長靴でも疲れない中敷2選

参考になりましたら、シェアをお願いします!

長靴に中敷を入れて少しでも楽にしたい!そんな方は多いと思います。特に食品製造で作業する方は、長い時間長靴を履いて作業しますので、少しでも足の負担を軽くするために長靴に中敷を入れたいと思う人が多いようです。

しかし長靴用の中敷を探してみても、中敷の種類が多すぎ。そしてそのほとんどがスニーカーや運動靴用です。

そこで今回は長靴に入れられる中敷についてお話します。

スポンサーリンク
広告中

長靴に中敷を入れる目的を明確にしよう


長靴に中敷を入れると言っても、その目的によっておすすめできる中敷は変わります。まずはどんな目的で長靴に中敷を入れるのかを考えてみましょう。

選ぶポイント
①脱臭、抗菌
②防寒
③疲れ

みなさんが長靴の中敷に期待する効果はこんなところでしょうか。では順に見ていきましょう。

脱臭・抗菌

長靴を履くとどうしても足が蒸れてしまい、長靴が臭くなることが多いかと思います。ではなぜ長靴は臭くなるのでしょうか。見ていきましょう。

臭くなるポイント
①水分・汗
②足に潜むバクテリア
③バクテリアが出すイソ吉草酸

長靴が臭くなる原因は、足に潜むバクテリアが原因です。このバクテリアは、水分や汗、人の垢を栄養源にしています。そして長靴の臭いの原因であるイソ吉草酸を発生し、臭くなるのです。

したがって、臭わさないためには

①バクテリアを除菌すること
②水分を発生しないこと
③垢を発生しないこと

の3点が重要になります。

①は空気中に必ず存在するので除菌はまず無理です。②は足は一日でコップ一杯分の汗をかくので無理。③は人間である以上、垢は絶対出ます。

どんなに水分を吸収する中敷でも、一日コップ一杯分の汗を毎日吸収するのは無理があります。除菌や垢を取り除く中敷なんてあるわけがありません。

したがって脱臭・抗菌の中敷は、そのほとんどが効果がないということになります。では長靴にはどのような対処方法があるのでしょうか。

脱臭・抗菌の対処方法

①毎日中敷を洗う
②特別な脱臭乾燥機を毎日使う

この2点です。①は現実的ではないですね。では②はどうでしょうか。

脱臭除菌できる乾燥機を見極める!

世の中にはいろんな長靴の脱臭乾燥機があります。安いのであれば1000円ぐらいのものもありますね。長靴の脱臭乾燥機に求められる機能は以下の3つになります。

①除菌する
②乾燥させる
③脱臭する

探してみると、意外にこの3つのポイントを抑えている長靴の脱臭乾燥機がないことが分かります。①、②はできても脱臭ができていなかったり、②、③はできても除菌ができていなかったり・・・。

色んな商品を探してみたところ、ようやく見つけることができました。

防寒


続いて防寒用の中敷について見てきましょう。楽天の口コミを参考にして、長靴の中敷をピックアップしました。

ふわっふわウール中敷


防寒の長靴用中敷のおすすめはこちら。楽天での評価を見ていきましょう。

評価

☆5:42%
☆4:34%
☆3:16%
☆2:4%
☆1:5%

☆4以上の高い評価が76%を占めています。それではこの長靴用中敷の使用者の声を聞いてみましょう。

高評価の声

とても暖かいです。大きめの靴にピッタリで履きやすくなりました。
大き目のムートンブーツに使用しました。サイズもぴったりとなり暖かく良かったです
とってもふかふかです。匂いは全然なかったです。
まだ真冬ではないので使用していませんが、試しにちょっと大きめのブーツに入れたらぴったりになりました。

低評価の声

本当に猛獣臭くて、動物園のにおいがします。今はベランダで2日間干してますがまだにおいはとれていません。
当方 男ですが、臭いが臭すぎます。耐えられません。覚悟してください。男からしてもとんでもなく臭いです。今までに嗅いだことない臭いです。職場のデブより臭いです。とりあえず洗剤、柔軟剤、重曹ブレンドに浸け置きしてみます。
厚みがあって暖かそうですが、なんでこんなに臭いの??オシッコ放置したみたいな…。臭うというレビューは無いみたいなので、私のだけハズレたの??こんなの使えないよぉ…(泣)

この中敷は臭いという意見がとても多かったのが特徴的です。当たり外れがあるかもしれません。

ご購入

疲れ


長靴で作業をしていると足が疲れてきます。足の疲れによい長靴の中敷とはどんな中敷なのでしょうか。

疲れない長靴の中敷のポイント
①クッション性がない
②足にフィットする
③靴の中で中敷が遊ばない

クッション性がある中敷きを長靴に入れるのはNG

足に疲れがあるのに、クッション性のある中敷を長靴に入れるのはダメです。なぜだめなのでしょうか?きっと皆さんはクッション性の方が疲れにはいいと思っていると思います。


砂浜で走っているご自身を想像してみてください。周りは青い海。白い砂浜。たまにはこんなきれいな砂浜でゆっくり過ごしたいですよね。

さて、では少し考えてみてください。砂浜とアスファルトの地面。どちらが早く走れますか?

もちろんアスファルトですよね?砂浜で走ろうとしても足が沈んでしまって、うまく走れないどころか、余計に疲れてしまうことでしょう。要するにクッション性の中敷を使うということはこういうことなのです。

推進力を得るためには地面からの反発が必要です。クッション中敷を長靴に入れてしまうと反発力が得られません。そこである程度硬い中敷を長靴に入れる必要があるのです。

長靴にビオンテック


疲れやすいあなたにはビオンテックがおすすめ。ビオンテックは足と靴にフィットできるカスタムメイドの中敷。ビオンテックを長靴に入れるだけできっとあなたの毎日の疲れを癒やしてくれます。

またビオンテックは中敷業界で初めて、関節への衝撃が減るデータを取ることができました。足の形が人それぞれであるのと同様、長靴の形だって人それぞれ。

ビオンテックは足と長靴にフィットできる中敷。

きっとあなたの長靴による疲れを軽減してくれます。

スポンサーリンク
広告中
広告中

参考になりましたら、シェアをお願いします!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません。

にほんブログ村 サッカーブログへ