ハイヒールでつま先が痛いことを防止する三つの方法とは

参考になりましたら、シェアをお願いします!

ハイヒールを履くと大人の女性の魅力を十分に引き出せるため、女性として生まれてきたからには履きたいという方が多いと思います。しかしハイヒールを履くと必ず起こるのが、つま先が痛い現象。ハイヒールで歩いていると、つま先が痛いことになり、ハイヒールを履くのが億劫になる人も多いと思います。

そこで今回はハイヒールでつま先が痛い原因とその対処方法についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク
広告中

なぜハイヒールでつま先が痛いのか


そもそもなぜハイヒールを履くとつま先が痛いのでしょうか。つま先が痛い原因を理解することは、つま先が痛いことにならないためにも大切ですね。

ハイヒールでつま先が痛い原因は大きく分けると3つあります。

①ハイヒールと足のつま先の形が合っていない
②滑ってつま先に体重がかかる
③ハイヒールの幅が足に合っていない

それぞれ見ていきましょう。

ハイヒールと足のつま先の形が合っていない


人の足の形は様々です。エジプト型、ギリシャ型、スクエア型など様々な形があります。足の形に合ったハイヒールを選択することが痛い現象を抑えるためには重要です。

エジプト型に合うハイヒールの形

エジプト型の足は日本人の約70%が該当する足の形です。エジプト型に合うパンプスは、以下の二つになります。

  • オブリークトゥ
  • ラウンドトゥ
  • ギリシャ型に合うハイヒールの形

    ギリシャ型の足は日本人の約20%が該当します。ギリシャ型に合うハイヒールのつま先の形は以下の二つです。

  • アーモンドトゥ
  • ポインテッドトゥ
  • スクエア型に合うハイヒールの形

    スクエア型は日本人の約5%と少数のつま先の形です。スクエア型の足に合うはヒールは以下の通りです。

  • スクエアトゥ
  • 滑ってつま先に体重がかかる

    ハイヒールはヒールが高いと歩いているうちに足がつま先側に滑ってしまい、ハイヒールの中でつま先を圧迫することになって痛い現象です。このハイヒールを履いた後に、家に帰ってつま先が痛いことに気付きます。ハイヒールの高さにもよりますが、滑り止めの中敷きをハイヒールに入れると良くなります。また靴下やタイツによっても滑りやすくなり、つま先が痛い原因になります。

    滑りにくく、コスパ最高のフットカバーソックス

    滑りにくい透明ジェルの中敷

    ハイヒールの幅が足に合っていない

    ハイヒールを選ぶときには、足のサイズを気にすると思います。しかし足のサイズは気にしても、足の幅まで気にする方は少数のようです。

    日本人の足の幅は幅広と言われるように、欧米人に比べて幅広・甲高と言われています。幅はA・B・C・D・E・EE・EEE・EEEEまであり、Aが一番幅が狭く、EEEEが一番幅が広いことになります。

    欧米人はA、Bが多いのに対して、日本人はE、2Eが多いようです。海外のハイヒールは欧米人向けの設計になっているため、つま先が痛い方は日本人向けのハイヒールを履くと痛いことがなくなるでしょう。

    スポンサーリンク
    広告中
    広告中

    参考になりましたら、シェアをお願いします!

    フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません。

    にほんブログ村 サッカーブログへ