オリンピック4位のオススメインソール

参考になりましたら、シェアをお願いします!

マーティン・フィズ選手はマラソンオリンピック4位の実力の持ち主です。スペインではとても有名でマラソン界の神も呼ばれているそうです。そんなフィズ選手は日本でもなじみがあるフルマラソン選手です。

琵琶湖マラソンにも何度か出場し、一位を取っていたので日本人になじみのある選手ではないでしょうか。フィズ選手がフルマラソンを始めたきっかけは、日本人の瀬古選手に憧れたからだそうです。

そんなフィズ選手がお薦めのインソールがビオンテック-Biontech-インソールです。

なぜフィズ選手がビオンテック-Biontech-インソールを薦めているのでしょうか。その理由について本人のメッセージをお伝えしようと思います。

その前にまずはフィズ選手のフルマラソンの成績について見ていきましょう。

フィズ選手のフルマラソン成績

1988年 Ibero-American Championships 1位
1992年 ヘルシンキ シティフルマラソン 1位
1994年 ヨーロッパ選手権 1位
1995年 フルマラソン世界選手権 1位
1996年 アトランタオリンピック フルマラソン 4位
1997年 琵琶湖マラソン 1位
2000年 シドニーオリンピックフルマラソン 6位

フィズ選手のフルマラソンの戦績はそうそうたるものです。そんなトップアスリートを支えてきたインソール。それがビオンテック-Biontech-インソールです。

それではフィズ選手のメッセージを見ていきましょう。

フィズ選手のメッセージ

マーティン・フィズ選手はスペインで最も活躍するフルマラソンのアスリートの一人に数えられています。そんなマーティン・フィズ選手がニューヨークマラソンの時にビオンテック-Biontech-インソールについて語ってくれました。

2015年、フィズ選手は52歳で2時間11分41秒の驚異的なタイムで初優勝を飾りました。

フィズ選手「19年前、私はニューヨークマラソンで勝つために戦い、そして失敗しました」

「そして52歳になって私はようやく達成することができました」

「ビオンテック-Biontech-インソールは私のフルマラソンの競技とトレーニングにおいて、とても重要な役割をしています」

「私はビオンテック-Biontech-インソールを着用したときに、関節の痛みがとても少ないことに驚きました。」

「そして、筋肉疲労がかなり減る事が分かりました」

と語ってくれました。

※個人の感想です

ここまで大絶賛していただいた、ビオンテック-Biontech-インソール。その秘密はどこにあるのでしょうか。

ビオンテック-Biontech-インソールは関節への衝撃が減る

ビオンテック-Biontech-インソールは関節への衝撃が減るということが証明された唯一のインソールです。スペインの足病機関から公式のデータが取れています。

なぜここまでのデータを取ることができたのか。それは足と靴にフィットできる、初めてのインソールだからなのです。

今のカスタムメイドインソールは、足の形に合わせるだけで、靴に合わせるということを無視しています。足の形が人それぞれであるのと同じく、靴の形も靴それぞれなのです。靴にフィットしないと足が靴の中で動いてしまい、関節への衝撃が増したり疲れやすくなります。

ためしにみなさんが履いている靴の片方の靴ひもを緩めて、しばらく歩いてみてください。

歩きにくいだけはなく、疲れたり、タコや魚の目ができてしまう人もいます。足が靴にフィットしていないとこのような負の効果が出てしまうのです。

ぜひマラソンにはビオンテック-Biontech-インソールをお使いください。

参考になりましたら、シェアをお願いします!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません。

にほんブログ村 サッカーブログへ