最新版!疲れないインソールはこれだ!!

参考になりましたら、シェアをお願いします!

毎日立ち作業していたり、毎日部活している人で足が疲れない人は少ないでしょう。少しでも疲れないようにしたい!そんな風に思う人はかなり多いでしょう。しかし一方で疲れないためにどんな方法を使えばいいのか、誤解されている方が多いのも事実です。

そこで今回はそんな方にインソールを使うだけで疲れない方法をお教えしたいと思います。疲れないインソールを使って仕事の効率アップや部活のパフォーマンスアップに役立ててください!

スポンサーリンク
広告中

疲れないインソールの種類


疲れないインソールを選ぶ上でまず覚えてほしいのが、種類についてです。

種類は以下の通り、大きく分けて3つがある。

①非カスタムメイド

足の形は人それぞれです。また靴の内部形状も人それぞれです。一番理想的なインソールは、足と靴の形に合ったカスタムメイドですが、高価なため、非カスタムメイドが広く流通しています。

非カスタムメイドは、さらにインソールが柔らかいもとの硬いものの二種類に分けられることができます。

②カスタムメイド

世の中のカスタムメイドは、そのほとんどが足の形だけにフィットできるインソールが市販されています。一方、プロのアスリート選手は靴に合わせて作ります。

これはインソールが靴に合わないと隙間ができてしまい、パフォーマンスが落ちたり疲れたりするためです。

この図のように靴の中で遊んでしまい、疲れないこととは真逆のことになってしまいます。

疲れないインソールはどれがいいのか?


インソールに種類がいろいろとあるのは分かりました。では疲れないインソールはどれが一番いいのでしょうか。

それはずばり、カスタムメイドです。カスタムメイドが疲れない理由は以下の通りです。

①足と靴がフィットしているので、衝撃が分散される
②足が靴の中で遊ばないため、疲れない
③硬いインソールで関節への衝撃が和らぐ

などがカスタムメイドが疲れない理由です。

①は分かりやすいのでいいかと思います。足は土踏まずがあり、接地している部分はごく一部です。足の裏全体で接地することで衝撃を分散することが可能となり、疲れないことになります。

②は、例えば皆さんが外に歩くときに、片方の靴ひもを緩めて歩いてみると分かると思います。きっと歩きにくくて疲れないということはないでしょう。足が靴の中で遊ばないと疲れないのです。

③は、柔らかい衝撃吸収のインソールの方が疲れないように思う人がいるかと思いますが、実際は逆です。衝撃を吸収するような柔らかい素材を足元に置くと、ベッドの上で歩くような感じになります。

ベッドの上で歩くと、当然歩きにくいですよね。また足元がぐらついているため、バランスをとるために足首、ひざ、腰などに影響が出てきます。カスタムメイドで硬いものしかないのは、このためです。足元がぐらつくと余計に筋肉を使うため、疲れるようになります。

疲れないインソールの紹介


そうはいっても、クッション性の方がいいという人もいると思います。そこでそれぞれのインソールについて疲れないインソールをご紹介いたします。

①非カスタムメイド-柔らかいインソール
ソルボインソールの評価
この疲れないインソールでおすすめなのは、DSISソルボライトです。乾燥でも疲れないと言った声が一位でした。疲れないインソールとしてはあまりおすすめできませんが、足裏が痛い方にはお勧めです。

ソルボを買った感想Best3
1位 足が疲れにくい
2位 足の裏が痛くなくなった
3位 クッション性が良く気持ちいい

ソルボライトのご購入はこちら

②非カスタムメイド-硬いインソール
この分類でおすすめはシダスのラン3Dです。感想でも疲れないと言った声が多かったです。立ち作業でいつも足が疲れる方には、この疲れないインソールがおすすめです。

③カスタムメイド
疲れないカスタムメイドでおすすめは、ビオンテックです。

足と靴にフィットできる唯一のカスタムメイドで、関節への衝撃が減る公式のデータがあります。衝撃が減ることによって疲れないインソールになります。

マラソンに最適!オリンピック選手大絶賛のビオンテック
あなたはこんな悩みありませんか? ☑ 足・腰・ひざ痛で困っている ☑ ランニング後は疲れやすい ☑ ランニング後に筋肉...

まとめ

いかがでしたか?

今回は疲れないお奨めのインソールについてお話ししました。疲れないインソールを探そうとすると、どうしても柔らかいインソールを探してしまいますが、足関節への負担を大きくしますので注意が必要です。

足裏の痛い方は衝撃吸収の疲れないインソールを使うといいかもしれません。

参考になりましたらシェアをお願いします。

スポンサーリンク
広告中
広告中

参考になりましたら、シェアをお願いします!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません。