50dBのエアライトスニーカーはアマゾンや楽天などネット通販ショップで広く展開しているブランドで大阪市にあるトリニティワークス株式会社が展開しています。人気のファッション誌「Ray」にも紹介されている安くてクッション性の高いエアソールが入っているスニーカーです。

この記事では50dBのエアライトスニーカーについてレビューしていきます。

スポンサー



50dBエアライトスニーカーの特徴

50dBスニーカーの特徴

まずは50dBエアライトスニーカーの特徴についてまとめてみました。50dBのエアライトスニーカーの一番の特徴はクッション性が高いエアソールです。実際に履いてみた人の意見を見てみると、ほとんどの方がクッション性が高くて履き心地がいいという意見でした。

また片足が245gと軽量のスニーカー設計になっています。ランニング用の最軽量スニーカーは160gと50dBよりも軽いスニーカーがありますがクッション性が乏しいため、かえって足に負担がかかることがあります。しかし50dBのエアライトスニーカーはエアソールでクッション性が高い設計にしているため、245gとなっています。

また価格帯が安くて2000円台で購入できるのもメリットです。クッション性が高くて安いスニーカーを探している方におすすめです。

50dBエアライトのクッション性の秘密

50dBのクッション性の秘密

50dBのエアライトスニーカーには、かかとに衝撃を緩和するエアソールが入っています。このエアソールが高いクッション性を生み着地時の衝撃から足を守ってくれます。

歩くときにはこのイラストのように、かかとから着地して、つま先立ちになってけり出すため、かかとにクッション性が高いと地面からの衝撃を緩和してくれます。

50dBエアライトのアウトソールは防滑性が高い

50dBのアウトソールは防滑性が高い

また50dBエアライトスニーカーのアウトソールと言われる靴底には、ナイキのワッフルからヒントを得たワッフルソールに類似するアウトソールを採用していて防滑性がとても高くなっています。

グリップ力が増すので地面に力を伝えやすくなりけり出しの推進力を得やすくなるためスポーツにも最適なアウトソールです。

50dBのエアライトスニーカーはインソールにもこだわり

50dBのスニーカーはインソールにもこだわり

50dBのエアライトスニーカーは靴だけに特徴があるわけではありません。インソールにここだわっています。インソールにはクッション性が高くなるようにハチの巣構造になっていて衝撃を緩和できるようになっています。

スニーカーのエアソールとハチの巣構造のインソールの二つで高いクッション性を実現しているのです。

またヒールには深いヒールカップが採用されているので足がスニーカーの中で動かず横滑りを防止するため、疲れにくくなっています。

足がスニーカーの中で動いてしまうと疲労を生みます。試しに靴ひもをほどいて歩いてみると分かりますよ。

50dBエアライトスニーカーの生地は通気性が高い

50dBスニーカーの生地は通気性が高い

50dBのエアライトスニーカーの生地には汗をかいても蒸れることがないようにメッシュ生地を採用しています。足が蒸れると細菌が繁殖し、においの原因になってしまいます。

50dBのエアライトスニーカーは通気性が高いポリエステル繊維で作られているため、蒸れにくく足の臭いから守ってくれます。

50dBエアライトスニーカーの評判・口コミの評価

50dBエアライトスニーカーの評判・口コミの評価

実際に50dBのエアライトスニーカーを履いてみた人の意見をまとめてみました。

やはりエアソールとハチの巣構造のインソールでクッション性が高いという意見がとても多かったです。クッション性が高いので、履き心地が良くて疲れにくいという意見も多い結果となりました。

一方で低評価の意見として多いのは壊れやすかったという意見です。値段が2000円台と格安のスニーカーなので、長い時間使うことを想定するのは難しいでしょう。

50dBのエアライトスニーカーを履くのであれば割り切って履くことが重要です。

まとめ

この記事では50dBのエアライトスニーカーについてご紹介いたしました。特徴をまとめてみると

▼エアライトスニーカーのメリット▼
  • エアソールとハチの巣インソールでクッション性が高い
  • 片足245gの軽量化
  • 横滑りを防止するインソール
  • 2000円台と格安

値段が安くてクッション性が高いスニーカーを探している方におすすめです。