最強のインナーソールランキングTOP5-売れ筋のインナーソール

参考になりましたら、シェアをお願いします!

インナーソールとは靴の中に入れる、取り外しができる中敷きやインソールの事を言います。靴ではアッパーソール、ミドルソールという言い方をしますが、この言い方からインソールをインナーソールという人もいるようです。

しかしインナーソールをアマゾンや東急ハンズで調べてみると、種類がとても多く、どのインナーソールを選べばいいのか迷ってしまいます。そこで今回はおすすめのインナーソールについてご紹介していきます。

スポンサーリンク
広告中

インナーソールの種類とは


おすすめのインナーソールのご紹介する前に、インナーソールの歴史について学んでいきましょう。

インナーソールが表舞台に出たのは今から100年前の1929年になります。靴の歴史は5000年以上もあるのに、インナーソールが出たのは最近なのです。ちょっと意外ですよね?

なぜ靴よりも遥かに遅れてインナーソールが出てきたのかというと、それは現代でも問題になっている、「あること」が原因なのです。

インナーソールが開発されたのは運動不足


インナーソールは1929年にスポルティング社から発売されました。それには整形外科会から強い要望があったと言われています。初めて開発されたインナーソールはアーチサポートと言われるタイプのインナーソールです。今でこそ脱臭や抗菌、クッションなどいろんな種類のインナーソールが発売されていますが、元々はアーチサポートがインナーソールの役目なのです。

アーチサポートとは


インナーソールを語る上でアーチの理解は必要不可欠です。アーチは以下の三つから成り立っています。

  • 外側縦アーチ
  • 内側縦アーチ
  • 横アーチ
  • 人間が二足歩行する上でアーチはなくてはならない存在です。アーチがある動物は二足歩行する人間だけなのです。なぜ3つのアーチがあるのかというと、カメラの三脚をイメージしてみると分かりやすいかもしれません。

    三脚は一脚にしてしまうと安定して立たせることができなくなります。3点支持は直立するためには必要不可欠なのです。

    しかし問題はアーチは靭帯や筋肉から構成されているため、運動不足によってアーチが崩れる可能性があるのです。じつはこれがインナーソールが開発された理由です。1922年にフォードが一般車を発売。また汽車が普及して人間が直接歩くことが少なくなり、運動不足が深刻化したため、アーチサポートのインナーソールが1929年に初めて開発されたのです。

    アーチが低下するのは足にいろんな怪我や障害をもたらします。

    こちらの動画を見るとランニングなど、足に負担がかかると足首が倒れてしまいます。オーバープロネーションという現象です。これもアーチが低下することで起こる足の症状です。アーチの低下は外反母趾や扁平足、シンスプリントなどの症状を引き起こします。

    コスパ最高!カスタムできる靴のインナーソール


    ビオンテックMk1は足と靴の形にできるカスタムインナーソール。きっとあなたの靴にフィットしたインナーソールができます。作り方は簡単!電子レンジで熱して靴に入れて体重をかけるだけです。

    靴にもフィットするため、関節への衝撃が減るデータをインナーソール業界で初めてとることができました。足の形だけにフィットするカスタムインナーソールが多い中、ビオンテックMk1は貴重なインナーソールです。

    関節への痛みを軽減し、筋肉疲労を軽減するカスタムインナーソールです。

    オリンピック選手の声

    このインナーソールであれば足をサポートし、フルマラソンランナーたちを怪我から守れるのではないかと考えていますbyGerman Silva
    私はこのインナーソールを着用したときに、関節の痛みがとても少ないことに驚きました。そして、筋肉疲労がかなり減る事が分かりましたbyMartin Fiz

    オーバープロネーションの王道!スーパーフィート


    スーパーフィートは初めてオーバープロネーションに着目して開発された靴のインナーソールです。スーパーフィートはアメリカで開発され、整形外科にも推奨されるインナーソール。かかとはオーバープロネーションを防止するために、すっぽりと包み込む特許形状になっています。

    使用者の声

    ゴルフの時に以前から使用してスウィングの時、踏ん張れるしラウンド後の下半身の疲れも緩和する感じがします。とても気に入っているので、今回はゴルフ仲間へプレゼントしました。
    前回(5/13購入)に引き続き購入です。疲れにくい、姿勢を保つ、コストパフォーマンスも高く、腰痛も減ったように感じます。すごく気に入ってます(^-^)
    耐久性も良く足にフィットして疲れにくいところがいいです。姿勢も良くなった感じがします。

    ご購入はこちら

    靴のインナーソールの老舗!シダス


    シダスはスーパーフィートと双璧をなす靴のインナーソールのメーカーです。販売量はスーパーフィートを超えています。シダスの特徴はクッション性と反発性を両立させたインナーソールであることです。クッションと反発性は相反する機能です。

    使用者の声

    一年ぐらい前にスポーツ店でひざの痛みを相談したところ勧められて購入。ひざの痛みもなくなり走ることを楽しめるようになりました。インナーソールにも寿命があると読んで、たいしてくたびれてない気もしたのですが、今回こちらのお店が安かったので購入しました。そして今日使って走ってみました。
    インナーソールには寿命があります!そしてこのインナーソールは本当にすばらしい!同じシューズなのにインナーソールを新しいのに代えただけで、速く走れるのはもちろん、疲れない、ホームが崩れない。いつもの距離を走ってもまだまだ走れそうに感じました。
    これからはケチらず定期的にインナーソールを交換しようと思いました
    腰痛持ちの主人にもと思い使用してみたら、走っている時に感じていた腰への負担も軽減されて、とても良いと言っています。
    ランニングで足を痛めることがなくなりました( ^ω^ )
    もうシダスなしには走れないですね( ^ω^ )

    ご購入はこちら

    日本発祥!スキーから生まれたCuboid理論


    bmzは日本発祥の靴のインナーソールメーカー。インナーソールは海外製が多い中でとても貴重な存在です。なぜなら日本人に合ったインナーソールを開発しているからです。独自の立方骨を支えるCuboid理論でアーチをサポートしています。スキーから自衛隊、サッカー選手などいろんな方が使っています。

    使用者の声

    今まではランニングシューズは純正のインナーソールを使用してましたが
    走っていると膝や足首が痛むことがありましたがこのインナーソールを使用した後は痛みが一切おきていません。
    クッション性は純正の方が良いと感じたのですがこのインナーソールの効果は結果があらわしてくれています。
    本当に別世界の感覚が味わえます
    先にこちらの会社のインナーソールを購入した妻に勧められて購入しました。
    妻はエアロビクスやダンス用のシューズに使用していますが、足の踏み替えがスムーズになり、動きに切れが出て、パフォーマンスが向上したことと、以前は足の裏に痛みがあったのが、インナーソールの使用で痛みが軽減され、疲れにくくなったと絶賛しています。
    開帳足にお勧めです。
    開帳足で痛くて、疲れて、今までインナーソール、パット、サポーターなど、いろいろ買いましたが、どれも無いよいははるかにいいのですが、痛みが出ないわけではありませんでした。このインナーソールは、痛くなりません。当然疲れが全然違います。横アーチが出来れば、中足骨が当たらないのだということが、実感できます。
    突起部のある方が、効果はずっと高いです。
    突起がない方も、骨盤を支える感覚はあります。

    ご購入はこちら

    バネのようにパフォーマンスアップ!?


    バネインナーソールもbmzと同じく日本で開発されたインナーソールです。体の歪みを補正し、足のアーチをしっかりとサポートします。スキーやスポーツだけでなく、ビジネスにも使えるインナーソールです。

    使用者の声

    外反母趾及び扁平足の娘にとベーシックと同時購入。スノーボードなどのインナーソールに薄目なのが良い。
    仕事で履く靴には必需品
    疲れません。たち仕事ですが大丈夫。
    ほとんどの靴に入れています。ないと不安で、靴を買うと
    まずインナーソールを入れて、防水スプレー。
    助かっています。
    これ自体にクッションはあまりありませんが、アーチの上がり具合とホールド感、通気性がよく、ソフトタイプなので違和感がありません。
    コスパの高いインナーソールだと思います

    ご購入はこちら

    口コミの出典元:https://www.rakuten.co.jp/

    スポンサーリンク
    広告中
    広告中

    参考になりましたら、シェアをお願いします!

    フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません。

    にほんブログ村 サッカーブログへ