これで決定!かかと用インソール3選

参考になりましたら、シェアをお願いします!

かかとが痛いから、かかと用インソールを靴に入れたい!でもどんなインソールを選べばいいが分からない人も多いともいます。かかと用インソールはちゃんと選ばないと逆効果になることがあります。

そこで今回はかかと用インソールの選び方とおすすめのインソールについてご紹介していきます。

スポンサーリンク
広告中

かかと用インソールの考え方とは


では最初にかかと用インソールをお勧めする前に、かかとにインソールを入れるメリットとデメリットについてお伝えしていきます。このことをキチンと理解していただければ、貴方に合ったかかと用インソールを選ぶことができるようになります。

まずは足の機能について理解しよう


かかと用インソールの話に入る前に、まずは足の機能について考えてみましょう。足には以下の二つの機能があると考えられています。

①衝撃を吸収するクッション性
②推進力を生み出す剛性

衝撃を吸収するクッション性


歩くとかかとから着地すると思います。この時に足には地面からの衝撃を吸収するために、足が柔らかい状態になっています。

推進力を生み出す剛性


衝撃を吸収した後は、蹴りだすための推進力を得るために、足は固くなっていきます。

つまりこの二つの機能が足には備わっているのです。ではクッション性のインソールを使うとどうなるでしょうか。当然、足の剛性を利用した推進力を得ることができなくなります。

あたかも砂浜で一生懸命歩いているような状態になるのです。

クッション性インソールをかかと用に入れた場合、
①歩きにくい
②疲れやすくなる
③パフォーマンスが出ない

などのデメリットがあるのです。

しかし、足裏が痛くなる足底筋膜炎になった場合は、かかと用にクッション性インソールを入れるのは問題ありません。

足底筋膜炎の恐怖
足底筋膜炎とは? 足底筋膜炎とは足の裏にある足底腱膜と言われる靭帯に炎症が起きる足の症状です。 50-60歳代の女性がこの足底筋膜炎に...

おすすめのかかと用インソール


それではかかと用インソールのおすすめをご紹介していきます。クッション性のかかと用インソールと、それ以外のインソールをご紹介します。

衝撃が減るインソール


最初にお勧めするかかと用インソールがビオンテック。ビオンテックはかかとだけに配置しているわけではありませんが、足と靴にフィットできるインソールで、あなたのかかとにぴったりとフィットすることができます。

ordermade-insole

ビオンテックを使うとあなたのかかとにぴったりフィット。関節への衝撃が減る公式データがあります。


靴にフィットしないとクッション性が出てしまうため、良くありません。足の形が人それぞれであるのと同様、靴の形だって人それぞれなのです。


ビオンテックは以下の工程であなたのかかとにもぴったりフィット。

ビオンテックの工程
①電子レンジで加熱
②靴に入れる
③履いて体重をかけて、靴と足にフィット

かかと用インソールとしてあなたの歩行をサポートしてくれます。

かかと用インソール


かかとだけに、かかと用インソールを履きたい方はこちらをおすすめします。ドイツ製のかかと用インソールです。利用者の90%以上が高い評価を着けていて、さすがドイツ製ですね。ドイツではシューズマイスターと呼ばれる国家資格を持つ足病医が発達している国です。

ご使用者の声

かなりよいです
くるぶしが、必ずと言っていいほど靴の横側にあたってしまうという悩みを解決してくれたグッズです。
今回も、こちら入れたらくるぶしにあたる靴がちゃんと履けるようになりました!
程よく柔らかくて、踝が当たって痛くて履けなかった革靴が履けるようになりました!

ご購入はこちら

かかと用ハーフインソール


次にお勧めするのがソルボから発売されたかかと用インソール。どうしてもクッション用インソールを使いたい方はこちらがおすすめです。

ソルボは動画のように卵を落としても割れないインソールです。きっと足裏が痛いあなたのかかとをサポートしてくれるでしょう。

評価

☆5:53%
☆4:33%
☆3:12%
☆2:2%
☆1:0%
購入者の86%が満足する結果となっています。

ご購入

かかと用インソール


次にお勧めするのがジェルでできたかかと用インソール。簡単に洗うことができるため、いつでも清潔な状態を保つことができます。

評価

☆5:75%
☆4:8%
☆3:12%
☆2:4%
☆1:0%

使用者の83%以上の方が高い評価。☆1の評価がまったくないので、安心できますね。

ご購入

口コミの出典元:https://www.rakuten.co.jp/

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はかかと用インソールについてメリット・デメリットについて、そしておすすめのかかと用インソールについてお話しました。かかと用

インソールのメリット・デメリットは、
メリット:足裏が痛い足底筋膜炎に有効
デメリット:疲れる、パフォーマンスが出ない、歩きにくい

また足には二つの機能がありました。

①衝撃を吸収するクッション機能
②推進力を生み出す剛性

安易にクッション性インソールをかかと用に入れてしまうと、剛性を得ることができなくなり、疲れやすくなったり歩きにくくなったりします。

facebookでは定期的にインソールや足について情報を発信しております。「いいね」をして頂けると情報を見逃すことがありません。是非いいねをお願いいたします。

スポンサーリンク
広告中
広告中

参考になりましたら、シェアをお願いします!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません。

にほんブログ村 サッカーブログへ