親35%、子:15%、かかと50%。この数字の意味とは

参考になりましたら、シェアをお願いします!

正しい歩き方の土台となるのが、正しい立ち方です。

かかとから足の親指の付け根、小指の付け根の3点に体重をのせて立つ時には、姿勢が良くなければなりません。

足の体重ののせ方は、親指の付け根に35%、小指の付け根に15%、かかとに50%が理想的です。

足にトラブルがある人は、姿勢に問題がある事が分かっています。その共通点はお腹や背中といった体幹部の筋肉が使われていないことです。

例えば階段を上がるときは、太ももを上げなくてはなりません。太ももがスムーズに上がらないと、階段を一段上がるのも大変になります。

この太ももと持ちあげているのが体幹部の腸腰筋です。腸腰筋は腰椎と大腿骨を結ぶ筋肉で足を上げるときに使われています。

この筋肉が鍛えられると歩行や階段の上り下りがスムーズになり、足にかかる負担も軽減することができます。

腸腰筋の動きを体感する方法

さて、腸腰筋が大切と言っては見たものの、どの筋肉を動かせば腸腰筋が動くのか、分かり難いですよね?

腸腰筋の働きを簡単に体感できる方法があります。

種類は何でもいいので、ズボンの左右のポケットに手を入れて、両足の付け根を押しながら歩いてみると分かります。

普段よりも足が前に出て、楽に歩けると思います。

これが腸腰筋の働きなのです。

腸腰筋は足の付け根付近を通っているので、付け根を押すことで脳に腸腰筋を動かせという指令が行くのです。

抗重力筋

二本足で歩く人間は、他の動物よりも重力に逆らう筋力が発達しています。

ところが今の若い女性を見ると、その多くが体幹部の筋力が十分でないために、立っている体をしっかり支えられていません。

そのために足に負担がかかり、歩き方も悪くなってしまうのです。

足に過度の負担がかかるので、アーチがつぶれていきます。

腸腰筋と足のアーチは密接な関係があるのです。

抗重力筋

二本足で歩く人間は、他の動物よりも重力に逆らう筋力が発達しています。

ところが今の若い女性を見ると、その多くが体幹部の筋力が十分でないために、立っている体をしっかり支えられていません。

そのために足に負担がかかり、歩き方も悪くなってしまうのです。

足に過度の負担がかかるので、アーチがつぶれていきます。

腸腰筋と足のアーチは密接な関係があるのです。

体幹部の筋力を意識して歩こう

歩き方だけに気を付けるのではなく、体幹部の筋肉を意識して鍛えることが大切です。体幹部の筋肉は体操やダンスなどできたえることが容易にできます。

フラダンスやピラティス、ヨガなどが最適でしょう。

どんなダンスやエクササイズでも体幹部がしっかりしていなければうまく行うことができません。

自分の大好きな体操やダンスを生活の中に取り込んで体幹筋を鍛えることがとても有効です。

足の負担が減って、立ち方や歩き方が楽になります。

また背筋を伸ばすように心がけることも大切です。

背中をそらしすぎると逆に悪い歩き癖がつきますので、腰を痛める原因になりますので注意です。

参考になりましたら、シェアをお願いします!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません。