バスケでおすすめインソールの4つのポイントを徹底解剖!

参考になりましたら、シェアをお願いします!

basketball

今回はバスケでおすすめのインソールについてお話ししたいと思います。何百種類もある中から、バスケに適したインソールを解説付きでおすすめしていきます。
まず基本ですが、バスケのシューズにインソールが入っている場合は、必ず取り外してから新しいものを入れるようにしてください。インソールの上にインソールをのせると、滑ってしまい大変危険です。
次に大切なのは、バスケにインソールを入れる目的についてです。足のトラブルによっておすすめするバスケ用インソールは変わっていきます。バスケで何を目的に購入するのか、考えましょう。

スポンサーリンク
広告中

バスケのおすすめインソール①捻挫対策

nenza
ordermade-insole
捻挫はバスケなどジャンプする機会が多い人に発生しやすい足のトラブルです。日本では一日10000人の人が捻挫を発症しているそうです。スポーツの怪我のうち、75%が下肢の怪我であり、そのほとんどが足首の捻挫だと言われています。
では捻挫を防止するためには、何がおすすめなのでしょうか。捻挫で重要なのは、足首が倒れやすくなる原因の、かかとの不安定さと土踏まずのサポートをすることです。つまり、捻挫を予防するためには、安定性を確保することが重要なのです。

かかとのサポート


かかとはとても不安定で倒れやすい部位です。かかとをすっぽりと包んでくれるインソールであれば、捻挫を予防してくれます。おすすめなのはカスタムメイドですが、高価ですので、安価で形が決まっているインソールでもいいと思います。かかとにクッション性のよいインソールがありますが、安定性とは正反対です。かえって捻挫しやすくなりますので、注意してください。

土踏まずのサポート

土踏まずは足裏にある3つのアーチの内の一つです。アーチはバランスよく立ったり、歩行の安定性を得るうえでとても大切な役割をしています。アーチは靭帯と筋肉でできていますので、バスケをして疲れてくると、土踏まずが下がってきます。
さがった土踏まずをサポートしてくれるのが、「アーチサポートインソール」です。下がった土踏まずをサポートし、捻挫を予防することができます。

また、アートサポートでおすすめはカスタムメイドです。疲れていないときに足の型を取ることで足のアーチをサポートします。また市販品でもインソールで突起が付いたアーチサポートインソールも販売していますのでおすすめです。土踏まずの高さは人それぞれですので、購入する際には必ず合うのか確認してから購入するとよいでしょう。

捻挫対策では、できるだけクッション性がない安定性を重視したインソールをおすすめしています。クッション性があると、ベッドの上で歩いた感覚になり、バスケをした時に捻挫になりやすくなります。

バスケのおすすめインソール②膝・腰対策

balance
バスケの着地時にひざ・腰の衝撃を減らしたい場合には、衝撃を吸収するインソールを使うと効果的です。クッション性のものもいいですが、クッション性の場合は、ベッドの上で歩いているような感覚となり、却ってひざや腰に影響を与えるものが少なくありません。

足元のバランスが崩れると、足首・ひざ・腰へと様々な関節に影響を及ぼします。足元の安定性が崩れても同じことが言えます。クッション性のインソールを使ってみて、余計悪化するようでしたらカスタムメイドがおすすめです。
捻挫の時もカスタムメイドをおすすめしました。なぜそれほどカスタムメイドインソールをおすすめするのかは、理由があります。まずほとんどのバスケのプロ選手は、インソールの販売ページで、どこどこのメーカーのものを使っていますと言ってますが、そのほとんどは特別仕様です。

バスケのプロが使っているインソールは、足の形状だけではなく、靴の形状も測定してカスタムメイドにしています。一般の方が購入できるのは、足の形状を測定したカスタムメイドですから、ほとんどの人には購入することすらできません。

足のカスタマイズだけでも十分効果はありますので試してみるとよいでしょう。本ホームページでは、電子レンジで簡単に作れる。しかも足と靴にフィットできる初めての市販カスタムメイドインソール、ビオンテックをおすすめしています。足に合わせるだけのカスタムメイドでは実感がなかった方におすすめです。是非バスケにビオンテックを使ってみてください。

カスタムメイドを使って、快適なバスケを行ってみてください。怪我の予防はとても大切です。

バスケのおすすめインソール③魚の目・タコ対策


バスケをすると必ずと言っていいほど出てくるのが、魚の目やタコ。これらは、繰り返し同じ個所に圧力を受けることで、発症します。足の甲、指の上に魚の目・タコができている人は、靴が合っていません。ご自分のサイズに合った靴を選び直してください。
足裏に魚の目・タコができる人は、クッション性のインソールを使うのがおすすめです。圧力を分散してできにくくなります。またカスタムメイドインソールも圧力を分散しますので、おすすめですね。
●タコ・魚の目について

足裏のタコや豆を直すおすすめグッズ3選
足裏のタコは足にトラブルがあるサインです。働くOLの内、約半数が足裏のタコに悩んでいるそうです。しかしタコと魚の目の違いがいまいち分からない人も多いはず。まずはタコと魚の目の違いについて見ていきましょう。

バスケのおすすめインソール④オーバープロネーション対策


オーバープロネーションとは足に負担がかかる状態になると、足首が倒れる現象です。これは運動不足によってアーチが衰えることが原因です。アーチは筋肉や靭帯で出来ていますので、運動不足によって衰えてしまいます。

この症状を緩和するためにはアーチサポートインソールが重要です。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

たったこれだけ!?オーバープロネーションの2つの改善方法とは
オーバープロネーションを改善する二つのポイント それではオーバープロネーションの改善方法について見ていきましょう。 まずオーバープロネ...

おすすめのバスケ用インソール

basketball
バスケに必要なポイントについてお話ししました。まとめると、
①捻挫対策のためのアーチサポート
②ひざ・腰対策
③魚の目・タコ対策
④オーバープロネーション対策
でした。

そこでアーチサポートでバスケにおすすめのインソールをご紹介します。

コスパ最強!バスケシューズにフィットできる!衝撃を吸収するインソール


ビオンテックMk1は足とブーツの形にできるバスケに最適なカスタムインソール。作り方は簡単!電子レンジで熱してバスケシューズに入れて体重をかけるだけです。

足とバスケシューズにフィットするため、関節への衝撃が減るデータをインソール業界で初めて取得できました。足の形だけにフィットするカスタムインソールが多い中、ビオンテックMk1は貴重なインソールです。

関節への痛みを軽減し、筋肉疲労を軽減し、オーバープロネーションを予防してくれるカスタムインソールです。
またそれ以外にも以下の効果があります。
①速乾性
②水分吸収
③断熱
④脱臭
こんなにいろんな機能があるインソールはビオンテックMk1だけです。

オリンピック選手の声

このインソールであれば足をサポートし、フルマラソンランナーたちを怪我から守れるのではないかと考えていますbyGerman Silva選手
私はこのインソールを着用したときに、関節の痛みがとても少ないことに驚きました。そして、筋肉疲労がかなり減る事が分かりましたbyMarin Fiz選手

世界で一番売れているインソール・スーパーフィート


スーパーフィートはオーバープロネーション対策のインソールとして初めて提唱されたインソール。スーパーフィートの中でもGreeenはバスケに最適なインソールです。

お客様の声

自分用に購入して良かったので子供用に購入。
良いらしいので普段履き用とバスケ用にと購入しました。
サブのバスケシューズ用に購入。これを使ったら他のインソールは使えないらしいです。(子供談)ソルボよりもこちらの方が安全です。

スーパーフィートの評価まとめ

スーパーフィートの使用方法

ご購入はこちら

シダスのバスケ専用インソール


シダスはスーパーフィートと同等のネームバリューを持つインソール。かかとをすっぽりと包み込み、捻挫を抑え、バスケのパフォーマンスをアップします。

お客様の声

昨年12月に子どものバスケシューズを新しくした際に勧められました。
効果については正直、半信半疑でしたがシダスを使い始めてから怪我がなくなりました。
捻挫に悩まされていたので、こんなことならもっと早くから使ってあげればよかったと
思いました。
本人曰く、足首を挫きそうになっても踏ん張れるから大事にいたらないで済んだことが
何度かあったそうです。母指球を痛がっていましたがそれもなくなりました。
部活で3か月半使用でまた母指球がいたいと言い始めたので新しく購入。
毎日使うとやっぱり薄くなるものですね。
前回はスポーツショップで定価購入しましたが今回はお安く手にはいり、
お財布にも優しいです。また利用したいと思います。
これに限る
バスケで踵が痛くなり1度目はスポーツ用品店で購入。ピタリと痛みがなくなる。今回同じ物がこちらのショップであったので購入。インソールで数千円とは安い物ではないけどこれが無いと不安です。

シダスの評価まとめ

ご購入はこちら

スポンサーリンク
広告中
広告中

参考になりましたら、シェアをお願いします!

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません。

にほんブログ村 サッカーブログへ