サッカーのインソールで必要な機能2選

参考になりましたら、シェアをお願いします!

サッカーではスパイクの重要性を認識されていますが、インソールについてはあまり重要視されていません。しかしスパイクと同様、インソールもサッカーには大切なパーツなのです。

サッカーでは以下の怪我が多いと言われています。
・足首の捻挫
・太ももの肉離れ
・ふくらはぎの肉離れ
・靭帯損傷

こうしたサッカーの怪我から守ることができるのがインソールです。

今回はサッカーになぜインソールが必要なのか、そしてサッカーにおすすめのインソールは何かをお話しようと思います。

スポンサーリンク
広告中

インソールはサッカーの怪我から守れる


スポーツの中でもサッカーやバレーボールなどは捻挫が起きやすいスポーツです。日本では一日に1万人、一年間で360万人が捻挫を発症しているという報告があります。

サッカーで捻挫するのは、主にジャンプしているときが一番危険です。ではなぜジャンプすると捻挫が起きるのでしょうか。

この写真のようにジャンプすると脚の角度と足首の角度が異なることが分かります。この写真では、脚は地面に対して24°傾いています。しかし足首は地面に対して垂直になっています。

もちろん、サッカーではこのような大股を開いた状態でジャンプはしないと思いますが、脚と足首の角度が違うことが多いのです。

そしてこの角度の不一致がサッカーで捻挫する要因になっていきます。ジャンプしなくても、歩いているときに足首が外側へ倒れてしまう経験をお持ちの人は多いと思います。足首は倒れやすいのです。そして足首はアーチが低下する人ほど倒れやすくなります。

インソールはこうしたサッカーによる捻挫から守ってくれます。

ご自身の足に合ったインソールを着用するだけで、サッカーの時に怪我から守ってくれます。サッカーは何かと怪我が多いスポーツです。少しでも怪我のリスクを減らすためにも、サッカースパイクにインソールを入れたいですね!

クッション性インソールはサッカーにはダメ!

よく話を聞くのですが、クッション性のインソールはサッカーなどのスポーツには良くありません。そもそも衝撃を吸収するのはかかとの役割です。そのかかとの役割をインソールに置き換えると、足本来の機能を使わないことになります。

足には①衝撃を吸収するクッション性、②蹴りだす剛性の2つの機能が必要です。足が瞬時にクッションと剛性を切り替えているのです。インソールにクッション性を持たせてしまうと、剛性が出ずパフォーマンスが落ちてしまいます。

想像してみてください。ベッドの上で全力で走れますか?足元がクッションだとサッカーで上手く走れないと思います。理屈はこれと同じなのです。

クッション性インソールがスポーツに向かない4つの理由
アスリートが使用するインソールには、大きく分けて2種類のインソールがあります。衝撃吸収を目的とする「クッションタイプ」と足のアーチをサポート...

おすすめのサッカー用インソール


それではおすすめのサッカーのインソールについてみてきましょう。サッカーでよく起こる捻挫を防止することに視点を当てたいと思います。インソールはいろんな種類がありますが、サッカーの捻挫を予防するにはアーチサポートタイプが良いです。

また一流のトップアスリートは、足の形に合わせたカスタムメイドインソールを使っています。一般的な市販されているカスタムメイドインソールではなく、靴に合うようにフィットさせた、その人・靴専用の特別なインソールです。

インソールの種類についてはこちらをご覧ください。

インソールとは?最新のインソール技術を徹底解析!
インソールについて、最新の情報をお届けしています!インソールと言ってもその種類は全部で13種類もあります。そんな分かりにくいインソールの実情を分かりやすく解説していきます。

ビオンテック


サッカーで捻挫を防止するためには、アーチをサポートするタイプのインソールが有効ですが、アーチ(土踏まず)の形は人それぞれ。そして靴の形も靴それぞれです。

足が靴の中で遊んでしまうと捻挫だけでなく、タコや魚の目ができたり、深刻な足の病になる可能性があります。そこでおすすめなのがビオンテック。

ビオンテックはマラソン選手と共同開発した、カスタムメイドインソール。足の形状だけではなく、靴の形状にもぴったりフィットする、世界で初めてのインソールです。サッカーでもあなたの足をサポートしてくれます。

使用者からは
①関節への痛みが少なくなる
②筋肉疲労が減る
といった声を頂いております。
※個人の感想です

また関節への衝撃が減るという公式データがあるのも、他のインソールにはない特徴です。これは足と靴をビオンテックでフィットさせることで、足と靴が一体になったため、このような正確なデータを測定することが可能になりました。

サッカーで捻挫や怪我の予防にいかがでしょうか。ただし欠点としてはインソールがサッカー用にしては少し重いことが挙げられます。

bmzストライカー


次にサッカー用として紹介するのがbmzのストライカー。bmzのインソールはCuboid理論と言われる新しい理論でインソールを作っています。従来の土踏まずを支持するのではなく、立方骨をさせるインソール。

使用者からは体幹バランスが良くなったことや、足が痛くなくなったとの意見があります。

スーパーフィートTRIM


次におすすめするサッカー用のインソールがスーパーフィートのTRIM。スーパーフィートの特徴は、かかとにぴったりフィットするカップ形状です。かかとは着地時に衝撃を吸収する大切な部分。インソールで衝撃を吸収するのではなく、足本来の機能を生かすインソール設計になっています。

サッカーだけではなく、テニスやランニング、ウォーキングにも使われているようです。

シダス スパイク3D


そして最後におすすめするサッカーのインソールがシダスのスパイク3D。シダスはインソール業界ではもっとも有名な会社ですので、みなさんもご存知かと思います。

シダスのスパイク3Dはサッカーや野球のスパイクシューズ向けのインソールです。ヒール部分はカップ形状でしっかりホールドし、アーチをフレキシブルにしてサッカーのパフォーマンスをアップさせたインソールです。

まとめ

サッカー用のインソールについてBest4をお伝えしました。

一番ベストなのはカスタムメイドインソールですが、値段がどうしても高額になります。そこでまずは既製品(形が出来上がったもの)のインソールでサッカーを試してみると良いでしょう。

足の本来の機能である、①クッション性と②剛性を生かせるインソールを使って、サッカーを楽しんでください。

それではまた!

スポンサーリンク
広告中
広告中

参考になりましたら、シェアをお願いします!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません。

にほんブログ村 サッカーブログへ