足底筋膜炎の恐怖

参考になりましたら、シェアをお願いします!

スポンサーリンク
広告中

足底筋膜炎とは?

足底筋膜炎とは足の裏にある足底腱膜と言われる靭帯に炎症が起きる足の症状です。

50-60歳代の女性がこの足底筋膜炎になるケースが多いと言われています。男性も歩きすぎたり、長時間立ち仕事をしていたりすると足底筋膜炎になることがあります。

足底筋膜炎の特徴

足底筋膜炎になると、朝起きた後や長時間座っていた後の歩きだし一歩目に、かかとにズキンとする痛みが現れます。

痛みはより負担のかかる足に出やすいと言われています。

足底筋膜の働き

それでは足底筋膜の足における働きについてお話ししていきます。

足底筋膜はかかとの骨から土踏まずを通り足に指へと扇状に広がる厚い膜のことを言います。足の裏にはつま先からかかとにかけて縦のアーチが形成されており、体重をバランスよく支えています。

アーチについてはこちらをご覧ください。

5つの足のアーチ機能とは?
足のアーチ 足のアーチには、3つのアーチがあると言われています。内側縦・外側縦・横アーチの3種類である。この三つは、それぞれ連続的な一体...

足底筋膜にはこの縦アーチを保持する役割があるのです。そのため、ただ突っ立っているだけでも、足底筋膜には負担がかかり続けています。

踵は歩くときにもっとも負担がかかるところ

かかとは歩くときに最も強く負担のかかる場所だと言われています。足底筋膜とかかとの骨がくっついているところは、構造的に弱くなっています。

そのために足底筋膜にかかる負担が大きくなると、かかとのやや内側の部分で足底筋膜に小さな亀裂ができて炎症が起こり、痛みが現れると言われています。

この炎症が足底筋膜炎です。

たかが小さな亀裂だとおもって、足底筋膜炎を舐めてはいけません。足底筋膜炎になると朝起きたときに一歩目が痛くなりますので、いい気分で朝を迎えることができません。

足底筋膜炎の原因とは

それでは足底筋膜炎の原因は何なのでしょうか。

足底筋膜炎の原因は様々ありますが、歩きすぎや立ちすぎ、スポーツでの足の酷使、加齢、肥満が足底筋膜炎の原因だと言われています。

歩きすぎや立ち過ぎでは、足底筋膜に負担がかかり続けるために、足底筋膜炎が起こりやすくなります。

また足底筋膜とかかとの骨がくっついている部分は、加齢に伴って変性していくため、年齢と共に小さな亀裂ができやすくなるのです。

さらに肥満があると体重が増えた分、足底筋膜にかかる負担も増えるため、足底筋膜炎になりやすくなります。

痛みの特徴

睡眠中や長時間座っている場合は、足底筋膜が安静状態になっています。この安静状態のときに足底筋膜にある亀裂を修復しようとする作用が働いて、亀裂が徐々に治っていきます。

一方で足を動かさないでいるため、その過程で足底筋膜とかかとの骨がくっついている部分が硬くなっていきます。

その状態で足を一歩踏み出すと硬くなった部分に強い力が加わり、その部分が引き伸ばされて、足底筋膜炎になって痛みが発生します。

また歩くときには足底筋膜炎のある部分に直接重みが加わることも痛みが発生する原因になります。

その後は、歩き続けているうちに適度な体重が足底筋膜炎の部分に加わることで、硬い部分が伸ばされて柔らかくなり、痛みを感じにくくなります。

しかし、歩き続けることで再び痛みが強くなることもありますので注意が必要です。

足底筋膜炎が進行しても歩けなくなることはありませんが、歩きだしの一歩目にあr割れる痛みは長く続きます。

足底筋膜炎の対処法

足底筋膜炎による痛みを改善するためには、足の使い過ぎを見直したり、ストレッチや装具の装着を中心とした保存療法を行うことが効果的です。

保存療法をしっかりと行えば、足底筋膜炎の8割以上の患者さんは痛みの軽減が望めます。ただし短期間で痛みが和らぐとは限りません。

半年、あるいは一年間と続けることによって痛みが治まってくるケースもありますので、あきらめずに継続して足底筋膜炎の保存療法を行う必要があります。

主な保存療法についてご説明いたします。

生活習慣の見直し

足底筋膜炎による痛みを改善するためには、生活習慣を見直すことが重要です。

歩きすぎや立ち過ぎが原因で足底筋膜炎になることをすでにお伝えしました。

こうした生活習慣を見直すことで足底筋膜炎を防止することができます。

また、ウォーキングやジョギングによって足底筋膜炎になった場合は、2週間程度は運動を控えるようにしてください。

また肥満の場合は脚への負担を軽減するため、原料に取り組むのが良いです。

ストレッチを行う

足底筋膜炎を柔らかくするストレッチで歩きだしの一歩目の痛みを和らげる効果があります。

特に朝起きた後や長時間座っていた後、入力中や入浴直後に行うと効果的です。

ストレッチを行うと痛みを感じる場合は、痛みに合わせて力加減を調整しながら無理のない範囲でストレッチを行ってください。

インソールの導入

足底筋膜炎の踵の痛みを軽減するには、インソールを装着することも有効です。

インソールによって縦アーチを支え、足底筋膜にかかる負担を軽減することができます。

足の形や大きさには個人差があるので、それぞれの形にあったオーダーメイドインソールが有効です。

ビオンテックは足と靴にフィットできる唯一のインソール
ビオンテック(Biontech)は足と靴にフィットできる唯一のインソール ビオンテック(Biontech)インソールの一番の特徴は、足と...

硬い靴はNG?

そこの硬い靴を履くと歩いている時に痛みが起こることもあるため、履きつ慣れている靴や底の柔らかい靴を選ぶことも大切です。

室内がフローリングの場合、痛みや違和感が現れやすいので、スリッパや厚手の靴下などを履くとかかとを保護することができます。

こうした靴に配慮することで、足底筋膜炎の対策をすることができます。

薬による処置

薬による処置は保存療法ではない足底筋膜炎に対する処置です。

炎症を鎮める作用のある「非ステロイド性抗炎症薬」の内服薬や外用薬を使います。

痛みが非常に強い場合には、「ステロイド薬」と「局所麻酔」を合わせた薬を痛み場所に直接注射する方法もあります。

ステロイドは足底筋膜炎の周りの脂肪組織を傷めることもあるので、乱用は避けてください。

スポンサーリンク
広告中
広告中

参考になりましたら、シェアをお願いします!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません。

にほんブログ村 サッカーブログへ