立ち仕事にいい!インソールBest3を発表!

参考になりましたら、シェアをお願いします!

立ち仕事をしていると足が痛くなったり疲れたりします。立ち仕事の負担を少しでも軽くするためにはインソールが大活躍します。しかしインソールと一口に言っても、種類は100種類以上あります。

立ち仕事に入れるインソールを適切に選ぶと以下のような効果が期待できます。
①疲れにくくなる
②足・ひざ・腰の痛みが和らぐ
③足裏の痛みが和らぐ
④歩行の安定性が上がる

しかし適切なものを選ばないと立ち仕事でデメリットが生じてしまいます。そこで今回は適切な立ち仕事をする方のインソールの選び方についてお伝えします。

スポンサーリンク
広告中

立ち仕事にクッション性インソールは使わないほうがいい?


クッション性を立ち仕事に使う場合は注意が必要です。なぜ立ち仕事では注意が必要なのかというと、メリットとデメリットがあるからです。

立ち仕事にクッション性を使うメリット・デメリット
メリット:足裏が痛い人に良い
デメリット:関節によくない。歩きにくい。疲れやすくなる

なぜ立ち仕事ではこんなことが起こるのか解説していきます。

立ち仕事でクッション性を使うデメリット


砂浜で全力ダッシュしたときを想像してみてください。うまく走れるでしょうか?おそらくほとんどの人が砂浜に足を取られたり、足が砂浜に沈んで走りにくいと思います。


走るためには地面からの反発力が必要です。地面からの反発力を使って、推進力を生み、走る・歩くの動作を行うことができるのです。しかし、足元が砂浜であったり、クッション性のものがあったりすると反発力が減り、歩くために余計に筋力を使うことになるのです。余計に筋力を使えば、疲れる原因になります。これは立ち仕事でも同じです。例え歩かなくても、砂浜の上で立つことは、バランスが悪くなりますので、立ち仕事にとってもよくありません。

ポイント
①地面からの反発力が大切
②反発力がないと余計に筋力を使い疲れやすくなる

立ち仕事でクッション性を使うメリット


では立ち仕事にクッション性を使うメリットは何でしょうか。それは立ち仕事で足裏が痛くなった人に良いということです。例えば立ち仕事で足底筋膜炎になっていたり、靴擦れを起こして足裏を怪我している方にはおすすめできます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

足底筋膜炎の恐怖
足底筋膜炎とは? 足底筋膜炎とは足の裏にある足底腱膜と言われる靭帯に炎症が起きる足の症状です。 50-60歳代の女性がこの足底筋膜炎に...

立ち仕事にいいインソールとは


では立ち仕事に良いインソールとはどんなものでしょうか。見ていきましょう。

衝撃が減る!立ち仕事に最適!


まずご紹介するのがビオンテック。足と靴にフィットし、関節への衝撃が減る公式データがあります。足の形は人それぞれ。靴の形だって靴それぞれで異なります。

ビオンテックは立ち仕事をする方の足を守ってくれます。またマラソンオリンピック選手から以下のようなコメントをもらっています。

私はニューヨーク・マラソンで勝つために戦いました、そして、私は失敗しました。しかしやっと私はニューヨークマラソンで勝つことができました」と、彼は話しました。
「Biontechは、私の競技とトレーニング時においてとても重要な役割をしました。
私は関節の痛みがとても少ないことを感じました、そして、とりわけ、筋肉の疲労はかなり減らされました」
by Martin Fiz(アトランタオリンピック4位)

立ち仕事で毎日筋肉疲労がある方。そして関節への痛みがある方に最適な、立ち仕事をされる方向けです。

スーパーフィート


スーパーフィートは多くのアスリートに使われています。メインはスポーツ向けとして使われていますが、中には立ち仕事をする方であったり、安全靴に入れる人もいるようです。


このグラフは楽天市場の口コミを元に、スーパーフィートをどんな目的で使っているのかを調べたものです。スポーツする人に使われるのが最も多いですが、立ち仕事や安全靴に入れている人もかなり多いことが分かります。

ご購入

シダス


シダスもスーパーフィートと同じく、スポーツ向けです。しかし立ち仕事をされる方に向けにも販売しております。

シダスで立ち仕事をする方におすすめなのが、コンフォート3Dです。

ご購入

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は立ち仕事をされる方におすすめのインソールについてご紹介いたしました。立ち仕事の疲労を軽減するために、どうしてもクッション性のあるものを立ち仕事の靴にいれることを考えてしまいます。

立ち仕事で足裏が痛くなった方はクッション性を、そして立ち仕事で疲れや関節への衝撃を減らしたい方は、硬めのものを使ってみると良いでしょう。

みなさんの立ち仕事での負担が少しでも軽減することを期待しております。

スポンサーリンク
広告中
広告中

参考になりましたら、シェアをお願いします!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません。

にほんブログ村 サッカーブログへ