汗によってどんどん雑菌が繁殖していきます。

チーズが腐ったような独特な臭いです。

またある人はへそのごまと同じ臭いがするという方もいます。

色は人にもよりますが、白っぽく、少し黄色っぽい色をしていて、老廃物なんかではなく、垢や角質に雑菌が繁殖してベトベトした質感の垢になります。適切にケアしないとどんどん強烈な臭いを発してくるので注意が必要です。

放っておくとトラブルに


この爪にたまった垢は雑菌がたくさん繁殖している証拠なので、そのまま放置しておくと炎症を起こして腫れたり痛みを伴う可能性があります。特に爪楊枝などで掃除していると、足の爪の中が傷ついてしまって、そこに雑菌が入ってしまうと炎症を起こして可能する危険性があります。

一度足の爪の垢をきれいにとっても、雑菌が繁殖しやすい環境がなくなっているわけではないので、とても危険なんです。

またそのまま放置しておくと臭いがどんどんきつくなり、簡単に臭いが取れなくなる可能性もあります。

足の爪の臭いの対策

では足の爪の臭いの対策にはどんなことが有効なのでしょうか。その対策には3つあります。

足の爪の臭いの対策

  1. 足の爪を切る
  2. 足に爪の中を清掃する
  3. 殺菌する
  4. 靴の環境を整える

それぞれについてみていきましょう。

足の爪を切る


足の爪を丸くサークルカットでカットする人は多いと思いますが、あまり良い爪の切り方とは言えません。足の爪を切るときにはスクエアカットが基本です。

その理由は巻き爪の防止と、歩いているときにサークルカットだと靴からの衝撃を一点に受けてしまうため、爪が割れてしまう可能性があるからです。爪が割れてしまっては雑菌がそこから侵入するため、足の爪に垢がたまる方は特に注意が必要です。

また足の爪を切りすぎるのもNGです。

足の爪の切り方についてはこちらの記事詳しく書いていますのでご覧ください。

足に爪の中の清掃


足の爪の中を掃除するときには陥入爪いならないように足の爪専用のブラシで垢を掻き出してあげることが大切です。ブラシを使うことで爪の中や足の指の皮膚を傷つけずに雑菌を排除することができます。

通販サイトで1000円以内で購入できるのでぜひ試してみましょう。

殺菌する


ブラシで垢を掻き出しても雑菌はまだ爪の中に存在しています。またこの雑菌は空気中などどこにでもいるので、爪の中を殺菌して雑菌が繁殖しにくい環境を整えてあげることが重要です。

残念ながら雑菌の繁殖に必要な垢や角質、汗は止めることができません。

であれば、毎日お風呂上りに爪の中を殺菌してあげることで、雑菌が繁殖しにくい環境を作ってあげることができます。足の殺菌と消毒をしてくれる、足専用のソープが販売されていますので、こちらをブラシにつけて垢を掻き出してあげると効果的です。

靴の環境を整える


出典:amazon
そして一番忘れがちなのが靴の環境を整えてあげることです。

よく考えてみてください。

足は毎日洗いますよね。

靴下も毎日洗っているはずです。

靴は???

・・・・・

そう!足の臭いや靴の臭いがひどくなるのは、靴の環境が雑菌が繁殖するのに最適な環境になっていることがあります。

足や靴下を毎日洗うのであれば、靴も毎日洗うべきなのです。

でもそうはいっても靴を毎日洗うなんて大変ですよね。こちらの記事にその方法について詳しく書いていますのでぜひ参考にしてみてください。