痛いのは靴が小さいのが原因!?その対処法2選

参考になりましたら、シェアをお願いします!

通販で靴を買うと思った以上に小さくて、履くと足が痛いなんてことがあると思います。靴のメーカーによって同じサイズでも実際の大きさは小さいことがあるので、実際に靴を履いてみないと、自分に合っているのか分からないのです。

でもせっかくお気に入りの靴を買ったので、小さい靴でもなんとか履きたいですよね。

そこで今回は小さい靴で痛いときの対処方法についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク
広告中

靴が小さいと痛い原因とは


まずはおすすめの方法についてお話しする前に、なぜ靴が小さいと痛いのかを考えて見ましょう。

靴が小さいと足と靴の間で摩擦が起きます。摩擦が起こると皮をすりむいたり、水膨れになって痛い現象が起きます。

皆さんは小さい頃、鉄棒で逆上がりをした経験があると思います。鉄棒をすると手が摩擦によって水膨れや皮剥けになって痛い経験があると思います。靴が小さいので摩擦になるのと同じ原理なのです。

またタコやウオノメはそんな摩擦から皮膚を守るためにできる症状です。特にウオノメになると足が痛いですよね。

靴による摩擦は、小さい靴でも大きくても起きます。靴が小さいと摩擦が起こるのはイメージがつきやすいと思います。靴が大きいと足が靴の中で動いてしまい、摩擦が起きて足が痛いことになります。

靴が大きいのと小さい場合


小さい靴ではなく、大きすぎない、自分の足にあった靴を選ぶことがとても大切なのです。靴が大きいと中敷きを入れたり、詰め物をするだけで調整できますが、靴が小さいと取れる手段は限られてきます。

靴が小さいと取れる手段は、靴を徐々に広げるしか方法がありません。革製品であれば可能ですが、スニーカーなどの化学繊維は残念ながら伸ばすことができません。

スニーカーが小さい場合は、素直に返品してもらいましょう。

靴が小さい!痛いのを解決するおすすめの方法

それでは靴が小さいのが原因で痛いのを解決する方法をご紹介していきます。

靴が小さい!痛い!そんな方にはシューズフィッター


こちらのシューズフィッターは男女兼用で靴を広げたい個所が細目にコントロールできるのがうれしい商品です。靴を広げるためには若干日数が必要です。またあとでご紹介するスプレーと併用することで、より靴を広げることができます。

口コミ

数年前、革のブーツを購入しましたが右足だけが痛くなるので、使用中止をしていました。
ストレッチャーで少しずつ伸ばして、痛み無く履けるようになりました。
靴への装着方法がわかりやすく、つま先などを広げる度合いを慎重にすれば、とても使いやすい道具だと思います。今、靴の左右を同時に広げている最中ですが、試しに1回外して履いてみたら、あと少し置けばちょうどいい感じになりそうです。
新しい靴を購入しましたが、靴擦れになりそうな感じで思うように履けません
でした。色々探し、こちらのシューズフィッターを購入しました。初めてなので
しっかり、説明書を見てセットしました。24時間位置くとのことで、もう少し
待ちます。商品はしっかりしていて、とてもいいです。タボが8個も付いていてとても便利だと思います。

ご購入はこちら

スプレーで簡単に小さい靴から大きい靴に変身


こちらはスプレーを靴に吹きかけるだけで簡単に靴を広げられるスプレーです。シューズフィッターと一緒に活用することで、より靴を広げることができます。

口コミ

バイク用ブーツの甲部分を伸ばすために購入しました。
このスプレーを吹きかけてから,ブーツをしばらくの間履いてもいいですし,ストレッチャーで伸ばした状態でもOKです。
冬は革が固くなるので,また春に再度使いたいと思います。
海外から取り寄せなど、結構冒険購入してしまうことがあるのですが、これはもうリピート決定です!今まで使っていたストレッチスプレーは何だったんだろう・・・。
買って直ぐの靴のかかと部分には必ずスプレーしようと思います。靴擦れ防止の効果も抜群です。
スプレーというよりもどちらかと言えばムースですね。新しいパッケージにもムースと記載されています。
スプレーからムース状になったらヘラのようなもので伸ばして塗りこみました。

ご購入はこちら

スポンサーリンク
広告中
広告中

参考になりましたら、シェアをお願いします!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません。

にほんブログ村 サッカーブログへ