ふくらはぎの冷えや痛みの原因5選

参考になりましたら、シェアをお願いします!

ふくらはぎの冷えの原因は「筋肉が衰えて、収縮しなくなること」だと言われています。特に最近はエアコンの前でじっとしている時間が長いため、体が冷えていきます。
ふくらはぎの冷えの原因は大きく分けで5つあります。

それではふくらはぎの冷えの原因について見ていきましょう。

スポンサーリンク
広告中

ふくらはぎの冷えは気虚から!?


気力や体力の乏しい状態を気虚(ききょ)と言います。
体に現れる特徴的な症状は、やせ形で顔色が青白く、疲れやすい、貧血気味、胃下垂気味な人です。
栄養不足や寝不足になると、ふくらはぎの冷えがさらに悪くなります。
食事はバランスよく食べて睡眠をたっぷりとって、疲れをためないように気をつけましょう。

くよくよするとふくらはぎの冷えの原因に!


ああでもない、こうでもないと考えが堂々巡りをしたり、しょっちゅう落ち込んだり不安に苛まれたり・・・・・。
いつも気が休まらないと、体の血管が緊張し続けて血流が悪くなります。
ふくらはぎの冷え、めまい、息がうまくできない、頭が重い、肩こり、背中や胸や腰の痛み、お腹が張るなどの症状が現れることがあります。
お風呂に入ったり、散歩したり、リラックスして血流を良くするようにしましょう。

冷えのぼせタイプは注意!


すぐカーッっとなって顔が火照ったり、逆にサーッと血の気が引いたり、気持ちのアップダウンが激しい人は、自律神経やホルモンが乱れて、顔色はいいのに心臓や脳に負担がかかる「冷えのぼせ」タイプになりやすいです。
イライラしたり、カリカリしやすい人は、ストレッチなどの軽い運動をして、イライラを解消するように心がけてください。

乾燥するとふくらはぎの冷えになる!?


乾燥しやすい人は血液が足りなくて細胞に栄養がいきわたらず、鉄も不足している症状になりやすいです。
特に女性の方は月経の時になりやすいです。
顔色が悪い、肌や唇のかさつき、爪が割れる、抜け毛、ささくれ、集中力に欠ける、ふくらはぎの冷えなどが出てきます。
鉄分の多い食べ物を摂り、睡眠をとってください。

ふくらはぎがむくむと冷えの原因に!

むくみや頭痛、腰痛、下痢、立ちくらみ、頻尿などの症状でます。
この原因は血液やリンパ液などの体液の流れが滞りやすく「水ハケ」の良くない体質です。
半身浴や散歩などで気持ち良く汗をかき、ふくらはぎを使って体液の排出を促してあげることが大切です。

詳しくはこちらをご覧ください。

まとめ

冷え症がどんどんひどくなっている人や、冷え性対策をしているにもかかわらず、ふくらはぎの冷えが解消されない方は、早めに通院するようにしてください。
栄養失調や糖尿病、心臓病、心不全、腎炎、卵巣機能障害などの病気は、ふくらはぎの冷えが原因で引き起こされる可能性があります。
足の先が冷えていたら、ふくははぎを温かいタオルを当てながらマッサージすると効果的です。温かい血液によって足の先も冷えがなくなっていきます。

◎マッサージの方法はこちらをご覧ください

ふくらはぎのマッサージのやり方と効果とは?マッサージ4選
ふくらはぎは第二の心臓と言われるほど、体の健康を維持するために重要な部分です。心臓は栄養素や酸素を送り出すことしかできません。 では老廃物や水分、二酸化炭素はどうやって排出するのでしょうか。実はこの排出にふくらはぎが活躍しています。
スポンサーリンク
広告中
広告中

参考になりましたら、シェアをお願いします!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません。

にほんブログ村 サッカーブログへ