靴のインソールの決定版!これを見るだけですべてが分かる!

参考になりましたら、シェアをお願いします!

靴のインソールは何百種類もあって購入する立場から考えると迷ってしまいます。そこで今回は靴のインソールについて、その機能や特徴、メーカー別の靴のインソールについて徹底解析しました。是非ご覧ください。

スポンサーリンク
広告中

靴のインソールの機能

まず靴のインソールの機能とはどんなものがあるのでしょうか。脱臭したいという人や足ムレをなくしたいという人、クッション性がほしいという人もいるかもしれません。

脱臭用の靴インソール


みなさんはなぜ靴やインソールが臭いのかを知っていますか?靴やインソールが臭う原因を知ることで対策をうつことが可能になります。靴やインソールが臭う原因は以下の3つです。

①足に住んでいるバクテリア
②バクテリアが増殖する水分・栄養素
③バクテリアが出す「イソ吉草酸」

なぜこの話をしたのかというと、活性炭やAgで臭いの元である「イソ吉草酸」をなくしても、イソ吉草酸を出すバクテリアが繁殖する状況を変えなければ意味がないということを理解してもらいたかったからです。

そう!脱臭用の靴インソールに必要な機能とは、
①靴や足の水分を吸収する
②靴を脱臭する活性炭、Agがある
この2点です。

別の記事で脱臭によい靴のインソールの特集を組みますので楽しみに待っていてください。

衝撃吸収インソールを靴に入れる意味

毎日仕事が終わると足裏が痛い!マラソンやランニングをすると痛くてもうやめたい!そんな方がクッションのある靴のインソールを購入したいと思うでしょう。

足裏が痛い足底筋膜炎などには靴にクッション性インソールを入れることは有効ですが、それ以外にはあまり使わないほうがいいと思います。その理由は以下の2点。

①力が入らなくなる
②不安定になる

まず①ですが、そもそも足の機能とは、衝撃を吸収するクッション機能と、蹴りだすために固くなる機能の二つがあります。想像してみてください。衝撃を吸収するボールで野球ができますか?

足は靴を履いて着地するときに衝撃を吸収するために柔らかくなります。その後蹴りだすときには固く変化するのです。クッション性インソールを靴の中に入れてしまいますと、蹴りだす力が弱まり、疲れやすく感じたり、スポーツでのパフォーマンスを落とすことになります。

また②は、例えばベッドの上で立つことを想像してみましょう。うまく立てるでしょうか。土台となる足がぐらつくと、歩行するときに不安定になってしまいます。捻挫などでも分かるとおり、足首は倒れやすいです。靴を履いていても歩行が安定しないとは言うまでもありません。

どうしても足裏が痛い場合は、靴にソルボインソールを入れるのがおすすめです。

ソルボインソールの評価について徹底解析
今回は人気のあるソルボインソールについて、口コミによる評価をお伝えします。ソルボの中から、Best3を評価を元に選びました。高い評価だけでな...

アーチサポートインソールを靴に入れる意味


アーチサポートとは土踏まずの部分を持ち上げるドイツ方式の靴のインソールのことを言います。元々靴の中に入れるインソールが開発されたきっかけは、アーチサポートだったと言われています。

靴のインソールの歴史について詳しくはこちら

歴史から学ぶべき!インソールの意外な意味とは
これですっきり!!インソールの意味とは? 何気なく普段使っているインソール。でも「インソールって何の意味があるだろう?」って思ったことあ...

足には3つのアーチがあり、目に見えるアーチは土踏まずです。アーチは筋肉と靭帯でできていますので、運動不足になるとアーチが低下します。アーチには以下の機能があります。

①歩行時の衝撃緩衝
②効率的なパワー伝達
③姿勢の保持
④地面の凹凸に対する足部の適合
④体重の分散

アーチについて詳しくはこちら

5つの足のアーチ機能とは?
足のアーチ 足のアーチには、3つのアーチがあると言われています。内側縦・外側縦・横アーチの3種類である。この三つは、それぞれ連続的な一体...

アーチが低下すると以下の症状を引き起こします。

①疲れやすい
②扁平足になる
③外反母趾になる
④オーバープロネーションになる
最新作!オーバープロネーションの原因が判明!!
最近マラソンやランニングでオーバープロネーションになる人が増えています。せっかくダイエットのつもりでランニングを始めたのに、オーバープロネー...
⑥ひざを痛める
⑥タコ、魚の目ができる

アーチが低下するだけでこんなにも大きな障害が出てくるのです。

アーチサポートインソールとは、靴の中にインソールを入れるだけでアーチを持ち上げる効果があります。靴で有名なドイツ式のインソールです。

しかし土踏まずの形は人それぞれ。アーチサポートインソールは、平均的な形状に合わせて作られているため、その人に合うとは限りません。靴にインソールを入れてみてから購入しましょう。

カスタムインソールを靴に入れる意味

worker repairing sole footwear


カスタムインソールとは名前の通り、足の形に合わせて作るオーダーメイドインソールのことです。トップアスリートたちはまず間違いなくこちらのインソールを靴に入れています。

靴に入れるカスタムインソールは大きく分けて2つあります。

①足の形に合うインソール
②足・靴の形に合うインソール

一般的に販売されているカスタムインソールは、そのほとんどが①です。
トップアスリートが使っているインソールは、そのほとんどが②です。

この二つで何が違うのか考えてみましょう。

試しに靴ひもを少し解いて歩いてみてください。違いが分かるように左足の靴ひもを緩めて、右足の靴ひもはしっかり結んで歩いてみると良くわかると思います。

靴ひもを緩めると、きっと歩きにくいはずです。靴ひもを緩めると足が靴の中で遊んでしまい、歩きにくいのです。そしてこのことはスポーツにおいてはパフォーマンスを下げることを意味します。

だからトップアスリートは靴と足に合ったインソールを作るのです。

市販のカスタムインソールは、よく「***のアスリートがこのインソールを使っています」を言っていますが、うそです。その人の靴と足に合うように、その会社の社員がインソールを調整しているんです。

だからズバリそのインソールを使っているということはまずありません。

そんな思いから開発されたのがビオンテックBiontechです。ビオンテックは市販インソールとしては初めて、靴と足にフィットできるインソールです。

詳しくはこちらをご覧ください。

ビオンテックは足と靴にフィットできる唯一のインソール
ビオンテック(Biontech)は足と靴にフィットできる唯一のインソール ビオンテック(Biontech)インソールの一番の特徴は、足と...

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は靴のインソールについてお話しました。靴のインソールと言っても、いろんな種類があることが分かったかと思います。また本ホームページにはいろんな靴に合ったインソールをご紹介しておりますので、是非ご覧ください。

もし参考になりましたら、SNSなどでシェア頂けると励みになります。

スポンサーリンク
広告中
広告中

参考になりましたら、シェアをお願いします!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません。

にほんブログ村 サッカーブログへ