テニスシューズに最適な中敷きはこれだ!!徹底解説!!

参考になりましたら、シェアをお願いします!

意外とテニスで重要視されていないのが中敷きです。テニスシューズはこだわるけど、テニスシューズに入れる中敷きにもこだわる人はあまりいません。プロのアスリートは必ず自分に合った中敷きを履いています。テニスだけではなく、サッカーやフィギュアスケートでも中敷きを履いています。

しかしいざ中敷きを探してみても、種類がたくさん。100種類以上の中敷きがあります。そんなに種類があってはテニスシューズに入れる中敷きを選ぶのも一苦労です。

そこで今回はなぜテニスシューズに中敷きが必要なのか。そしておすすめのテニスシューズの中敷きについてお話していきます。

スポンサーリンク
広告中

なぜテニスシューズに中敷きが必要なのか?


日本では毎日10000人、一年間で360万人が捻挫の怪我をしているそうです。日本の総人口の3-5%は捻挫をしていることになります。捻挫をしている人の多くはスポーツをしているときに発症しています。

そしてスポーツの障害で一番多いのが捻挫です。この捻挫を予防できるのが中敷きなのです。捻挫はジャンプするスポーツ、サッカーやバレー、テニスに多い障害です。

ではなぜ捻挫をしてしまうのでしょうか。見ていきましょう。

テニスシューズに中敷きを入れて捻挫を予防しよう


足首はとても倒れやすい部位です。皆さんも経験があるのではないでしょうか。なんとなく歩いているときに、足首が倒れて足の外側が地面についてしまったことが。

ジャンプすると地面に対する角度と体の軸がずれてしまいます。身体の軸は外側に向かっていますから、この状態で着地をすると足首が外側に倒れやすくなるのです。


中敷きはテニスでジャンプしたときも足首が倒れて捻挫しないようにサポートすることができます。テニスシューズに中敷きを入れるだけでサポートしてくれるのです。

ただすべての中敷きがテニスシューズに入れるだけでサポートしてくれるわけではありません。テニスシューズに合った中敷きを選択する必要があります。またかかとをすっぽりと包み込むと足首が倒れにくくなります。

ポイント!
①足首は非常に倒れやすい
②テニスシューズに中敷きを入れると捻挫を予防できる
③かかとを包み込む中敷き

テニス中にアーチが下がる!?


捻挫の次に大切なことが、足のアーチについてです。

アーチが崩れると足の神経を踏む危険!!扁平足の人は必見です
歩行時に片足がつまずく、かかとに鈍痛がある、足の指がしびれる、肩こり、ひざ痛などに悩まされていませんか?また睡眠時に足がつったり、ふくらはぎ...

アーチは筋肉と靭帯でできています。したがってテニスをしていると疲労によってアーチが下がってきます。アーチが下がってしまと足底筋膜を引っ張ったり、アキレス腱を引っ張りますので、足に障害を引き起こす可能性が出てきます。

そこでアーチをサポートする中敷きが有効です。但しアーチは人によって形状がまちまちですので、不用意に「アーチサポート」中敷きをテニスシューズに入れてはいけません。足にフィットできる中敷きをテニスシューズに入れるようにしましょう。

ポイント
①疲労によってアーチは下がっていく
②アーチが下がると足に負担がかかる
③安易にアーチサポート中敷きをテニスシューズに入れてはいけない

クッション性中敷きをテニスシューズに入れてはいけない!


これもよくあることですが、テニスシューズにクッション性の中敷きを入れてはいけません。理解しやすいように砂浜で走ることをイメージしてください。砂浜ではうまく走れませんよね?きっと地面が砂浜よりもアスファルトなど、硬いほうが走りやすいはずです。


歩く・走る。踏ん張るためには、地面からの反発力が必須なのです。クッション性の中敷きをテニスシューズに入れてしまうと、反発力が下がり、パフォーマンスが落ちてしまいます。

ポイント
①クッション性中敷きはダメ!
②パフォーマンスを最大限に引き出すためには硬い中敷きをテニスシューズに入れる

グリップ力を上げる

そして最後に大切なのがグリップ力を上げることです。グリップ力というと、上半身や手に注目されがちですが、下半身も大切です。砂浜のような足元が不安定の状態では、まともにテニスラケットを振ることはできないでしょう。

そこで中敷きをテニスシューズに入れてグリップ力を強化することが大切です。

テニスシューズ用中敷きの選ぶポイント


それではテニスシューズに中敷きを入れるときのポイントについてまとめてみましょう。

①捻挫防止のためにかかとを包み込む中敷きをテニスシューズに入れること
②自分に合ったアーチサポート中敷きをテニスシューズに入れること
③クッション性のない中敷きをテニスシューズに入れること
④土台を安定させてグリップ力を上げる

でした。

おすすめのテニスシューズ用中敷き

それではテニスシューズにお勧めの中敷きについて見てきましょう。

ビオンテック


最初におすすめするテニスシューズに入れる中敷きがビオンテックです。ビオンテックは以下の点でテニスシューズの中敷きとしておすすめです。

ビオンテックのポイント
①足と靴の形にフィットしパフォーマンスを最大限に引き上げる
②関節への衝撃を減らし、テニスをサポート
③マラソンオリンピック選手と共同開発された中敷き

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

関節への衝撃が減る!Biontechに迫る!
Biontechは足首・膝・腰の衝撃が減る中敷。そんな中敷、どこにでもあるよ!っと思っている方。それは大きな間違いです。というのは、Biontechのように公式なデータを持っている中敷は、Biontech以外にはありません。

スーパーフィート


スーパーフィートもテニスシューズに最適な中敷き。かかとを包み込んで、足の機能を最大限生かすために設計された中敷きです。多数のテニスプレイヤーが使っています。

スーパーフィートでもおすすめなのが、カスタム中敷きのCustom GREENです。但し、Custom GREENは高いため、まずはTRIMなどから試してみると良いでしょう。

口コミの出典元:https://www.rakuten.co.jp/

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はテニスシューズに入れる中敷きについてお伝えしました。テニスシューズに最適な中敷きは、

①捻挫防止のためにかかとを包み込む中敷きをテニスシューズに入れること
②自分に合ったアーチサポート中敷きをテニスシューズに入れること
③クッション性のない中敷きをテニスシューズに入れること
④土台を安定させてグリップ力を上げる

でした。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク
広告中
広告中

参考になりましたら、シェアをお願いします!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません。

にほんブログ村 サッカーブログへ