ヒールを履いても足首が 痛いことがない方法2選

参考になりましたら、シェアをお願いします!

新しいヒールを買うと必ず起こるのが痛い症状。せっかくお気に入りのヒールを買って履いたら、次の日に足首が擦り剝けていたり、血だらけになってしまったことがあるかと思います。

そこで今回はヒールを履いても足首が痛いことを回避するおすすめの方法についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク
広告中

ヒールを履くとなぜ足首が痛いのか


まずはなぜヒールを履くと足首が痛いのか、見ていきましょう。靴擦れして痛い原因は大きく分けて二つあります。

①ヒールと足の摩擦によって痛い
②ヒールが足を圧迫して痛い

足首が痛い原因は、この二つのうち①の摩擦によるものです。足首が痛い理由としては、

①新しいヒールが足に合っていない
②靴ひもをきつく結んでいる


スニーカーではこの写真のようにベロと言われる部分が足首に当たって痛い症状になります。また足がヒールの中で動いてしまうと足首に摩擦が起きて痛いことになります。

足首が痛い対処法とは


ヒールによる足首が痛いのを抑える方法は以下の3つがあります。
①ひもの硬さを見直す
②足になじむまで履き続ける
③足にテーピングする

①、③は簡単にできるので、早く試してみるとよいでしょう。①はひもの硬さを見直すだけで足首の靴擦れが治って痛いのがなくなったという意見がとても多いです。テーピングは以下の商品がおすすめです。

テーピング


こちらはかかと用のテーピングですが、足首が痛い方にも使うことができるでしょう。

口コミ
かかとの浅い靴は良く靴擦れするので、とっても良い!
傷が出来てしまってもケアシートを貼れば痛くないので、ファッションも楽しめます。
私は高いヒールを履くと靴擦れが必ずできてしまうので予防として使いました。
貼ったところは目立ちにくく違和感も感じないです。
ご購入はこちら

また②の足に馴染ませる方法は、べろを外側におる癖をつけるといいでしょう。履く前に靴ひもを使って、べろの部分を柔らかくするように反対側に反らせておきます。

それ以外にはシューズストレッチャーを使う方法もあります。この方法はスニーカーなどの柔らかい素材には使うことができませんので、説明をよく読んでからご購入ください。

シューズストレッチャー


こちらは男女用で、楽天1位のシューズストレッチャーです。足首が痛いかたには、このシューズストレッチャーでヒールを広げるとよいでしょう。また男女兼用で革製品であればどんな靴にも対応できます。部分的に広げたい場所にも対応できるので、足首が痛い方はその部分を中心的に広げると足首の痛い症状から解放されるかも。

口コミ
新しい靴を購入しましたが、靴擦れになりそうな感じで思うように履けません
でした。色々探し、こちらのシューズフィッターを購入しました。初めてなので
しっかり、説明書を見てセットしました。24時間位置くとのことで、もう少し
待ちます。商品はしっかりしていて、とてもいいです。タボが8個も付いていてとても便利だと思います。
とても速い発送で助かりました。使い易く、即実行して靴擦れなしで履いてます。ありがとうございます。
ご購入はこちら
スポンサーリンク
広告中
広告中

参考になりましたら、シェアをお願いします!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません。

にほんブログ村 サッカーブログへ