革靴を柔らかくして快適にする方法3選

参考になりましたら、シェアをお願いします!

新しく買ったピカピカの革靴。でも新しい革靴だと靴擦れが怖いですよね。そんな新品の革靴でもあっという間に柔らかくする方法があります。

そこで今回は新品の革靴でも靴擦れしない、柔らかい革靴にする方法についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク
広告中

靴擦れの原因とは?革靴を柔らかくする前に考えて見よう


革靴を柔らかくする前に、なぜ靴擦れが起こるのかを考えて見ましょう。革靴で靴擦れする原因を知らないまま柔らかくすると、失敗してしまうこともあります。

靴擦れする原因

靴擦れの原因は大きく分けて以下の二つがあります。

①靴の摩擦によるもの
②圧迫されて足の組織を傷める

この中で靴を柔らかくする意味があるのは②のみです。

①は革靴の中で足が動くことで足に摩擦が起こり、靴擦れになってしまいます。革靴の中で足が動いてしまうのが問題ですので、革靴をいくら柔らかくしても意味がありません。

②は革靴の皮が硬いため、足が圧迫されて起こる症状です。革靴を柔らかくして足が痛くなくなるのは、②だけなのです。したがって、革靴を柔らかくする前に、まずはその痛みが何が原因で起こっているのかを観察してみてください。

革靴を柔らかくする方法


それでは革靴を柔らかくする方法についてお伝えしていきます。革靴を柔らかくする方法はいろんな方法がありますので是非試してみてください。

アルコール

アルコールと水で1:1で割って液体を作り、その液体を革靴にかけて柔らかくする方法です。こちらの手順は後でご説明しますが、天然の革製品は染色していることが多く、アルコールを吹きかけるとしみになることがありますので、あまりお勧めできる方法ではありません。

アルコールは手軽に入手できるので、簡単に革靴を柔らかくすることができそうですが、シミになるのが怖い方は次の方法で革靴を柔らかくすることをおすすめしています。

手順

①アルコールと水を一対一で割る
②①の液体をスプレーボックスに入れる
③革靴にスプレーし、20分ほど履きます

シューズフィッター

シューズフィッターは革靴を柔らかくするために数日待つ必要があるため、時間がかかりますが、革靴の表面にアルコールやクリームを使わないため、安心して革靴を柔らかくすることができます。

革靴の耐久性が低い場合は穴が開くこともありますが、最初は徐々に大きくすることでそのようなリスクも回避することができます。

シューケア/革伸ばし

こちらはドイツ製の革靴を柔らかくするスプレーです。本革以外のものや、爬虫類の皮は対象外です。また先ほどご紹介したシューズフィッターと併用することで、より革靴を無理なく柔らかくすることができるようになります。

また日本製で少し安い柔軟剤もあります。

スポンサーリンク
広告中
広告中

参考になりましたら、シェアをお願いします!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません。

にほんブログ村 サッカーブログへ