かかとや小指の靴擦れ予防するグッズBest4

参考になりましたら、シェアをお願いします!

やっとお気に入りの靴を見つけたのに、履いてみたら靴擦れして靴下が血で真っ赤になってしまった。きっと一度はそんな経験があると思います。しかし靴擦れ予防をしようと思っても、つい予防を忘れたり、予防する前に靴擦れになってから気づくものです。

そもそもなんで靴擦れが起こるのでしょうか。靴擦れの原因が分かれば、靴擦れに対して適切な予防をすることができるはずです。

そこで今回は靴擦れの予防についてお伝えいたします。

スポンサーリンク
広告中

靴擦れの原因とは?予防は?


靴擦れの原因について皆さんは知っているのでしょうか。靴擦れの原因を知らないと、適切な予防をすることができなくなります。

まず靴擦れは以下の三つに分類されます。

  • 痛みが出る
  • 出血する
  • 水膨れができる
  • この三つが靴擦れによって起こる体の影響です。一日歩いていて、帰ってきてお風呂に入ったら足がヒリヒリする。この症状は痛みが出る靴擦れです。また靴下が真っ赤になる人もいるかもしれません。水膨れになる人もいるでしょう。何とか予防して、これらの症状を軽減したいですよね。

    靴擦れの原因は二つある

    靴擦れが起こる原因は、大きく分けて二つあります。

    ①靴の摩擦によるもの
    ②圧迫されて足の組織を傷める

    水膨れはこれらの原因によって組織が傷つき、それを修復するためにリンパ液などの体液が溜まっている状態なのです。みなさんが子供のころ、鉄棒をしすぎて手に水膨れができたことがありませんか?また野球部に所属していて、バットの素振りで手に水膨れができた人もいるかもしれません。つまり①、②の予防をすることが、靴擦れの予防になるのです。

    靴擦れ予防①摩擦


    靴擦れ予防をするためにまず大切なのは、摩擦を無くすことです。足が靴にあっていないと、靴の中で足が動いてしまい、摩擦が発生します。足に摩擦がかかると、皮がむけて痛めたり、水膨れになることがあるのです。

    したがって、このタイプの靴擦れを予防するためには、足と靴をフィットさせて動かないようにすることが大切です。

    足と靴をフィットさせる方法

    足と靴をフィットさせるのはとても難しいです。なぜなら足は人それぞれ違う形状になっているため、平均的な形状で作られている靴に対して、ご自身の足に合う靴を見つけるのが大変だからです。

    そこで足と靴をフィットさせるためには、インソールを着用して靴擦れの予防をすることをおすすめしています。

    靴擦れ予防②足の圧迫

    足の圧迫は靴が新しいと靴の皮が硬いため、足を圧迫してしまうケースが多いです。新しい靴を買って起こる靴擦れの主要因ですね。かかとや親指・小指など、足が出っ張っている個所が靴擦れするケースが多いようです。

    このタイプの靴擦れを予防するためには、皮を柔らかくすることがベストです。ただしこの靴擦れを予防せずに我慢して履いて、だんだんを柔らかくするのは良くありません。簡単に靴擦れを予防する、靴を柔らかくする方法があります。

    まずは何が原因で靴擦れになっているのかを確認してみましょう。新しい靴を履いて靴擦れになっているのであれば、靴を柔らかくする方法が靴擦れの予防にベストです。新しいシューズでなくても靴擦れになっている方は、摩擦が起きないように、シューズの中で足が動かないインソールを着用する予防がベストです。

    何が原因で靴擦れになっているのかを確認することで、適切な予防をすることができるようになります。

    靴擦れする部分はどこが多いのか


    靴擦れする部分はどこがいいのでしょうか。靴擦れが多い場所が分かると、その予防をしやすくなります。

    ①かかと
    ②親指
    ③指の間
    ④小指
    ⑤足の甲

    この中で靴擦れしやすい部分は、①と②、④でしょう。この部分は出っ張っているため、シューズに当たりやすいためです。そのため、この部分を保護するだけでも靴擦れの予防になります。

    また⑤はインソールを入れた時に置きやすい靴擦れです。インソールを入れると高さがかさ上げされるため、足の甲が靴のアッパーソールに当たってしまいます。

    新しいインソールを着用する時には、今まであったものを取り外すことで靴擦れの予防になります。

    靴擦れにおすすめの予防グッズ

    それでは靴擦れ予防のグッズについて見ていきましょう。まずは先ほどお話しした靴擦れの二つの原因について見極めることが大切です。

    ①足が靴の中で動く
    ②足が圧迫される

    それぞれについて、その予防方法をお伝えしていきます。

    足が靴の中で動く

    このタイプの靴擦れを予防するためには、インソールを着用することが望ましいです。注意点としては、着用することによって、足が圧迫されないように予防することです。

    靴擦れ予防①コスパ最高!足底筋膜炎に最適なカスタムインソール


    ビオンテックMk1は足と靴の形にできるカスタムインソール。きっとあなたの靴にフィットできます。作り方は簡単!電子レンジで熱して靴に入れて体重をかけるだけです。

    靴にもフィットするため、関節への衝撃が減るデータを業界で初めてとることができました。足の形だけにフィットするカスタムインソールが多い中、ビオンテックMk1は貴重です。

    関節への痛みを軽減し、筋肉疲労を軽減するカスタムインソールです。

    オリンピック選手の声
    この靴の中敷きであれば足をサポートし、フルマラソンランナーたちを怪我から守れるのではないかと考えていますbyGerman Silva
    私はこの靴の中敷きを着用したときに、関節の痛みがとても少ないことに驚きました。そして、筋肉疲労がかなり減る事が分かりましたbyMartin Fiz

    靴擦れ予防②スーパーフィート


    スーパーフィートは世界で一番売れているインソールです。最初に紹介したビオンテックのようにカスタマイズはできませんが、あなたの足にフィットしたインソールです。

    口コミ
    マインドルの登山靴の靴擦れ解消用に購入しました。26.5cmのサイズでカットすることなくピッタリおさまり、衝撃吸収も良くフィット感も抜群で、靴擦れもしなくなりました。
    Amazonで購入したNORTH FACE NUPTSE BOOTIE IVがサイズが大きく靴擦れして痛くてまともに使えなかったのでその対策としてこの商品を購入しました。商品の説明書に書いてある標準の中敷きを外した状態では殆どサイズが変わった感じがなく自分の使用目的では意味が無くなってしまうので標準品と2枚使用で靴擦れしなくなり快適になりました。
    ご購入はこちら

    足が圧迫される

    新しいシューズを買ったために、靴擦れを起こす予防方法は、ずばりシューズを柔らかくすることです。シューズを柔らかくするためには、シューズフィッターや皮を柔らかくするスプレーが有効です。

    靴擦れ予防③革靴を柔らかくするシューズフィッター


    こちらのシューズフィッターは男女兼用で、革靴に使うことで生地を柔らかくし、かかとが痛い方でも履けることできるようになります。

    口コミ
    とても速い発送で助かりました。使い易く、即実行して靴擦れなしで履いてます。ありがとうございます。
    安いシューズを買う事が多いので何cm~とかの買い方をしていません。
    Mサイズ→爪先や小指が痛く靴擦れする
    Lサイズ→だいたい小指が一本入るくらい余る
    と悩みがつきませんでした。
    半信半疑でこちらを購入しましたが、本当に大きくなりました!!
    ネットで買った靴がギリギリ小さくて、浮腫むと靴擦れし履くのを諦めないといけないかなと思ってたのですが、このストレッチャーのおかげで快適に履けるようになりました!
    使い方も簡単で、ヒールにもペタンコ靴にも使えてとても便利です!
    もし同じような人がいたら、ぜひ使ってみてほしい!
    ご購入はこちら

    靴擦れ予防④革靴の皮を柔らかくするスプレー


    こちらは革靴を部分的に柔らかくすることできるスプレーです。スプレーにはコラーゲンが配合されていて、皮革繊維を柔軟にすると同時に保湿もしてくれます。革靴でかかとが痛い方はかかとにスプレーしてみると良いでしょう。

    口コミ
    色落ちせず、伸びました。2~3回(毎回かわかしてから)スプレーして、手でまんべんなく塗ったあと、シューストレッチャーと一緒に使って、1ヶ月程度かけて両足伸ばしました。
    ご購入はこちら
    スポンサーリンク
    広告中
    広告中

    参考になりましたら、シェアをお願いします!

    フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません。

    にほんブログ村 サッカーブログへ