ビオンテックは足と靴にフィットできる唯一のインソール

参考になりましたら、シェアをお願いします!

スポンサーリンク
広告中

ビオンテック(Biontech)は足と靴にフィットできる唯一のインソール

ビオンテック(Biontech)インソールの一番の特徴は、足と靴の両方にフィットできるインソールであることです!

世の中には足型をとってカスタマイズできるインソールはたくさんあります。しかし、足型にフィットさせるだけでいいのでしょうか?

足型に合わせても意味がない理由

カスタムメイドインソールを作っている会社ではスポーツ選手が使っていますといった内容が多く見受けられます。しかし、そのほとんどが足と靴の両方に合わせこんだその選手専用のインソールを特別に作っていることを記載していません。

人それぞれ足の形があるように、靴それぞれにも靴の形があるのです。

足の形に合わせても、靴にフィットできていないのであれば、足が靴の中で遊んでしまいパフォーマンスを最大限に引き出すことは不可能です。

平たんな靴

かかとが上がっている靴

平たんな靴では問題ないですが、かかとが上がっている靴では、インソールがキチンと靴に合わないので、パカパカします。

カスタムメイドインソールは足型を作るわけですから、固い材料で作られています。あまり柔軟性がありません。

柔軟性があったら、足型を作ってもすぐに形が崩れてしまいます。

だからプロ選手は足と靴にフィットさせたカスタムメイドインソールを作っているのです。パカパカしたインソールでは、力が逃げてしまいますのでパフォーマンスを十分に引き出すことができません。

なぜビオンテック(Biontech)は足と靴にフィットできるのか

ビオンテック(Biontech)は足と靴にフィットできるプロ仕様のカスタムメイドインソールです。マラソンのオリンピック選手と共同で開発されました。

市販品では足と靴にフィットできるインソールはビオンテックだけです。

カスタマイズする工程を見るとすぐにわかります。

工程①電子レンジでビオンテック(Biontech)を温める
工程②靴の中にビオンテック(Biontech)を入れる
工程③靴を履いて2分間立つ
たったこれだけです。

ビオンテック(Biontech)は電子レンジでインソールを温めて、靴の中に入れて履くことでフィットさせています。

この工程をSPM工程と呼んでいます。

この工程が足と靴を同時にフィットできるメリットを生み出しています。

ビオンテック(Biontech)のメリット①

メリットの一つ目は、靴と足に同時にフィットできるということです。何度もお話した通り、足型を作っても意味はありません。

足と靴の形状それぞれにフィットすることに意味があります。そして足と靴にフィットできるのはビオンテックだけです。

ビオンテック(Biontech)のメリット②

インソールを使う状態で成形できるのもビオンテックのメリットです。

他のカスタムメイドインソールは、足の形をとるために椅子に座って足を突出して成形したり、クッションの上で成形したりします。

キチンと体重が乗っている状態でないと、足の形は変わります。

ビオンテック(Biontech)は靴を履いてまっすぐ立った状態で成形することができます。

歩行やランニングの態勢で成形できる!しかも靴を履いた状態で!これって一番理想的な状態でカスタムメイドインソールを作ることができていると思いませんか??

関節への衝撃が減る試験結果

ビオンテック(Biontech)はスペインの足病医研究機関UMANAで関節への衝撃が減るという画期的な結果が出ています。

①腰の振動:-5.3%

②ひざの振動:-17.2%

③足首の振動:-12.6%

歩行時の安定性:+44%

ここまでの試験結果が出ているインソールはビオンテック(Biontech)だけです。

なぜかというと、答は単純。

他のインソールは靴にフィットできていないので、測定不可能だからです。インソールが靴に合っていなくてパカパカになったら、測定結果も変わりますよね?

他のインソールは、そもそも効果があるのかどうかも怪しいのです。

ビオンテック(Biontech)

他のインソール

まとめ

ビオンテック(Biontech)のメリットについてお話しました。今のインソールは、足にフィットすることだけです。靴にはフィットできません。

靴にフィットできなければ、歩行の安定性を得ることはできませんし、スポーツでのパフォーマンスも下がってしまいます。

また、ビオンテック(Biontech)は腰・ひざ・足首の衝撃が減るという試験結果もあります。このような試験結果が出ているインソールはビオンテック(Biontech)だけです。

ぜひスポーツのパフォーマンスアップに役立てて頂ければと思います。

スポンサーリンク
広告中
広告中

参考になりましたら、シェアをお願いします!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません。

にほんブログ村 サッカーブログへ